忍者ブログ

うちのメイドがウザすぎる! ☆第十話感想 「親子の心のすれ違い」と「叱る意義」

参考サイトhttp://anicobin.ldblog.jp/archives/54558134.html
(虚空)
諷虹君との語り合いでの虚空発言です。
ゆうべの「メイドがうざい」でのパンダのやりとり・・・あそこでミーシャがパンダを観たって言っているのは、本当にそう見えていると本人の意識世界の中ではなっているのに、父親からすれば北海道に野生のパンダなんているわけないということで全く相手にしなかった。きっとそういう事の繰り返しがいろいろば場面であったんだろうね。だから再婚での新しいお父さんを受けいられずにいた。自分の世界と自然に交流しようともしてくれないから。
自分が実感している世界ほど、否定された時に「本当にそうだったのか」を確かめたい・・・そのために親の言いつけを破ってしまうのも子ども。自分に正直な子や、本当は相手に自分が分かって欲しいという願望を持っている子ほど、禁忌をも犯してしまう。
本当は大人だって自分の世界を否定されたくはないし、わかってもらいたいとは思っているけど諦めてしまっている。
「叱る」ということに関してですが、本当に相手を思うおからこそ、ここぞというときにはビシッと叱る、というのはとっても大切なことだと思っています。でもそこも難しい世の中になってきていますよね・・・パワハラ扱いされてしまいますから。
無論本当のパワハラ行為はいけないと思います。でもね・・・
「本気で叱ってもらえた」という思い出が人々の中から消えるというのは、ものすごく大切なことを失っていくようにも率直に思います。
また、本当に直さなければならないことがあっても、パワハラとして訴えられるのを恐れて誰もきちんと言ってくれなくなったら・・・・それこそ人間として成長することを自ら放棄するようなものだと思います。
(諷虹)
ギャグアニメの体を保ちつつ、見せる展開、少しシリアスな展開をしていくのが絶妙だったように思います。
今回はつばめの想定外の出来事という設定でした。カピバラ温泉に行くことを知るのもまだミーシャにばれていない変装での尾行で情報を得ているというシーンも出ていましたが、このようにつばめが万能過ぎないというのもこの作品の魅力なのかなと思いましあ。このようなギャグ主体の作品だと、つばめのような能力が高いボケキャラはそのキャラが知りえないような情報であってもなぜか知っていたり、できそうにもないこともなぜかできてしまったりすることが多いように思います。まぁギャグ作品だからなぁと許せてしまう部分はありますが、このようにちゃんと一つ一つに理由付けをすることでキャラのリアリティが増し、また、新たな展開を生むことにつながっていくのだと思います。
PR