忍者ブログ

アニマエール ☆第九話感想

参考サイトhttp://anicobin.ldblog.jp/archives/54528086.html
(虚空)
率直にいって猿渡宇希さんが部長として適任かなと思っていたのですが・・・まあこれが順当ということなのでしょうね。
宇希さんの弟とのやりとりが後半の内容でしたが、こうした偏見っていうのはいろいろな分野にありますよね。
あと少しで還暦を迎える私がアニメのことを口にするのだって、相当色眼鏡でみられてしまうことが多々あります。ジブリアニメばかりの頃はそうでもなかったのですが、やはり今風のいわゆる「深夜アニメ」を観ているということは、なかなか周囲には言えない場面ばかりです。
本当はそんな偏見を持つものではない!と声を大にして言いたいところなのですが、当初の頃、そんな声をあげかけたら予想以上に風当たりが大変で生活にも支障が出てしまったので、今はこんな風に素性を明かさないで、でもアニメを通して大真面目に考察をし、ネットにアップしている次第です。
もちろん理屈抜きで楽しんでいるという部分も両立させています!
(諷虹)
5人そろってついに部に昇格という回。OPもよく見ると5人できららジャンプしていて9話にしてようやく全員集合といったところでしょうか。
話のメインは宇希の弟のチアに対しての偏見を解消するというテーマでした。
私がよく話題に出す『魔法少女リリカルなのは』や『ガールズ&パンツァー』等、女の子がメインの(というかほぼ女の子しかいない)作品はよくこういった偏見にさらされます。全体的に見ると感動的な話だったり熱い展開であっても、入浴シーンなどのサービスカットだけを切り取って不健全なアニメというレッテルを貼られては誰も得しません。
全話見てそのようなサービスカットしか残らないような内容の薄い作品ももちろんありますが、そのような作品ばかりではないということをしっかり知っていてほしいと思います。
しかし、制作側もサービスカットなしでは売れないとか思っていたりするんでしょうか?OVA時代からの古い幻想にとらわれているだけのような気もします
PR