忍者ブログ

うちのメイドがウザすぎる! ☆第七話感想

参考サイト http://anicobin.ldblog.jp/archives/54453876.html

(諷虹)

よく胃袋をつかむなんて言葉がありますが、少し調べると英語でも似たような言葉がありました。
『The way to a man's heart is through his stomach.(人の心をつかむ道は胃袋から)』
胃袋をつかむのはどこの国でも、そして年齢の離れた女子同士でも通じる万能の兵法なんだなと(英語の諺ですが”あの”英国でこの諺ができたのでしょうか・・・)
さて前回に引き続き新キャラの鵜飼(元)二尉が本筋にかかわっていましたが、場面によってつばめの異常性に二尉が突っ込んだり、二尉の異常さにつばめが突っ込んだりとそれぞれが臨機応変に立ち回れていて、今までとはまた違った面白さが出ていると思います。
個人的に、普段人を振り回すボケのキャラが一歩引いてほかのキャラに振り回されてツッコミに回る回が1番面白いのではないかと思っています。

(虚空)

つばめさん、したたかでしたね。ミーシャちゃんはあらためて「こいつにはかなわない」と思ったでしょう。そしてそんなやつの作った料理をどうしても食べたいと思ってしまう自分に対しても複雑な想いを抱いてしまう。
小学校2年生にして日常の中で様々な人間の側面を学習できているミーシャちゃん・・・どんな風に成長して、どんな大人になっていくんでしょうね?
PR