忍者ブログ

うちのメイドがウザすぎる! ☆第八話感想

参考サイト http://anicobin.ldblog.jp/archives/54486276.html
(虚空)
私があまり好きではない言葉に「プラス思考」というのがあります。どんなに前向きに考えようとして考えたとしても、本音ではそうは思えない自分が自覚されてしまうから余計に落ち込んだり自己嫌悪になってしまうので。もちろんプラス思考をしたら意識の転換(トランスフォーメーション)が起こせたという感覚を得られた人は、どんどんプラス思考をすればいいと思いますが、そういった感覚までは得られない場合は、無理すると逆効果であるのもまた事実です。
この前から登場しているドMキャラの方ですが・・・「ドM」というのも、マイナスをプラスに転じる・・・しかも感情レベルで・・・一つの構えなんだな、と思いました。
前回でしたか・・・非常に不味い料理を作ってしまうと言いつつ、それは自分の味覚が異常なのではなく、美味しいものを美味しいとちゃんと感じることは出来る、というようなセリフがありました。感覚が異常であって、マイナスが良いように感じてしまう、というのではそもそも問題外なのですが、一般的な感覚とずれていない・・・いいものはいい、悪いものは悪い、辛いことは辛い・・・そう感じられるのに、それを転換して喜びにできるというのは、興味深い心の働きです。
もっとも、今回のアニマエールの感想の方にも書きましたが「人間同士のかかわり方の変化」が起きると、そうした心の動き方の傾向にも変化が起きるという部分も興味深かったです。(失職するというのにこれまで通りの喜びが感じられない自分に気が付いた場面)
(諷虹)
ここのところ二尉の活躍が目立っていて、なかなか見せ場のなかったクマゴローとハムスター達が久々に出てきていて嬉しかったです。
水島作品のクマキャラや、千と千尋の神隠し等、あの手のミニキャラは動きだけで癒しと笑いと強烈な印象を与えてきて個人的に大好きです。”マスコット”なんて言葉がありますが、元々は幸運をもたらすものって意味があるそうです。かわいいは正義、見てるだけで幸せになれるのを常に渇望しています。
PR