忍者ブログ

色づく世界の明日から ☆第十三話最終回感想

参考サイトhttp://anicobin.ldblog.jp/archives/54661180.html


(虚空)


主人公を魔法の力で未来に返すという場面が冒頭にありましたが、やはりそのポイントは若き頃の祖母の魔法力ではなくて、主人公自身の無意識での呪縛が解けるかどうかが、過去にどれだけ留まれるかのタイムリミットであった、という点なのでしょう。


この前からこだわっている「真床覆衾(まどこおぶすま)」という点でいえば、まさに「機が熟した」「その場で経験すべきことは成就した。」だから「次のステップに移行した」という、この目に見える世界の理でそうなった、ということなのでしょう。


「脱皮」とか「蛹から蝶が羽ばたく」というあの感覚。


スピリチュアルの世界では「この世は魂が向上するための修行の場」というような言い方をするときがありますが、そういう見方からすれば「一つのことが授受した」ということで「めでたしめでたし」となり、何もないおだやかな日々がずっと続くというのは、この世に留まる意味がなくなることを意味するとか・・・。一時的な休息でおだやかな日々が訪れたといっても、また時がくれば「さあ、次!」という感じ。


朝の連続テレビ小説のような展開ですね。


未来に戻った主人公のところにタイムカプセルということで過去と新たな現在である未来とがつながったわけですが、きっとまた時期がくれば何かの壁にぶつかるんでしょう。


でも過去に戻っての体験によって「構え」が変革した主人公は「困り方」そのものがどこか変化していているかもしれません。過去の思い出を「逃げ場所」とするのではなくて、それを足掛かりにして自分の中から突破する力を湧き上がらせながら生きていくんだろうなと期待したいところです。


いずれ魔法使いといえでも祖母とのお別れも待っているんでしょうから。




(諷虹)


非常にきれいにまとまった作品になったなと思わせる最終回でした。未来に帰ってからあれこれと説明せずにキャラデザやキャラ同士のやりとりの様子だけであれやこれやを視聴者に想像させる・・・今期アニメではリリスパもちょうどそんな感じでしたね。


この作品の感想で何回か触れたと思いますが、台詞や描写等に個人的にものすごいセンスを感じます。最終回で気になったのは冒頭に出てきた「鈍色(にびいろ)」というワードと、色が戻るときの描写の2点です。ラストの絵本の件も非常に良かったのですが先にあげた2点についてのみ触れていきたいと思います。


今まで白黒・モノクロ・灰色なんかは使われていましたが「鈍色」というワードは今回初めて出てきたと思います(間違ってたらゴメンナサイ)。ゲームに疎い人や世代でない人はあまり聞きなれないかもしれませんが、私を含め大体20~40代くらいの世代の人のほとんどはポケモンを連想・思い出したのではないかと思います。


知らない方のために少し解説をするとポケモンシリーズ初代のゲーム及びアニメの1つ目の町(主人公の故郷・最初で最後の町を除く)がニビシティといい、そこのリーダーに勝つとグレーバッジというバッジがもらえます。このバッジを8つ集めることがポケモンというゲームの一つの大きな目標になるのですが、初代は町とバッジがすべて色モチーフになっています(ニビ<グレー>・ハナダ<ブルー>・クチバ<オレンジ>・タマムシ<レインボー>・セキチク<ピンク>・ヤマブキ<ゴールド>・グレン<クリムゾン>・トキワ<グリーン>の8つ。ちなみに主人公の故郷の名前がマサラタウンで「まっしろ」)


さて、そんな感じで知らず知らずのうちにマイナーな色が大体どんな色味かという英才教育がなされている(?)訳ですが、鈍色はポケモンの作中では「石の色」と言われています。調べてみると平安時代には喪服の色にも使われていた色のようです。灰色というのもどちらかというとマイナスなイメージですが、鈍色というとそれが更に強まるような印象です。しかも作中では「寂しげな鈍色」と言っていました。音的にも「わび・さび」に近いところがあります。非常に考察しがいのある深い一言だと思います。(第1作目のしかも初っ端にそれを持ってくるポケモンのセンスもやはり凄まじいところ)


次に色が戻るときの描写について。新世紀エヴァンゲリオンのTV版26話のラスト(「おめでとう」のくだりに入るところ)をめちゃくちゃ丁寧に描写するとあんな感じだったりするのかなぁとかも思いましたが、気になったところは黒いところがどんどん剥がれ落ちていくような演出でした。


私の中で五本指に入る漫画家にきゆづきさとこさんという方が居るのですが、その方も色に関する様々な作品を描いています。他の感想ややりとりでちょくちょく出てくる「棺担ぎのクロ」もその一つで、主人公の体がどんどん黒く蝕まれていく死の呪いを解くために旅をするお話です。また、GAという作品の中で「白は、この世で最も明るい色。黒は、この世で最も暗い色。」と表現していました(検索しても出てこなかったのでおそらく作者オリジナル)。


それからもう一つ、10年程前に流行った東方の同人音楽で「BadApple!!」という曲があります(歌詞参考→https://www43.atwiki.jp/sagararyou/pages/18.html


※東方project及び東方アレンジ・独自設定が苦手な方は読み流してください


ここからは私の解釈ですが、やはりこの曲の一番のキーワードは繰り返し登場するサビ部分、特に「もし私から動くのならば すべて変えるのなら黒にする」と「こんな私も変われるのなら もし変われるのなら 白になる」かなと思います。”黒→自分から染める・染まる”に対して”白→自分からは不可”ととれるのではないかと思いました。


さて、長々と様々な作品の考察を挟んでしまって申し訳ありませんが結論として、


白→黒(プラス→マイナス・幸→不幸等)は不可逆反応と思いこみがちになってしまうのではないかということです。確かに黒く染める事は簡単に出来ても、一度黒く染めたところを白くすることは出来ません。(絵画ではなく習字などをイメージしてもらえると分かりやすいかと)


瞳美は過去の回想でも母親と自分の間を黒く染め、魔法及び世界に対してモノクロのフィルターをかけていたのだと思います。そして最終回にてそれを克服するとき、黒い部分が剥がれ落ちるという演出になっていました。


黒の上に何も書けないのならば一旦黒を解放する・・・自分でかけた鍵・しがらみ・縛りを、解放する。禊の感覚が近いでしょうか?(ちなみに棺担ぎのラストもそんな感じです。)


正月で、インフルエンザで引き籠っているのもあっていつも以上に長文になってしまいました。しかしそれだけでなく、流行物や熱狂的ファンがついているものの根底には白黒の発想や鈍色・モノクロの発想が隠れているのだと思います。


そして、これだけたくさんの事を引き出してくれた「色づく世界の明日から」も紛うことなき名作なのだと思います。

 
PR