忍者ブログ

☆共振・共鳴からみた「語彙」の意義③  再び「コンステレーション」という発想

22:08 諷虹
今バイトが終わって駐車場でざーっと流し読みした感想ですが
「座標」「立ち位置」等がダンデリオンさんの「コンステレーション」のあの話で結び付くのかなーって思いました
22:08 ヒマワリ
こんすてれーしょん!? なに?いつの話それ?
22:10 コバルト
定義からのやつだよ!
22:21 ヒマワリ
ほ?ん、バタフライエフェクトな感じだね
22:24 コバルト
https://youtu.be/o16BE938QC8
22:24 虚空
前にやりとりしたブログ記事です
http://syunkoukai.edoblog.net/Entry/201/
::::::::::::::::::::
20:26 ヒマワリ
ダンデリオンさん記事読みました!
(最近この「ダンデリオン」とゆう単語を言いたいだけでわざわざ打つところありますw
耳心地が良いとゆうか口が言いたくなる言葉なのかw)
たしかにバタフライエフェクトの根底にあるものですね。
:::::::::::::::::::::::::
という言葉も残っています
22:25 ヒマワリ
笑  おんなじこと言うてて忘れとるwww
22:28 虚空
それだけ駿煌会でのやりとりは既成の知識でしゃべっているのではないということなのかも。
内側からポッと出てきている言葉とか、あちらの世界からの信号を感じ取っての発言なんでしょうね。(私もそうですよ。ブログ更新の作業で こんなこと言ってたんだ なんてね。まだ数時間しかたっていなくても。ましてや過去に書いた文を読み返すとね)
やっぱり早く過去のブログとかを整理した一覧とか目録のようなものをホームページの方に作らないとですね・・・。
自分達が振り返って、さらに交通整理を進め、それを足掛かりに前進するためにもね
22:30 ヒマワリ
バスケ覚えたての桜木花道状態とゆう言い訳。
別に花道、バスケ忘れてないけど。笑
これでもうコンステレーションは忘れないな。
循環したから(笑)
らせんらせ?ん
22:32 諷虹
ばらばらに思える一つ一つの要素を「座標」に配置して、自分の「立ち位置」との「コンステレーション」を俯瞰視点で捉え、交通整理することによって何かを発見できる。
そしてその発見によって得た小さな気づきが「バタフライ効果」でどんどん大きく、増幅し「振幅」となる。
その振幅が重なり合って「混沌」が生まれ、また新たな要素が見つかる・・・という「循環」が起きる
こんな感じでしょうか?
22:35 虚空
バイト終了直後にザっとこんな長いやりとりを、これだけ短時間に整理してくれて・・・まさに交通整理をしていただけた感覚です。
人間って夢中になったり、一心不乱で自分という意識がなくなって「器化」すればするほど、超越的な世界から言葉が飛び込んできて内面と共鳴しあっての発言になるのかもね・・・
極端に言えば神のお告げを伝える巫女さんとかの状態・・・神が離れると自分が何を言ったか覚えていない・・・そんな状態に駿煌会メンバーが近づいていたりして(笑)
22:35 ヒマワリ
ほぉぉぉぉ?、すごいわ?。
22:43 諷虹
「定義付け」も絡めると、ふわふわとしている状態の物に名前を付けて「定義」すること(器化・型・集合)と、座標に配置することは似ているような気がします
きちっとした線引き、境界を作ることで「これもそう、あれもそう、でもこれはちょっと違う」といった交通整理がしやすくなる。抽象・具象・論理的な操作・・・等やはりここでも数学が大きな武器になるのかもしれませんね
22:48 虚空
ゆうべの「運」の書物であったような(コバルト邸でのやりとり最中に紹介されていた本のこと)「運命決定論を超越するような運命論」で「感覚」が強調されていたのも・・・そうした神々を憑依させる巫女状態ということに絡んでくるのかもしれません。筆者はそういう風には考えていないかもしれませんが。
「自分」っていう意識を捨てるということも何度もここで話題になっていますが、これまでの人生で出来上がってきた「今の自分」がもうこれからは変わらない固定化されたものだとして、器化ではなくて固体化させてしまったら、何も新たなものとかは流れ込んでこないですよね。(外部からくるのではなく無意識世界から湧き上がってくるにしても)
と、書いたところで諷虹君の書き込みが飛び込んできたのですが、ふわふわしているままだと実態がつかめないから、とにかく何らかの足掛かりというか何らかの位置につける。
でもそれは完成されたものでも、もうそれで完全に固定化されたものでもない。ましてや自分や周囲を縛るものでもない。
まさに「位置について~ヨーイ♪」という うまぴょい伝説 のノリで先に突き進むための定義づけ
22:49 虚空
うまぴょい伝説 あのウマ娘最終回のEDに流れたものです。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm31496320
22:51 諷虹
今、「守破離」の記事を読みましたがまさにこれ!って感じのしっくり感ですね
ふわふわ状態を言葉にする・定義することで「型」が生まれる
型ができるから型を破れる。逆に言えばふわふわ状態では「破」が起きないってことなのかなって思います
22:53 虚空
うまぴょい伝説、何だかんだと歌詞が入り乱れていますが、到達地点は「虹のかなた」なんですよね。
歌詞の中身が聞き取れなくても、この歌の持つノリの勢い・・・アンツィオ高校のウマ娘版であるかのような。
きちんと「型」が会得できるからこそ、それをしっかりとした足場としてビシッとダッシュできる、そんなイメージがこの歌を聴いていると歌詞の意味からではなく、雰囲気で伝わってくるように自分には感じられます。
23:04 諷虹
ウマ娘で言うとエルコンドルパサーやグラスワンダーのように背後でぴったりくっついて、自分と相手とゴールのコンステレーションからダッシュのタイミング・旬な瞬間を見極める・・・って感じでしょうか
ここでの相手っていうのは有力な馬、ノリに乗っている馬です。それにぴったりくっつくことでその馬と共鳴し力が発揮されるのではないかなと。テイエムオペラオーが「マークする相手間違えた~」っていうシーンもスペシャルウィークの不調に共鳴してしまった・・・なんて見方もできるのではないでしょうか
23:11 虚空
まさにそうなのかもしれませんね。
フト思い出したのが桜木花道です。県内トップクラスが相手の時には超越的な力を発揮でいていたのが、海南大戦で宮益をぶつけられてそれこそフワフワというか骨抜きにされてしまったあの場面
23:15 ヒマワリ
共鳴って類は友を呼ぶっつーとこにも関わってるんだろうなー。
引き寄せの法則ってゆーやつ?
23:24 虚空
それは当然あるでしょうね。良くも悪くも。
もっとも見方によっては悪いことを引き寄せることも、それは自業自得ということではなくて、真の世界に自ら目覚めるために、自らの無意識がひきよせているんだ、という解釈もあるようです。
また別の見方では・・・丹波哲郎さんがかつて盛んにいっていたことですが・・・一般的な善悪とは違って個々人にとって波長が合う世界を自ら選んでいるんだと。それは好きなチャンネルにあわせて、他人がどうこう言おうと好きな番組をみているのと同じように。
人間からすれば汚い糞であってもそれを食べ物としている生き物にとってはご馳走に囲まれているのとも同じように。
だから地獄も落とされるというよりは、天国のような清らかな光に包まれた世界はまぶしすぎて居心地が悪いから自ら避けるのだと・・・
23:25 ヒマワリ
良くも悪くも、共鳴することで、振幅が変わってくるとゆうのか。
今日1日交通整理されたラインを、また頭の中で整理。
23:26 ヒマワリ
ここまで打ったとこで先生からのライン来たが、冒頭部分が被ってしまった(moon amused)
どうしても自分にとって都合のいい人がいい人。な世界だもんね
23:47 虚空
自分にとって役に立たない人間は邪魔者・用済み・ポイ捨ての対象 というのが「上手な生き方」と本気で思っているような人間がどんどん増えているようでコワイです。
まあ嘆いてもどうにもならない部分はありますが・・・せめて自分はいつの間にかそうなっていないかのセルフチェックを怠らないようにしないとね
PR