忍者ブログ

2018,12,08 諷虹・虚空⑤「旬の感覚と生命の発露」

☆最後に再び6月のイメージの話題に戻る
諷虹 カレンダーで6月っていうと雨とかアジサイとか、そんなのが刷り込まれてしまっていますよね。
虚空 きんモザのOPもそうじゃないか。
諷虹 確かに、そうですね。番傘もやっぱり・・・・
虚空 そこに「旬」を感じてる。上原先生のことばかりだけど、江戸歌舞伎の曽我兄弟の問題。「生命の発露」。
*きんモザの1期OPが春夏秋冬を追って描いている・・・それぞれの「旬」感覚
https://www.nicovideo.jp/watch/sm26049183
☆「カエル」の考察は後日・・・雨ごい 両生類 千と千尋の従業員(男たちはカエル男 女性たちはナメクジ女)  
御坂美琴(雷 雨 カエルという連想? 諷虹説)  カエルの歌の輪唱(田んぼの鳴き声から?)・・・ケロロ軍曹で共鳴シーン(諷虹)
震災の年にカエルの鳴き声がしなかったことに感じていた無意識は?
PR