忍者ブログ

☆「学校」と「おうち・ふるさと」意識…ラインやりとり(2019,12月)

2019.12.15 日曜日
19:18 虚空 
ツイッターでNanba先生のこの記事に関してリツイートした文章です
:::::::::::::::::::
この学校、近いうちに統廃合される予定です。信じられません。 https://twitter.com/stoyofuku/status/1205991577815900160
午後7:11 · 2019年12月15日·Twitter Web App
:::::::::::::::::::::::::
⇒私も長い歴史のあった分校が廃校になる最後の1年間勤務した経験がありますが、特に地元密着、祖父母も通っていた等々の公立学校ほど単なる「教育機関」などではない存在だと感じています。

「おうち」「ふるさと」意識そのものの場。


通える建物があればどこでもいいというわけではありません。(虚空)


2019.12.16 月曜日
08:44 コバルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191215-00000019-mai-soci
 学校問題とこの記事の問題が似ている気がします。
茨城都民と言われるつくば市ですが、利便性や条件の良さから集まって来たようなもの。
そんなのただ金を持っていると言うだけで好きでもない人と結婚するような感覚ですよね。
この地域社会問題と学校教育は健やかな賢い人間ではなく得た知識を相転移したズルい人間ばかり量産しているよう気がします。

09:19 虚空 

「学校」や「地域」が「自分達をはぐくんでいる場所」という意識などはあろうはずもなく、「おうち」「ふるさと」なんていう意識が持てない・・・・というか、そういう意識が喪失した大人と子供の集まり。

それは子ども達にとってはとっても不幸な事だったのですが、それで成長が歪んだ子ども達が多いことが、また学校の攻撃材料になるという負の連鎖。


2019.12.17 火曜日
08:09 虚空 

いじめ関連の記事に対してリツイートした文です。
以前コバルト君が提示してくれた「いじめアンケート」のことも思い出しますね・・・・
::::::::::::::::::::::::::
2019/12/15
私も今朝ネットでみて驚きました。
いじめられている子どもにとってとんでもない行為です。

ちなみに私も幼い頃にクラスの優等生たちにいじめられていましたが、告げ口に対しての報復が怖くて担任にも誰にも相談できない日々でした。相談しても解決するとは思っていませんでしたし・・・(虚空)


引用ツイート
Norio Nakatsuji
絶句!こんな行為、対応の安直さ。学校の教育現場は、どうなってしまったのか?こんな状況を体験した本人だけでなく、それを見て「学習」した子供達が大人と社会とどんな処世術を考えるか悲しく恐ろしい。『いじめを訴える文章、そのまま教室に掲示 栃木の小学校:朝日新聞』 https://asahi.com/articles/ASMD46V8RMD4UUHB01N.html
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
駿煌会  12月16日
@syunkoukai
朝日新聞のサイトに今日付けの続報がありましたね。こういう対応しか出来ない人間がどうして教育の道に進もうと思ったのか、不思議です。
勿論完璧な人間などはいないにしても、この先生の言動は最低ラインをとんでもなく下回っていますね。まだまだいるんだろうな…(虚空)

https://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASMDG62GZMDGUUHB00G.html
::::::::::::::::::::::::::::::::::

駿煌会 12月16日
@syunkoukai
·
12月16日
朝日新聞サイトの過去の記事の中にこういうのもありました。
「学校に言わないでって言ったでしょ」 命絶った息子
https://asahi.com/articles/ASK4N4T86K4NUUPI00D.html?ref=goonews
昨日私も書きましたが、本当にいじめられている子どもにとっては、親や学校に相談というのはある意味で命がけなんです。

「学校に言わないでって言ったでしょ」 命絶った息子:朝日新聞デジタル
■小さないのち 大切な君 「同級生にからかわれ、先生に言っても直らない。学校に行きたくない」。2014年9月。仙台市内の中学1年の息子(当時12)が単身赴任中の父親(49)に泣きながら電話をかけてきた…
asahi.com

⇒「すぐに相談しなさい」とか「安易なアンケート」で解決できるくらいなら悩みません。
「チクったな」ということの報復は大変な恐怖。
ましてや現代っ子にとってはネット社会特有の深刻な状況・・・自分達の幼少期の基準で
簡単に考えては絶対になりません!!!
子どもの世界を先ず知る努力!(虚空)
08:58 コバルト
https://jijinews-kihon.com/mura-hachibu/

08:59 コバルト 記事の中から引用
共同体意識無き現代の日本社会
「村社会」、ひいては「家」という共同体すらも崩壊してきた現代の日本社会では、「国」以外に個人が属する共同体が無くなってしまったのかもしれません。
そんな中、最近になって共同体の役割を担い始めたのが「ネット社会」だと感じます。
集団との繋がりを感じられる存在という視点から考えると、ネット社会が共同体といっても過言ではないと思うのです。



09:06 虚空
村八分の場合は記事の中でもふれられているように、みんなで協力しあうことを拒絶した場合にそれなりの制裁をという意味合いがあったと思います。

ただ、現代社会では「他人は自分のために何かしてほしい」 でも 「自分は誰かのためになどやりたくない」式の身勝手な発想が「個人の自由の尊重」の名のもとに堂々と理屈づけされていますよね。

のんびりした生活にあこがれて田舎暮らしをはじめた都会人が最初にぶつかる壁がそういったものだということもよく話題になりますが、みんなに助けてもらえる地域社会とは、すなわち自分も誰かを助ける社会。

お互い様

それがIZ小の「他人を先 自分は後」等々にもあらわれていたんだと思います。

現代社会の私刑まがいの行為は、単なる我が侭を通したい・ストレス解消をするため・・・・そういった非常に低俗な発想がまかり通っているどうしようもない風潮です。

09:59 コバルト
一人はみんなのために、みんなは一人のために。
誰にも関与されたくない自由気ままのくらしとは相容れないですね。
仙人になるか王国を創るしかない。

10:00 虚空
例えば山奥暮らしの仙人だって、広い意味では大自然と和合しないと生きていけない。
何とも関りをもたずに勝手気ままな生活をしようというのはとんでもない幻想。

11:38 コバルト
自分の感性に風見鶏を置くか置かないかで、見失わない健やかな自分を維持できるのかと。
自分の感性を固執させて決めつけてしまうと、常に動き続ける世の中に対応できず目が回ってしまう。
目が回ってしまうということは世間の動きに感覚が追いついていないと言うこと。
車酔いなんかもそうで、本を読んだりしたら気持ち悪くなるのと一緒、異世界同士の混濁は気持ち悪くなる。
こういう時はかけ算(回転)ではなく足し算(和)が有効なのかな。



12:11 虚空
時と場合によりけりですね、何事も。
「・・・でなければならない」と固定化させると、どんなに素晴らしいことでも裏目になるというのは多々ありますよね


14:17 ソルティ
コバルト君の 連歌。 風見鶏という言葉と 縦横無尽という言葉が好きだな。すごい発想だなぁと思った。
私の場合、まちがいなく 目がまわってしまいヘタっている 風見鶏だけど。
「 吹き荒れる 風に目が舞う 風見鶏 」って感じ。
15:37 コバルト
風見鶏をよく見れば分かると思うのですが、鳥は風に体を正面に向けているんですね。
逆に風に背を向けたモノだったらかなり意味合いが変わってきますよね、あっちこっち都合がいい方にコロコロ行きそうな感じがする。

17:01 虚空
風の吹いていく行く末よりも、風の起きている発生源(根元)に目を向けている・・・という見方からすれば、世間的な意味とは違ってきますね。

17:05 コバルト
なるほど根本に向かっての予感や気配を察しているような感じ。

19:09 ソルティ 風見鶏 → コバルト「 鳥は風に体を正面に向けているんですね。」
。。。 どういうからくりになっているのか?なんて考えたこともなかったな。

風でくるくる回転して かわいいイメージだったけど、 雄々しいイメージになった。 だけど 何でにわとりなんだろう? 鷲とかタカだったら少しイメージ変わったかも?

つけたし 昔のフォークソング 「 恋するニワトリ 」 。私の風見鶏のイメージはここから来ていると思う。
https://www.youtube.com/watch?v=UBh9Eh91oAQ



21:00 コバルト
どうやら雄の鶏の警戒心の強さ、察知能力の高さから鶏になったようですね。
イメージ的にもののけ姫のアシタカの獅子神や祟り神など察知する能力に近い感じがします。
アシタカが高台に乗って祟り神を察知するシーンは正に風見鶏そのもの。

22:02 虚空
歌詞の内容はまったく覚えていないものの、この歌の「コココーコ・・・恋は恋」だけは頭に残っていますね。

2019.12.21 土曜日
13:33 コバルト
ニワトリとスカラベ(フンコロガシ)のクロスオーバー


14:38 虚空
古代エジプト信仰にまで飛びましたか!


15:31 コバルト
ナイル川が氾濫した後に一番先に土から這い出るのがスカラベ(フンコロガシ)
ちなみに太陽、月また天の川さえも道しるべにしてエサを巣に運ぶらしい。
夜明けを直ぐに察知して朝を知らせるニワトリがつながりました。
日本神話(ニワトリ)とエジプト信仰(スカラベ)どちらも太陽神を呼び起こす神の使いでもある。


15:33 虚空
スカラベなんていうのは、まさに類化性能の極致ですよね。


19:28 ソルティ
いや~~~っ 想像しただけでかわいい!

フンコロガシが 月見て 太陽みて 天の川みて え~っと こっちだな。と ふんを転がしているところを想像するだけでハッピーになれる。 
地図をみても行きたい場所にたどり着けないワタシとえらい違いだ。
PR