忍者ブログ

☆「咲」やりとり からのラインやりとり 「山」そして「ダンデリオンツイッター記事 大宇宙をかけめぐる意識」へ 

先日アップした会合やりとりからちょっと時間が遡っての「ラインやりとり記録」その①です。

「咲 Saki」に関しての考察が中心ですが、例のごとくそこから大きなスケールの話に発展しています。
(表面的なことに関するやりとりは大幅にカットしています)
2019,05,27 月曜日  ラインやりとり

08:18 虚空
 ちなみに、まだブログアップは先になると思いますが、先週の諷虹君宅での2回では、「量子論」に関するNHKの番組を少しずつ見ています。それをきっかけに諷虹君がちょっと変わった麻雀漫画とそのアニメを紹介してくれて・・・。

そこからかなりいろいろなやりとりが飛び出しています。2回目の時などは8時15分頃からはじまって、終わったのが午前1時近くになったくらい。

「咲」という作品・・・麻雀が国民的娯楽になっているという想定の世の中で、女子高生を中心とした超能力もからんでの麻雀の全国大会等々を描いているものです。
ちなみに私は麻雀のルールも用語も全くといっていいほど知らないので、競技シーンなどは「??????」という連続。でも「麻雀のことなど分からないから観ても分かりっこない 楽しめるわけない 参考になることなどない」等々の気持ちをオフにして向かい合ったら、風が吹き込んできています。



08:31 ソルティ
 麻雀漫画ですね。咲 ですね。見てみましょう。

笑われると思うけど、お嬢様学校卒。オンボロ下宿住まう。真上の住人 真夜中近く麻雀始める。眠れない。頭にくる。 → ただ今 桜井さん 憧れ。
それにね、なんでもやっとけばよかったと思うのですよ。麻雀しっていれは 恐らく子供たちの ドンジャラ?参加できるでしょ。



2019.05.30 木曜日
07:14 虚空
咲をレンタルしてきて夜中に「微熱」までみました。
金曜・日曜に話題にまだなっていなかったことで、興味深かったのは「素人」のエピソード。あのメガネの子の膨大な蓄積データがかえって邪魔をしてしまったという部分。
オッドアイの設定や、うさみみの子の両極性も。あの両極性と英才児の関係なんてね!
2019.05.31 金曜日
05:32虚空
 ちょうど1週間前に諷虹君から紹介された「咲」のアニメ1期・・・全25話のうち、20話あたりまでみましたが、これも「麻雀」としてのかけひきは全く分かりませんが、各キャラのエピソードを通して多くの興味深い切り口があるので、面白がっているからの一気見です。
もちろん「おうち」に関することもいっぱいあるし・・・

「令和」になったこの初めの月である5月に最初に出合ったこのアニメ・・・大きな風を吹かせてくれています。



08:05 コバルト
一応、咲はアニメではなく単行本で見てましたね。
麻雀をやって行く中で「今」とこれからやってくるであろう「流れ」(未来)を引き寄せる「力」がよく描かれているので自分的には面白いと思います。



08:09 虚空
この前、諷虹君のところで見せてもらった原作はスピンオフ作品のものだった(と記憶しています)ので、アニメのどの部分は原作にもあるとか、ここはアニメオリジナル部分だとかは全く分からないのですが、「青春ブタ野郎・・・」シリーズの思春期の病理から来る不思議現象とも通じるようなキャラのエピソードなんか、心の奥底を考えさせられます。(通称 ステルス桃 と呼ばれているキャラ)

私自身のこととも結構かぶっていたりするので



08:22 コバルト
 https://colormell.jp/spaces/mito/
6月3日 ライン
05:34 虚空
楓子君・・・この前「咲 全国編の次回から気に入っているキャラがでてくる」と言っていましたが、どの高校のどの子でしょうか(名前と顔は一致しないので、名前と特徴・能力を教えてくださいな)


15:18 諷虹
大阪代表の姫松高校・中堅の愛宕洋榎です。
特に特殊能力はありません。こてこての大阪人のようなお調子者なビッグマウスで、かませキャラなのかな?と思わせておいて滅茶苦茶(普通の)麻雀が上手いというキャラです。
先週の金曜日にコバルトさんと話題になった重心を残したまま避ける、いわゆる「回し打ち」(完全に降りるのではなく、相手の当たり牌以外だけを切りながら別の形の手に仕上げていく打ち方)が得意なキャラです。
少し麻雀色が強い話になってしまいますが、たいていの人が一度降りようと思った瞬間から、まだ出ていない牌のほとんどが危険牌のように思えてしまう一種の錯覚のような恐怖感にとらわれてしまいがちだと思います。回し打ちというのは、相手の手をしっかりと読んで、ここがきっと当たり牌だなという自分の予想を最後まで信じられる強い意志というか、自信が必須のように感じます。回し打ちは私はまだまだ出来ていない課題なので、それが得意なキャラという点も惹かれるポイントなのかなって思います。(でも普通にキャラと容姿も好きですが)


 画像
 https://dic.pixiv.net/a/%E6%84%9B%E5%AE%95%E6%B4%8B%E6%A6%8E
19:48 虚空
詳しい解説、ありがとうございます。
あのいきのいい関西弁姉妹のお姉さんの方ですね・・・推薦で入ったというようなやりとりを妹としていた。
麻雀の打ち方の特性は分かりませんが、確かに人間味があるかけひきをしていたと感じていたキャラです。
2019.06.06 木曜日
04:46 虚空
 ほぼ徹夜で「咲 阿知賀編 16話」まで観終わりました。これでアニメ化されているものは全部かな????

「山」についての意識も改めて深めたいものです。

「山」をテーマにした授業をしようかと随分前に児言態で話がでたことがありました・・・・結局別のテーマになりましたが。

あの当時ヒマワリフクロウさんから出た「富士山」についての発言などが、さっき16話を観ながら思い出されました。


07:12 コバルト
 山、三角、ピラミッド、麻雀卓も四角のテーブルに面を足せばピラミッドみたいな形になる?
そういえばエヴァにもピラミッドみたいな基地だったし、富士山??も天然のピラミッドみたいなもの。



08:07 ヒマワリ
 懐かしいね富士山(笑)
あの頃の児言態だったからこそ、私の言葉に笑ってもらえたんだろうなぁ。
嬉しかったなあ。

富士山に20歳越えて登ったことあるけど、頂上まで登りきれなかったよ。
山は甘くねぇ…笑



08:23 虚空
⇒コバルトブルー君
この類化性能を突き進めること、大きなカギをにぎるかも・・・
そもそもあの形にどんな誘因性があるのか????
⇒ヒマワリフクロウさん
そうなんですよね・・・ヤマノススメで富士山登頂に失敗したキャラのエピソードがありましたが、酸素の問題も含めて別世界なんでしょうね。テレビ番組などで富士山の御来光、なんていう映像からは全く伝わってこない部分

 折口先生の、まれびと(来訪神)は、海の彼方や山の上の方からやってくる・・・という発想と、「咲」がつながってきています。

(なまはげ への認識が大転換した・・・まれびと信仰について真面目に向かい合った・・・きっかけって、ヒマワリフクロウさんの描いた秋田のなまはげの様子のイラストからでしたよね。 あの中のなまはげの言葉で「あれっ? 鬼 っていうけど、これじゃあ神様みたいな役割じゃない?」って思って・・・・

そのあと筑波学園都市の割と専門書が揃っている古本屋に何か参考資料はないかなと探しにいって「春来る鬼」という論文ものっている折口先生の本をみつけたわけですから。



14:01 虚空
 諷虹君・・・阿知賀編の原作に、予選前、山に行って暗くなってしまうエピソードってある???



15:45 コバルト
なんだか山は登ってから山を知るみたいな。
定義もやりとりがあった中を振り返ってみてから、それを定義とする。
例えば子供の誕生日会にしても、いつかガラクタになってしまうようなプレゼント一つで集約してしまうより、みんなで祝って頂いた空間そのものが定義となる、決してプレゼントそのものが定義となるわけではないんですね。
プレゼントがその象徴になるだけなんです。
麻雀でもそうです、定義と言える場合というのはアガれた場合の、役になった時のみです。
究極の完成形が定義と言えるんですね。
要はやりとり(過程)そのものを楽しもうとすればいいだけなんですね。



19:55 虚空
「アガれた場合の、役になった時」ということも何が何だかさっぱり分からない(分かろうとしていない)レベルなのですが・・・「過程そのものを楽しもうとすればいいだけなんですね」という言葉から言いたいことは伝わってきていると思っています。

山登りにしてみれば、本当に山の好きな人にとっては、ケーブルカーやロープウェイで筑波山のほぼ山頂近くまで行くことすら邪道なんでしょうけどね。

高尾山なんかだと地元の年配者でほとんど毎日ケーブルカーを使わないで山頂の神社にお参りに通っているという方々がテレビで紹介されていましたが・・・やはり目的は神社そのものよりも過程なのかな・・・

だから修験道でも(高尾山も修験道の山ですが)歩き回ることが大切にされている???



20:20 コバルト
 漫画の赤木でいう完成=死みたいな感じですかね。



20:25 虚空
 赤木が安楽死を選んだというところの周囲との温度差には考えさせられるものがありますよね。
記憶を失ってでもいいから生き続けてほしいという周囲と、それでは自分が自分として生きていることにならないというのと・・。

難しい問題です。
「自分」へのこだわり・・・それを捨てる意味・・・もしかしたら捨てる事で縛りから解放されて、ということがある、と頭では分かっていて、人にはそう勧めても、さて自分のこととなったときに、本当にそうできるか????

「咲 阿知賀編」でもドラ(?)が捨てられないキャラが最終局面で捨てて、なんていう場面があったけど・・・・



2019.06.07 金曜日
05:51 虚空 このような画像とともにダンデリオンツイッターに更新されていた文が、昨日の話の流れに関係が深そうです。

画像
05:53虚空
 お話 ⇒ 原文・だいたいの意味内容の順に紹介します。そのあとにはリツイートの記事も・・・
【お話】
ここも雄大なスケールを感じさせるところでとても好きなくだりでした。もちろん、短い命の存在たちも精一杯、生命を燃焼させているのですから、それだけで優劣を付けられるものではないことは、荘子だってわかりきっていることでしょう。

前に「老子」を読みながらも思ったのですが、二千年以上も前の時代であっても、現代と同様の成果主義はあったのだと思います。

それも可及的(かきゅうてき)速(すみ)やかに結果を出すことを強要されるような。
そのような短気で視野の狭い風潮に対しての反骨精神が、こうした文章に表れているのでしょう。
すぐには結果が出なくとも、また自分が生きている間には成し遂げられなくても、もっともっと長く大きなスケールで物事を構想し、のちの時代の人々へも引き継ぎながら進めていくべきことを、主張している気がします。

また、こうも考えられます。
地球上のあらゆる領域や歴史や季節などの情報を入手でき、宇宙の果てについても膨大な量の知識を得ることができる今日でも、そうした「量」とは無関係に、何か本質的な別ものがあることに、私たちはまだ気がついていないかもしれません。

短命な存在を憐れんでいる私たち自身が、その背後から誰かに哀れまれているかもしれません。
私たちこそセミのようなものとして、別の世界、別の宇宙にも、思いをはせてみるべきかも。


(荘子 逍遥遊篇第一―2)
小知は大知に及ばず、小年は大年に及ばず。
朝(ちょう)菌(きん)は晦朔(かいさく)を知らず、恵蛄(けいこ)は春秋を知らず。
此れ小年なり。
楚の南に冥(めい)霊(れい)なる者あり、
五百歳を以て春と為し五百歳を以て秋と為す。
上古に大椿(おおつばき)あり、
八千歳を以て春と為し八千歳を秋と為す。
これ大年なり。

【大体の意味内容】
視野の狭い知恵は、視野の広い知恵に適わない。
短小な時間意識では、長大な時間意識で思考することができない。
たとえて言うならば、「朝(ちょう)菌(きん)」は、朝から暮れまでの命で、夜や明け方を知らない。
蝉(せみ)は夏だけの命で、秋、冬、春を知らない。
つまり自分が生活している以外の時間世界を知らないままである。
これが小年である。
楚の国の南方に冥(めい)霊(れい)という木がある。五百年間が、生長繁茂する春で、五百年間が落葉の秋である。
大昔には大椿(おおつばき)があった。
八千年間をもって春となし、八千年間を秋とした。
これが大年である。


☆駿煌会さんが学修塾ダンデリオンをリツイートしました
上原輝男先生が生きておられた時の最後の夏合宿の授業検討の中で「木の寿命」について先生が語られていたのを思い出しました。同時に「夜のくすのき」や、私個人が勤務した分校が廃校になる際に小3に行った最終授業で「すずかけ写真館」をした時などのことも。
生命の大きな流れに乗りたいものです

10:11 コバルト
 またダイレクトな内容ですね。
永遠は時間の長さではなく、在るとすれば一瞬(刹那)の中にある。
そう考えると「一生懸命」という言葉より「一瞬懸命」の方がしっくり感じます。
誰だってずっとは頑張れない、でも一瞬だけだったらなんとか頑張れる、そして一瞬を積み重ねればやがてそれが一生懸命になっているように。



14:22 虚空
 確認なんですけど、この「一瞬懸命」って言葉はコバルトブルー君の造語ですか?それとも誰かが言っていた言葉ですか?



16:44 コバルト 
思いつきです。
調べたら同じ言葉を先に使っている人がいました。https://www.mag2.com/p/news/298078


16:57 虚空
人をハッとさせるような言語感覚があるということですね!
高校時代のヒマワリフクロウさんのエピソードでいえば「微分的人生観」と「積分的人生観」の重ね合わせかな。

どっちも大事だけど、現代人は「積分的」な方をつい忘れがち・・・私も自分のこととなるとそうです。



18:12 ヒマワリ
一瞬懸命いい言葉だね!
でも実際そうだよね、一瞬でもキラッとする瞬間があればいいんだと思うし。
私が言い出した微分・積分なんだけど、自分でもざっくりした記憶しかなくて実際あんま覚えてないんだよね(笑)
今の教育とかも、微分的にしか見てないってことでええんかな?
英語漬け教育とかもさ。
PR