忍者ブログ

★のんのんびより 第4話 感想

連休続くと体内時計ががズレて眠れなくなる奴。
昼寝すると眠れなくなる派だから、昼寝しようがいくらでも夜眠れる人が羨ましいと常々思う。

のんのんびより第4話!
れんちょんの一夏の思い出…楽しかった…悲しかった…でも嬉しかったやっぱ楽しかった!の夏!

ほのかちんと出会ったのも橋。
最後にバイバイしたのも橋。
橋とは…出会いと別れの場所でしょうか、うん。

いいよね、あの「明日も遊べる?」
「遊べるよ」「じゃあまた明日ね」
「うんまた明日」ってゆう。

え、どこで!?何時に!?とかない感じ。

子供のころだけよ、あのざっくり感。
携帯もなんも持たない頃。
付き合いとか、行けたら行くわとか、そうゆう中途半端なもんとか面倒くさいわ〜とか思わないとき。

行くって決めたら行く!絶対!みたいな。

れんちょんとっても楽しみにしてたから、パッ!て目覚めて、ほのかちん家まで走って行ったのに。

帰っちゃったなんてね、かなしい。

ワーン!て泣くとこじゃないんだよね、あの鼻のあたりがツンと来て、ジワジワ涙が溢れてくるの。かなしいとき。しくしく。

行きは走ってたのに、帰りはひとりとぼとぼ歩いてきたれんちょん…。
私が飛んでって遊んであげたかったわい。

ほのかちんお手紙書いてくれてよかったよ。
れんちょん元気になったから。
嬉しかったわ〜

かず姉がね、とにかく優しい。
かず姉好きだわー、髪引っ張られても怒らない。
踏まれても怒らない。
そうめん食べたいのんとか言われても怒らない。

憧れます、そんな人になりたかった。


昨日ね、私の姉ちゃんの誕生日だったから、お祝いメッセージ送ったの。
最近のんのんびよりってゆうアニメにハマってて、そこに出てくる姉妹と私らの幼い頃が重なるんだ、と。
あの頃はずっと姉ちゃんと一緒に居られるような気がしてたけど、気づけばとっくに大人になってたね、と。

姉ちゃんも純粋に遊びだけを考えてたあの頃に戻ってみたいわ〜なんて言ってた。
自由気ままな私が羨ましい、無い物ねだりだね、とも言ってた。
私は逆に結婚もして子供もいる姉ちゃんが羨ましいなと思ってるからほんと無い物ねだりだな〜と。

過去の自分を今の自分が羨ましく思ったり、
今の自分を未来の自分が羨ましく思ったり、
きっと今が一番いいってことだよね。
今を精一杯生きろとゆうことですね。
難しいっす。

ますます眠れない気がしてきたぞ…

ヒマワリフクロウ 記
PR