忍者ブログ

転生したらスライムだった件 第8・9話を通して「添加」について

☆第八話参考サイト http://anicobin.ldblog.jp/archives/54469121.html
☆第九話参考サイト http://anicobin.ldblog.jp/archives/54503943.html
(虚空)
シズさんを取り込んだことによって中性的な人間のお姿を手に入れてスライムでしたが、能力の獲得といい包み込んだら何でもありという感じですね。
「駿煌会」でよく使われている言葉に「添加」というのがあります。もともとは「数学ガール」という本の中で数の概念の拡張として使われていたものを「人間力」としての用語として使っています。
自分がこれまで興味を抱いてこなかったこと、苦手としていたこと・・・そういった事柄ほど、ほんの少しでも受け入れて自分の中に包み込んでしまうと、「意識世界」が拡大し、これまで好きなことだけを取り込んでいた時とは全く違う質の変化をもたらせてくれる、という感覚です。
スライムの場合、特に初期の頃は何かを取り込んだ自分が能力的にどういった変化を起こすのかというのが自覚できていませんでしたが、了解してからは積極的に取り込み、その使用法を拡張させようという姿勢になっていますね。思いがけない能力の使い方を発見したりすることもあるようで・・・。
あれはお話の中だけのスライムの特殊能力、として片付けてしまうのではなく、普通に生活をしている中でも、あのような構えで日常を過ごしていったら、想定外の自分にどんどん変化していけるのかもしれない、と信じて試してみるのも大事かもしれません。
PR