忍者ブログ

☆タイ「ウルトラマン と 仏教」の絵画賛否問題について

コバルトブルー君が紹介してくれたネットニュースからのやりとりです。


宗教に関する感覚には国によっても大きな違いがあるので・・・特に宗教に寛容な傾向のある日本人の尺度をそのまま持ち込めないとは思いますが・・・もともとウルトラマンは呪術的な存在として発想されたものであるということは確認しておきたいところです。


上原輝男先生の愛弟子である金城哲夫氏が、民俗学(折口学)の「まれびと論」(来訪神)ということだったわけですから。


短いやりとりですが、「ジャータカ物語」や「チベット仏教」の父母仏立像(合体仏)についても言及しています。



2019.09.14 土曜日
06:02 コバルト https://www.jiji.com/jc/article?k=2019091200683&g=int
(これとは違う絵での同じ記事  https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/09/post-12990.php)
(ニュース動画 https://www.youtube.com/watch?v=Eu9KsfcwY94
06:09 コバルト
この仏陀とウルトラマンを結びつけた女子大生は天才ですね。
衝撃を受けましたした。

06:55 虚空
知っているかもしれないけど、ウルトラマンの生みの親である金城哲夫さんは、ウルトラマンが古代にも地球を救うためにやってきて、ある種の「神」として信仰を受けていた、という位置づけをしています。

そのことが端的に表れているエピソードが 第七話 バラージの青い石 脚本 金城哲夫 他です。
粗筋がわかるもの
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13147612748?__ysp=44OQ44Op4oCV44K444Gu6Z2S44GE55%2Bz

ウルトラマンが神として祭られているシーンの画像
https://pbs.twimg.com/media/DwClv2gU8Acmnhj.jpg


07:03 虚空
仏教的にいうと、少し前のラインでもやりとりがあったジャータカ物語。
菩薩が悟りを開いて釈迦になるために様々な存在に輪廻転生するインドに伝わる仏教説話です
http://tobifudo.jp/newmon/jinbutu/jataka.html

::::::::::::::::::::::::::
(転載) 色々なものに輪廻転生
輪廻転生をくり返す中で、お釈迦様は人間ばかりではなく、いろいろな動物や鬼神などにも生まれ変わりました。
例えば人間ならば、国王・大臣・長者・バラモン僧・商人・盗賊など、動物ならば象・鹿・猿・兎・鳩・孔雀・魚などです。
:::::::::::::::::::::::::::::::::

虚空
この作品を仏教を冒とくするものというならば、ジャータカ物語などは最も非難されるべきものということになってしまいますよね。
(これらの絵画が面白おかしくいかにも仏様やウルトラマンをおちょくっているようなものだったとしたら話は別ですが)
信仰の世界って理屈ではないから難しい問題もありますが・・・・日本はかなり寛容な国。
それこそヘビの姿をした神仏像や、道祖神などのようなすごい神様もお祭りしていますからね
参考
道祖神 普通の石像もありますが・・・・そうでなものもかなりあります
https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RimVvSEnxdJjAA_AiU3uV7?p=%E9%81%93%E7%A5%96%E7%A5%9E%E3%80%80%E6%80%A7%E5%99%A8&aq=-1&oq=&ei=UTF-8


こうした生命の象徴としての信仰は、もちろん日本だけのものではありません。

しばらく前に上野の森美術館で開催された「チベット仏教展」にいくつか展示されていた「父母仏立像」(合体仏)のような仏像もあります。

参考サイト
https://www.abaxjp.com/tibet-buddha/tibet-buddha.html
PR