忍者ブログ

参考資料 対談 ジャガー横田さん & 小児科医

ことり君とのやりとりに関する参考資料です。

「小児科医」という立場を超えて、子どもと関わる・・・あるいはもっと一般化して、普通に人間同士がやりとりする基本中の基本が、この医師の言葉の中に示されていると思います。


対談 現役女子プロレスラー ジャガー横田 × 慶応大学医学部小児科教授 高橋孝雄 (小児科一般 小児神経 日本小児科学会会長)


横田 一番最初にお聞きしたいのは「小児科医」というのは一般的に熱が出たらとか連れて行くこととかが多いと思うんですけど、どういったお仕事?
高橋 一番大事なことは「代弁者」であるということ・・・この間お話を伺っていてプロのアスリート・・・観客たちの代弁者になっているんですねと僕は思ったんですね。

小児科医だと主に病気の子ですけれど、病気でなくても「子どもの気持ち」をくみとって、それを大人の分かりやすい言葉にして本人に返す・・・これが代弁者。

例えば泣いている子がいた時に「泣いてるね」でもなく、「泣くんじゃない」でもなく、あるいは「喉が痛くて泣いているんだね」でもなくですね、本当はお母さんがここにいてくれないのが寂しくて泣いているのかもしれないじゃないですか。
本当の思いってあるんですね。特に病気で苦しんでいる子ども達には「伝えにくい」「うまく表現できない」苦しみや悲しみや寂しさがあるんですよ。それをくみ取るのが小児科医の仕事。

その次に今度は「お母さんの代弁者」にならなければいけないんですね。うまく病状を説明できない。子どもが泣いている時に、お腹が痛いのか喉が痛いのか、あるいはおなかがすているのかな眠いのか・・・そういうことをお母さんがなかなかくみ取れない。
で、そうやって悩んでいるお母さんに寄り添って、お母さんの悩みも代弁する。
(中略)

横田 お母さんの治療っていうのは・・・
高橋 いろいろありますけど、医者が知識とか診断を押しつけるのではなくて、結局「お母さんから聞いたことを、そのまま医者言葉にして返す」そうするとお母さんは安心するんです。
お母さんと関わるというのはそういうことで、病気で連れてきたお母さん、場合によってはお父さん・・・お父さんやお母さんが大事な治療の対象になるんですね。

(信頼関係の話になる)

高橋 小児科医はその信頼関係を築くのが仕事なので・・・裏をかえすと「一生面倒をみます」と。あなたの人生は責任をもってみます、という気持ちでやっておりますので、結果として10歳で治ればそれでいいですし、それが先送りになった場合にはただ見送るのではなく、必要に応じて寄り添っていく。それが小児科医の仕事です。
(中略)


ナレ 小児科医としてスタートをきった高橋。3年目医師としての根本を見つめ直す出来事があった。
高橋 一番最初の頃に経験したんですけど、まだ六ヶ月くらいの可愛い盛りの赤ちゃんがですね、息をしていない、って運ばれてきたんですね。お母さんに抱っこされて。
ただ、病院に着いた頃にはすっかり元気になっていて、いろいろと検査したけど何も原因が分からなかったんで・・・若いお母さんで。

入院したときに今でも覚えているのはここにキスマークがあったんですよ、首に。「へー」っと思ってみていたんです。1週間くらい入院して頂いて結局原因不明で「突然死のニアミス」ということが起こるんで「ニアミスだったんでしょう」ということで退院させたんですね。

翌日お母さん、その子の首を絞めて殺しました。お母さんも首を吊りました。最初から病院に連れてきた時に、子どもを殺しきれなくて・・・キスマークじゃなかったんですよ。自分の首吊った跡だったんですよ。顔がパンパンに腫れていて紫っぽい顔をしていたのが日に日に色白で可愛いお母さんになっていったんです。

そういうことを見ていても、僕は何も感じなかったわけ。おかしいって思わなかったんです・・・今から30年以上前のことなんで、産後の「鬱状態」で育児ができなくて子どもを殺す状態を全く想定していないんです。

お母さんは命が助かったんです。警察の方がみえて「実は殺しました」と。「お母さんもまた自殺をはかりました」と。


それは忘れられないですね。すなわち、これほどの誤診はないです。


検査して、心臓・肺に異常がない、っていって帰した翌日に死んでいるんですから。
それは多分今の僕であればすぐに見ぬいたと思うんですね。様子が変だ、おかしいと。絶対家には帰さないし、お母さんに寄り添ったと思うんです。

横田 そこの部分では患者さんに異常がない、ということから考えたら誤診ではないけれども、その背景まで読んであげなければいけないということなんですね。

高橋 背景が本当の医療で、息を吹き返した子がそこにいて正常だというのは、医療でも何でもないです。

さらに僕が「アッ」と思ったのが、警察の方が僕のところに事情を聴きに来て「先生はお母さんにこれからどうなって欲しいと思いますか?」って聞いてきたんですよ。

いろんな答えがあると思います。「子どもを殺すなんてひどい話だから重い罪だ、罰を与えるべきだ」というのもあると思うんですが、私は「一日も早く元気になって生きて頂きたい。」って言ったんですよ。そうしたらその警察の方が、本当に心底から「そうですね」って言ったんですね。

それは非常に僕は責められていると思いました。すなわち、「母親の気持ちをくみとらず、家に帰したお前が加害者」だと。「被害者はこの子どもと2回も首を吊った母親だ」と僕は言われたように・・・。

警察の方も事件として扱いながらも、それはとても温かい気持ちで、(警察官は)加害者であるお母さんの代弁者になっている。


ですから新米の小児科医よりもよく社会の事、子どもの事、お母さんの事を分かっていたと思うんですよね。
(中略)


横田 あとですね、今も目先に心配なのはですね、うちの息子は4月から中学生になるんですけど、思春期も重なってこのあとどんどん難しくなっていくだろうと想定されるわけですよ。私は4人姉妹の末っ子で女所帯で、あとは女子プロレスで女の子だらけのところにズーッといますので、男という動物が分からない。

どういう風に対処していったらいいでしょうか?


高橋 そんなに深く悩む必要はないと思うんですよね。自律神経にしてもホルモンバランスにしても大幅に乱れてその結果として、あるいはそれとは別に頭の中のものの考え方も・・・それは社会人に変わるたけに当たり前に起こる嵐なので・・・その嵐につきそう必要はないと思うんですね。

ですから(子どもと)距離を置くのも良いし、あまりの仕草に怒ってもいいし。


横田 怒っちゃうんですよ。本当に態度悪いし、口のきき方悪くて。「誰に向かって言ってるんじゃい!」って言ってしまいますけど。


高橋 それはそれで僕はしょうがないと思います。
ただその結果として、この荒れている時期の息子をなんとかしようと思う必要はない、と思います。

入院するような子ども達・・・思春期の・・・例えば「拒食症」とか「自殺しようとする」とか・・・そういう子たちに共通していえるのは、母親にも父親にも「本当の言葉をなげかけられない」っていう・・・これはみんな共通しています。
ですから「悪態をつく」「甘える」・・・それを非常にいいサイン。絶対に必要です。
:::::::::::::::::::::::::::
横田 これからの時代って「子育て」ってどうあるべきだと思いますか?どういう風に育てていくべきか。
高橋 あのう、日本においてということで申し上げると、大きな流れとして止める事ができないもので「少子化」っていうものがありますね。

次を担うのはみんなこの子たちだから、「数も作れ」と。で、「その子ども達を大事に育てろ」って・・・ある意味でいいことではあるんですけど、そういう風潮になっていますよね。
そうすると育てにくい・・・ある意味で子育てに時間がとりにくい社会構造になっていると同時に、少ない子どもを大事に育てろという風潮も同時にきていますから、これはどうなるかっていうと、お母さん中心に親に対するプレッシャーがものすごいんだと思います。

それは社会全体として考えたときには「無責任」だと思います。

やっぱり社会全体が子供を育てる、子どもに目を向ける、子どもに強い関心をもつというふうに、社会をかえていかないといけない、と思うんですね。
で、もしかするとそれがうまくできたら、少子化に対する歯止めになる可能性があるし、もし歯止めがかかるとしたら、それしか僕はないと思います。
PR