忍者ブログ

となりの吸血鬼さん ☆第十二話最終回感想 『共に歩む』 共存共栄の進化論

参考サイトhttp://anicobin.ldblog.jp/archives/54633809.html
(諷虹)
今期やっていた「うちのメイドがウザすぎる!」の最終回がシリアスの中にギャグを入れてくるとしたら、こちらはギャグの中にシリアスが埋め込まれているのかなと思いました。深読みしすぎかもしれませんが
例えばAパートは唯一の食糧である血液が手に入らなくなってしまい、飢えている状態であっても友達の灯を食料と見たくない、対等な立場でいたいというものでした。他にもエリーに献血ルームの血は献血用であり、吸血鬼のものではないと諭すシーンも人間という種族との共存するという思いがあるのかなと感じました。
そしてBパートでは街中を散歩しながらこれまでかかわってきた人達と会話を交わし、最後に出会った森でもう一度初めて出会った時と同じやりとりをし、今までの総集編のEDが流れ、そして二人で歩いて帰る・・・という一連の流れが非常に最終回らしく素晴らしい流れだったと思います。
2人で飛ばずに歩いて帰っていくところも、人生を過ごすという意味での”歩み(あゆみ)”の意味合いもあるのかなと思いました。きっとこれからも人間と吸血鬼という種族の隔たりを超えて過ごしていくのだろうなという希望を感じさせてくれるラストでした。
(虚空)
進化論で有名なのは「自然淘汰(自然選択)説」でしょうね。実際には様々な進化論がある中で、一般的には進化論といえばこれ、というくらいに刷り込まれている概念かもしれません。
そしてそれはまさに現代社会の隅々にまではびこっています。強きものが生き残り、弱きものは捨てられていく・・・競争原理こそが理想の世の中にしていく最高の原理なんだ、という考えに盲従しているからこその経済界・教育界・企業の原理への発想の適応。
弱者切り捨て、福祉政策にまわす予算など無駄使い・・・そんな風潮すらあります。公立学校でありながら学力テストの成果が出ていない学校には予算をまわすな、潰してしまえ、なんていうことを法律関係の仕事をしていた方々が声高に叫び実行に移すことが良いとされるんですからね。(あの時の首長が元弁護士、その部下として動いていた教育長は元判事だったと記憶しています)

児童の言語生態研究会の基礎をかためる上で大変お世話になったという方にイメージ研究の第一人者であった藤岡喜愛先生の師匠は今西 錦司という先生。その先生の提唱された進化論は「棲み分け進化論」と呼ばれています。学問の世界ではマイナー扱いされているということなのですが、「共存共栄」という精神からいっても、こちらの進化論の方が大宇宙の理に近いと感じています。
アニマエールの感想の方にも書きましたが、一部の優れたとされるだけの存在で全体がうまくまわっていくほど世の中は単純には出来ていません。
「だから下の者は上の命令に全面的に従うべきなのだ」という主張もありますが、それもどうでしょうね・・・詳しくここには書けませんが、例えば古武術の世界などでは、そういった「脳が指令を出し、順々に神経で命令が伝達され、筋肉がそれに従って動き、現実に対応する」という西洋的な常識とは全く違う原理で探求されていているようです。
どの臓器が上でどれが下・・・ではなく表面に出ている役割には違いはあっても、究極的には対等。それをつなぐネットワークこそがカギだと。命令伝達系統云々ではなく、すべてがワッと感応し、適切に動く。

人間社会でそのつながりの根底にあるのが主従関係ではなくて信頼関係なのでしょうね。
「亜人ちゃんは語りたい」でも吸血鬼などと一般人との共存が描かれていましたが、異なる種であっても信頼で結ばれて、諷虹君の言うように地に足をつけてしっかりと共に歩んでいく姿勢。古代日本人が大切にしてきた姿勢。
その復活を願いたいものだと感じながら視聴した最終回でした。  
PR