忍者ブログ

うちのメイドがウザすぎる! ☆第九話感想

参考サイト http://anicobin.ldblog.jp/archives/54522036.html
(虚空)
前半のエピソードは私の持っている原作には載っていなかったのですが・・・ミーシャのお母さんが他界された時の布をかけられたお顔が前の時以上にはっきりと出ましたね。単なるギャグアニメとして終わらせたくないという太田監督をはじめとするスタッフの方々の想いなのでしょう。
ミーシャにとってそんな辛い思い出とセットになってしまっている「雪」が、友達とのやりとりの中で「楽しいもの」へと転換していく(トランスフォーメーション)過程が、前半のエピソードがあった分、原作よりもはっきりとしたように感じました。
文句をいいつつも実は満面の笑みをうかべていた最後のカットなどには随分と救われた気持ちです。
(諷虹)
先週に引き続きクマゴローが、しかもメインでのAパートでしたね。原作にないエピソードのようでしたが、あれだけアニメで動かしていればこのようなエピソードが自然に生まれてくるのかなと思いました。
Bパートは雪の回でした。Aパートでは母親がらみのエピソードが暗めに描かれていた分、少し軽めに回想しているかなと感じました。やはりバランスが絶妙ですね。オチもいい顔のミーシャで締めていて、今回の話全体を通してなんやかんやでつばめとのいい距離感が出てきているのかなと。また、アニメ開始時は不登校だったミーシャが雪でも渋々学校に行くというところも何気に成長を感じるところなのかなと思います。
PR