忍者ブログ

色づく世界の明日から ☆第十話感想 「心の扉とイメージ世界」

参考サイトhttp://anicobin.ldblog.jp/archives/54557577.html
(虚空)
先週のをまともに観ていなかったので、今週の前半もほとんど飛ばし飛ばし・・・やはりああいった内容は観ていて暗くなるばかりなので・・・
後半の方は何とかみることができましたが、こちらもこちらで今度は女性の方が自分の心の闇に介入してくるのを頑なに拒んでいましたね。
こういう時って難しいもので・・・結果論として無理やり心の扉を開こうとしたことが功を奏したということもありますが、現実には余計に頑なにしてしまったり、心の病をこじらせることになってしまいます。だから専門のカウンセラーでも受け身に徹するということが強調されているわけで・・・。
「青ブタ」の男性もそうですが、独断で「絶対みないで」と言ったものを平気でみてしまうというのは、アニメ内の人物とはいっても、やはり無神経すぎると感じてしまいます。それがいくら結果としていい方向になったとしても・・・結果論ですから。
(諷虹)
先週からのごたごたは案外すんなりと落ち着いてくれたので一安心でした。雨降って地固まるではないですが、今回の件によってさらに友情が深まったという側面もあるのかなと思います。
さて、今回で瞳美の過去、主に母親がらみのエピソードが明かされました。わりと王道展開(?)な感じでしたが、母親の母親・琥珀が自分と同年代になっているということをどう絡めてくるのかが楽しみですね。
「絵に入る」というのは非常にロマンチックなように描かれていますが、ホラーものなどでも見られる要素です。絵に入った人がどう感じるか、そしてそれをどう描くかによって大きく印象が変わる要素なのかなと思います。
PR