忍者ブログ

☆「自然(じねん)」についてのやりとり ライン版

☆2019年 2月1日 金
13:35 コバルト
自然ってちゃんと(じねん)で変換されるんですね。
自然(じねん)という呼び方にはちょっと衝撃を受けました。
人間同士でさえも人種、身分、職業でもかなり分けてしまっていますから。
実際すべての人間社会としては繋がりがあって恩恵を受けているのに、差別している部分はある。
まして自然との関係性なんて余計戸惑うものだとおもいますね。

また桜井章一の話になってしまいますが、オススメはしていませんでしたが、桜井章一は太陽を肉眼で見ることができるようです。
それは自身と太陽をわけすぎているからであって、太陽と同化してしまえば、眩しいとは感じないようです。
(肉眼で太陽を見ていると緑色に輝きだすというのも気になりますけど)
心頭滅却すれば火もまた涼しみたいなことわざがありましたけど、それと似ていますかね。
あと裏と表で分かりやすいのが、綺麗なお金と汚いお金ですかね。
それをお金はお金だと言ってしまえばそれまでの話でしょうけど。
17:24 虚空
よく「自然にやさしい(地球にやさしい)」という言葉は人間の傲慢だ、という意見もありますね。
聖書における「万物の霊長」・・・神によって託された存在・・・という意味も人間の都合のいいように解釈されているといういう意見も。
*素人が太陽に挑んだら危険ですね!
21:22コバルト
陽射しでさえも十分眩しいのに直視で太陽は流石に見てみようとは思いません(笑)
自分達だけの住みやすさ、や意心地のよさなど生活範囲内での都合だけですからね。
自然が破壊されて、わー大変だ、と他人事みたいに受けとる感覚では、まだ自然を別ものとして置いている節がありますからね。
自分もそうですが、実際報道とか見てもまったく身近に感じられない部分が大半です。
21:24虚空
それが「自然」というのが人間と離れた感覚でとらえることのできる、ある種便利な言葉ということなのかもしれないですね。
論評みたいに言える。自分も責任の一端を担っていると感じなくてすむような
21:25虚空
現在 諷虹宅で 難波先生の第三項の話からかなり飛躍してアニメ談義になっています
⇒別記
21:58コバルト
感覚(自然)を広げると感じたくない事まで感じる事になりますからね。
大人になるにつれて、だんだんと感覚を閉ざしていった気がします。
感じない(シャットダウン)というのも、一種の自己防衛本能なんでしょうけど、鈍感になっていってしまいますからね。
22:03虚空
さきほどのやりとりで出てきた諷虹発言の一部です。
:::::::::::::::::
諷虹 特異点的なことだと、意図的に無視というか気にしようとしないことがあるんですよね。「黒歴史」にしてしまう。設定の積み重ねをないことにしてしまう・・・そういうファン心理が働くこともあるんですよね。
公式が追加した要素であっても受け入れない・・・スルーしちゃう。
それでいつのまにか公式でもないことになってしまう。
2019.02.02 土曜日
15:20 ソルティ
こんにちは~。コバルトブルー君の「桜井章一は太陽を肉眼で見ることができるようで」 
実は以前やったことがある。ガンガンの太陽じゃあなかったような記憶があるけど、直視してみたことがある。(サングラスごしだったかな?ちょっと忘れた?(バカとしかいいようがない行為だが。。。)太陽自体は銀色に変化していき、周りの空の色は濃紺から~ピンクになるんだよね。ディズ二―のシンデレラのお洋服がピンク・ブルー・ピンク・ブルーって変化させられるのって、ここからきてるのかな?と思ったりした。
そして、地上に 目を戻すと、きれいな黄緑色の〇が目の前に現れるけど そのうち消える。私は目に奇形があるので、きれいな丸がみえるんじゃあなくて、三つくらいにわかれた小さな〇みたいな形なんだけど、その形の黄緑のまる。だから 桜井さんの話は嘘じゃないと思う。やっぱりおすすめはしませんけど。 そういえばそれが原因で視力が落ちた可能性がなくはないかな?
外国の人で、じっと太陽をみて、そこからエネルギーをもらっているとかいう お兄さんをTVでみたことがある。栄養ははちみつだけらしい。 へ~~~~っ って感じだけど。真実かどうかはわからない。
森 ほにゃららさんという人は、青汁だけを飲んでもう何年も生きているらしい。1リットルの涙?でしたっけという映画になった 難病にかかっていたことがあって、甲田式?だっけかな?その先生のもとで指導をうけて蘇ったらしい。 まあそういった不思議な世界はあるのだろうな~と思うが。。。?
上原先生が蘇ったことだって 不思議だもの、まあそういうこともあるんだろうと思う。
https://ja.wikipedia.org/wiki/森美千代
15:58 コバルト ノルウェーについてのサイト紹介
https://www.visitfinland.com/ja/kiji/finrandowo-sukininaru-riyuu/
ライバルがいないほどクリエイティブな人々が沢山暮らす国で、幸福度が世界一みたいです。
国の7割が大自然と白夜、オーロラなど超自然の中で暮らす人々が創り出す世界は別格のようです。
北極圏(死の世界)にあるノルウェー、現実空間が閉ざされて、そこから生まれるものには興味があります。
2019.02.03 日曜日
00:07 虚空
気候風土が国民性などに与える影響って大きいでしょうね。だからある国のあたりまえは他の国でもあたりまえとは限らない
あのイギリス留学の男もそれを痛感したのが最大の意義だったのかも・・・
⇒留学体験に関する体験談ブログ http://syunkoukai.edoblog.net/Entry/144/
「自然(じねん)」がどういったことを具体的に意味するのかという問題も当然いろいろとあるでしょうね。
PR