忍者ブログ

アニマエール ☆第三話

(諷虹)

学園日常物ではお馴染みのテスト勉強ネタが来ましたね。こういった本筋と関係ないようなところはキャラが深まったりしていくので個人的に楽しみです。欲を言えばキャラが出揃ってからやってほしかったかなーとも思います。

どうでもいい話ですが、xを擬人化するネタは「どうして私が美術科に!?」という作品でも見たことがありますが、私はi(下をはらって書くやつ)が人っぽくて好きです。

(虚空)

このやりとりが特に良かったです。
虎徹「鳩谷さんすごい…私は何も言ってあげられなくて…ダメダメだなぁ…」
宇希「そんなことないだろ」
虎徹「声に出ちゃってた…」
宇希「何も言えないのは友達のことを想って。大事過ぎて軽く言えないんだよきっと。よく考えてる証拠だろ?」
現代社会のような成果主義的に言えば「何も言えない」というのは何の役にも立てなかったからダメであり、存在意義がないということにされてしまいがちですが・・・。
PR