忍者ブログ

うちのメイドがウザすぎる! ☆第十一話感想「嫌われる覚悟」

参考サイトhttp://anicobin.ldblog.jp/archives/54592380.html
(虚空)
やっと原作の最新刊である4巻は買いました。9話の感想には「原作にはない・・・」というような書き方をしてしまいましたが、あったんですね。
部屋に入ったのは自分ではないのに、敢えて激怒されるのを承知の上で「自分が入った」と言った鴨居さんの真意は何なのでしょうね???? 
距離感がいい具合まで来ているのに、肝心な最後の壁がそのままになっているのを打破するための高等戦術なのかもしれないですし、おませな部分があるにしても小学2年生にはそんな可能性もあることは知る由もないでしょうが・・・次回の最終回でどう収まるのか。
(諷虹)
最終回前の大きな山場といったところですね。
今回は部屋に入ってしまった2人のために嘘をついていましたが、この作品全体を通してつばめはミーシャになんとか好かれようとしているわけですが、嫌われることも厭わないという部分があるように感じます。
時には相手が嫌がることであっても相手のためを思って憎まれ役を買って出る、自分が嫌われてもそれが本当に相手のためになるなら・・・といったような立ち回りをしているのだと思います。おそらくそういった部分があるからこそ信頼関係が結ばれつつあるのかなとも思います。ギャグアニメであってもその辺りの筋はしっかりととおしているように思います。
次回、どういった感じで締めくくられるのか楽しみです。
PR