忍者ブログ

☆2018.11.19ラインやりとり 「母性」「菩薩」「ニューハーフ」

08:58 コバルト 
いま聖母について考察しているのですが、どうやら聖母は自分の外側もそうかもしれませんが、どうやら内側にも内包しているものじゃないかと感じています。
日本神話でかんがえると一〇〇〇人殺されたら一五〇〇人産みましょう、細胞で考えるても同じことで、破壊が起きたらその分かそれ以上を再構築していく。
もし突然の憎しみ怒り憎悪(まどマギ彗星のシーン)が襲ってきたとき、蝕んで消失していってしまっていく場合、再構築の変速機をあげて行けば最後はなにか神聖なモノがのこるんじゃないかと思いました。」
09:15 コバルト
もし2000人殺されたら3000人産めばいい!ってな感じでどんどんステップアップしていけば!やがてそれが宇宙になっていく!(フェボナッチ数列?)
もっと言うとマリア像を見てみて、そのマリア様がどんな表情をしているか自分自身が読み取れるかなんですよね。
もし自分の中の聖母(マリア様)が存在が弱かったたりしたら再構築速度が追いつかずやがて形が整えられなくなってしまうんでしょう!
12:29 コバルト
あとタイでニューハーフの身分が異様に高いと聞きます(日本でいうマツコ・デラックス)
きっとこれは母性への覚醒なんだと思います。(これは菩薩?
ネット引用【菩薩】
1.仏の次の位のもの。みずから菩提(ぼだい)を求める一方、衆生(しゅじょう)を導き、仏道を成就させようとする行者(ぎょうじゃ)。菩提薩?(ぼだいさった)。?「外面如―(げめんにょぼさつ)内心如夜叉(ないしんにょやしゃ)」(女性の、見た所は菩薩のようにやさしいが、その心は鬼のようにむごいこと))
重要なのはこれはただ性別の不一致という違和感ではないという事です。
それマツコ・デラックスは女の人も好きだと公言しています。
12:42 コバルト
よくニューハーフが、女の子より女の子とよく言われるのはそう言う事なのかな?
15:05 虚空
美味しんぼにそんなエピソードがあったように思います。
男に負けないと頑張っている寿司職人に対して、歌舞伎の女形の方が諭すエピソード。
それにしても・・・聖母の考察の中に「数列」が飛び出して、それによって意識が宇宙にまで飛んでいくというのは・・・あの英才児たちに、読んでもらって意見を聞いてみたらきっともりあがりそう・・・。
常識とか一般的な知識に凝り固まってしまっている大人たちも今風に保守的な若者たちも本来内側にある自分との対話を復活させると、いくらでも未知の自分との出会いができるんでしょうにね。
16:46 虚空
ネットでさきほどの美味しんぼ(第44話 女の華)を検索していたら
「占星学と心の探求 占星学の心理的・エネルギー的・構造的視点」というサイトでも取り上げられていました。
PR