忍者ブログ

☆「真の勝ち負け」① 「学修塾ダンデリオン」ツイッター記事からのラインやりとり

まずはいつものようにツイッター記事の転載です(3月11日 分)

(老子道徳経69)
兵を用うるに言えること有り。
吾れ敢えて主と為らずして客と為れ、敢えて寸を進まずして尺を退けと。
是を、行くに道無く、攘(はら)うに臂(うで)無く、執るに兵無く、引くに敵無しと謂う。
禍(わざわ)いは敵を軽んずるより大なるは莫(な)し。
敵を軽んずれば、幾(ほと)んど吾が宝を喪わん。
故に兵を抗(あ)げて相い如(し)けば、哀しむ者勝つ。


【大体の意味内容】
用兵の極意として次のようなことが言える。
「わが軍は攻勢に出ることなく、あえて受け身で防戦に徹せよ。
わずかな進撃をするよりも大きく逃げろ。」と。
このことを、「道行(みちゆき)に道無く、腕まくりに腕無く、武力行使に武器無く、陽動するにも敵が不在」というのである。
つまり、行軍するためには道が必要だがそれがないから進むことができない。
そもそも腕がなければ「腕まくり」はできないし、武器がなければ武力を発揮することなどできるわけがない。
わざと嘘の行動を見せつけて相手をだます「陽動作戦」を行っても、その敵がいなくなっていたら全く間抜けな場面になってしまう。
要するに戦争を実施するために必要な最低条件を、相手に与えてやらないことが、勝てないとしても決して負けないための最上の策なのである。
敵をバカにすることから招いてしまう禍(わざわい)ほど、大きな災難はほかにない。
敵を侮(あなど)れば、私の宝、すなわち「慈(じ)・倹(けん)・後(ご)」の三宝は失われてしまうであろう。
だから戦場に布陣して、互いに互角の兵力であったなら、慈(いつく)しみの心を以て、その殺し合いのめぐりあわせ(コンステレーション)を哀(かな)しむ者のほうが、結局は勝つのである。


【お話】
かつて「大東流合気柔術」という古武術を学んでいたことがあります。
身体の力を抜いて相手の力を利用し、攻撃してくる相手を投げたり、掌(てのひら)で触れるだけで相手の全身を硬直させ動けなくしたり、そんな魔法の様な技をいくつも映画や動画で見ていましたが、自分で体感するまでは信じる気になれませんでした。

それで入門してみたのですが、「触れられるだけで全身硬直」の様な魔法は、結局体験できなかったので、今でもすべての技を信用してはいません。

ですが、「なるほど、すごいなあ」と納得できる技もいくつかあったのは事実です。
この武術の極意は「力を抜く」ということです。
これが実に難しい、抜いたつもりでもどこかに力が入ってしまっているので、本当には抜けきらない。


私はとにかく実感したかったので、先生に攻撃する役の時は、本当に本気の力でねじ伏せようと攻撃しました。
先生の腕をつかんで骨をへし折ろうとしたり、腰をつかんで投げ飛ばそうとしたり… すると驚いたことに、確かに自分の体が飛んでしまいました。
つかんだ時には鉄棒や木の幹だったものが、それを破壊しようとした瞬間に、タオルになってしまった様な感じで、勢い余ってつんのめり、本当に体が吹っ飛んでしまうのです。
「あなたが遠慮せずに本気を出してくれるから、かえって技がよくかかるんですよ」と言われました。


ほかのお弟子さんたちは、相手に、特に先生には遠慮して本気モードにはならないから、形だけの稽古(けいこ)で投げたり投げられたりして、今一つお互いに実感できないし、技が深化しないとのことでした。
「子どもや女性のような、力のない相手に攻撃されても技はかかりません。かかる必要のない相手には、かからないのです。」
 なんという紳士的で、優しい武術なのでしょう。

空手や柔道なら、強いものが弱いものを痛めつけることも可能ですが、この合気柔術の場合は、強くて凶暴な相手ほどよく技がかかり、柔弱な人ほど、通用しないというのです。
 だから私も、稽古の相手には「全力でお願いします。技がかかっていない場合は、投げられないでください」とお願いしました。


本当に力を抜くとは、一時的に死体になるのと同じです。
新米の山岳救助隊員が、重傷の人を背負って歩いている最中に、背中の人が死んでしまったら、その瞬間にものすごい重量を受けて転んでしまうそうです。

それと同じ技が、合気柔術にもあります。敵に抱えあげられても、全身脱力してしまうことで、相手を押しつぶしてしまうのです。


このように、「心身脱落(しんじんとつらく)、脱落心身(とつらくしんじん)」の極意(ごくい)を、戦争にまで応用したのが、老子の兵法なのでしょう。


相手の陣が鉄壁だと思って全力で突進したところ、突っ込んだ瞬間に布切れになってしまったらつんのめってしまうでしょうし、ましてや戦う前から実は逃げられてもぬけの殻だったりしたら、気も抜けてしまうでしょう。
巧妙に、相手に戦意を喪失(そうしつ)させてしまう。
それによって敵味方双方の犠牲を出さない。


実に素晴らしい勝ち方です
PR

☆鯰絵にみる江戸人の意識の転換能力  東日本大震災に寄せて

東日本大震災8年目ということで2019年3月11日・12日に行われたラインやりとりです。
安政大地震後に江戸の町に大流行したという「鯰絵」。
ネット検索や関連サイトも紹介していますので、是非ご覧になってその江戸庶民の発想を実感しながらお読みください。
単に地震に対しての意識ということを超えて、人生の大きな壁に立ち向かう際の知恵や構えも江戸庶民からいろいろと学べます。
それこそ今風の「プラス思考」「前向きに考える」というよりも根源的な生きる力への転換力です。
注)やりとりの中で「HO」と表記されているものは、 ハワイ先住民族の知恵「ホ・オポノポノ」のことです。それに関しての駿煌会ブログ記事は例えばこれです。
 ☆ハワイの知恵「ホ・オポノポノ」からのラインやりとり①


*3月11日
09:53虚空
東日本大震災から8年・・・まだまだいろんなことを引きずっていますが・・・安政大地震を笑い飛ばした江戸庶民の鯰絵のような感覚はやっぱりなかなか持てないものです。


09:55 ソルティ
おはようございます。笑い飛ばすって 不謹慎とか言われなかったんですか?どんな絵?


10:02 虚空
ポイントは他の地域の方々ではなく、被災した江戸の町でというところです。
浮世絵なのですが、描いた人も出版した人も読み手もすべて被災者というところ・・・それが江戸の町で大評判になったそうなのですが・・・あまりに広まったので幕府から圧力がきてブームが去ってしまったようです。

最初は 鹿島の神様 が鯰をこらしめている等々のものが主流だったのが、だんだんと鯰が福の神扱いのようなものが飛び出してきて・・。

それは震災復興のために江戸庶民の多くが逆に仕事が増えて生活が潤ったというのが大きいようです。

もともと大火災などがくりかえしあった江戸の町なので、庶民の暮らしも長屋中心、そんなに家財道具もない生活。だから逆に被災して住むところが失われても、かえって「長屋が新しく建て替えてもらえる」という感覚だったようです。・・・裕福な家が大災害時には復興資金を提供するという慣習もあったようですから。

亡くなった人たちへの無念というのを描いた鯰絵ももちろんあるのですがね。

例えばネット検索するとこんなリストがでてきます
https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E9%AF%B0%E7%B5%B5&ei=UTF-8&fr=mozff
このサイトの方が見やすいかな・・・この2枚目の、出雲にでかけていた留守をあずかっていた七福神の神が戻ってきた鹿島の神様に鯰たちをちょっとかばうように謝っている絵などは個人的に好きな鯰絵です。
http://shinku.nichibun.ac.jp/namazu/ichiran.php

もう少し解説つきのサイトはこちら
https://matome.naver.jp/odai/2133176706245494801


11:08 ソルティ
ものすごい数の版画が生まれたのですね。すぐ上の鯰絵って ぽにょに似てません?今さらなんですけど、ナマズという漢字は 魚へんに 念と書くのですね。私は人々の「念」、しかも悪想念が、地震を生み出しているという説に賛同しているので妙に納得してしまいました。


11:17虚空
単にユーモラスという以上の深いものが鯰絵には反映されていると思います。心意伝承的にも。
ちなみに安政大地震という枠をこえての鯰絵で印象深いのがこれです
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1303369

簡単な解説はこちらにあります
http://www.bosaijoho.jp/reading/interesting/item_1485.html

大地震を引き起こした罰としてかば焼きの刑にしようとしている鹿島大明神を被災者である大工たちがとめようとしている図。

両親の鯰と不安そうな娘鯰・・・このあとかば焼き屋の中でどのような状況になってしまうのかとリアルに想像するとかなり惨たらしいことになりそうです。


12:54 コバルト
意識の転換ですね、トトロのお風呂のシーンでの恐怖にのみ込まれそうになったときにみんなで笑い飛ばしたところや、同級生の家が火事にあったときに、お婆ちゃんが燃えている家を前に火災を花火大会と表現して子供達に安心感を与えたり。

「悲壮感」(悲しい出来事のなかで、雄々しく立派に振る舞うようす。また、悲しい出来事にあい、心を奮い起こすようす。)
前に話題にした、感情の回転ですね。
感情は回した方が上手くいくことが多いんですね。


13:22虚空
感情って単なる喜怒哀楽ではなくて「心や想像力のエネルギー」のようなものだと考えると分かりやすいと思っています。
エネルギーそのものには善も悪もない・・・要は使いよう。

かつてヒマワリフクロウさんが「絶対値の記号が鳥居に似ている」と言ったような感覚ですね。
人知を超えた神の領域に如何に近づくか・・・

この前からここで話題になっている HOの知恵 もそこに通じていくのかな????


14:44 コバルト
染みの定食屋さんで野菜にミドリムシが付いていて、「これ虫が付いているよ」って店主に言ったら「おっ?それは当たりだよ」って言われて、そうか!当たりか(笑)って思えたんですね。
あとランチパックでちょっと耳付きの商品に当たったことがあって、それを珍しいから運がいいと捉えるか、不良品として受け止めるのは大きな差が出るのだと思います。


14:54 虚空
 農薬まみれの野菜を「きれいな野菜」と受け止めるか「虫も食べない野菜」と受け止めるかというのにも通じるかな。
確かに農薬を使わなければ虫の威力は半端じゃない、売り物にならない、というのか家庭菜園で自分も経験しているので仕方のない部分だと思いますがね。
ただ、農薬云々は別として、無農薬野菜の方が美味しいと感じるものが多いのも事実かな・・・

14:55 虚空
2時46分を数分間すぎましたが・・・8年前といっても本当についこの間のようです。
2019.03.12 火曜日
07:00 ソルティ
おはようございます。腰痛と腹痛で苦しんでいたソルテイーです。(虚空さん、ごめんね、資料沢山用意してくれたのに後半ダウンしていた。

コバルトブルー君の「意識の転換ですね、トトロのお風呂のシーンでの恐怖にのみ込まれそうになったときにみんなで笑い飛ばしたところ」 なるほどと思いました。即あのようにできるところ(父親)がすごいな~と思いました。

「 感情の回転 」という表現が 腑に落ちた気がしました。それは、スピをお習いした時に、無理やり笑う。笑い続ける。ということをやったんですね。( 変な事やるんだな~と思いましたけど )ま、それなりに楽しい。その後、体育館の中をみんなで大きな円を描きながらひたすらぐるぐる回る。歩く。なんていうことをやっていたら、突然 泣けてきたりして どうなってんだ~ わたし~。と思った。

野菜に青虫の話。。。すぐに「そりゃああたりだ!」とすぐに反応できる 店主はすごいと思う。まあしっかりあらってくださいよ。とも思うけど。だって びっくりするでしょ。
「 これ 虫がついているよ。」と普通に言えるコバルト君もすごいと思うけど。わたしだったら きゃ~~ だな。

ランチパック ⇒ 耳付きパン or 不良品 、私は後者に属するな~。お菓子工場で働いていたことも影響してると思うけど、でも、いつも普通に 前者ととらえられる人は しあわせな人
だと思う。そして、学童保育では 前者の反応がすぐに普通にできる人がいるといいな~と思うので、そちら方向へかじ取りをしたいと思う。


 HOの知恵は、もっと実際の生活の中の記憶、特に マイナスの波動をもっているような記憶、恐怖・過ち・恨み・自責・侮辱・妨害・執着といったような記憶を ひたすらクリーニング( 例の4つの言葉)を唱え続ける。(みたいだ。実施中)昨日も もう、大変だったけど、それなりにただいまリカバー。


07:27 虚空 
ただのデタラメではなくて、「えっ?」と思われても「なるほど、そういうのもアリだな」って思えるような構えを子ども達の前で自然で出来る人は貴重でしょうね・・・今の世の中では。

理屈で「プラス思考だ」云々と声高に言うよりも、そういう後姿を自然にみせられる・・・そんな人たちがかつては大勢身近にいたんでしょうし。父方の祖母なんていうのも、「HOの知恵」と言えばいえるような日常生活だったと今ふりかえると思います。

鯰絵に垣間見える江戸庶民の意識もそんな具現化???


07:30 ソルティ
 HO ⇒ やり方が今一つわからないんだけど、とにかくお念仏のように唱えている。念仏って あまり教育とか受けていない人が?(このあたり怪しい理解 )「なんまいだ~ とか唱えれば救われる とか言うんじゃあなかったっけ?

私流に解釈すると よさげな言葉 「ありがとう」 など をひたすら言い続けることによって 余計な思考や感情( あいつが間違っている。)などをいれないってことなのかな?と思う。

しかし 痛みの渦中にあるときは、4つの言葉をとなえることもしんどくてね。虚空さん どうやって駿煌会の作業とかやってるんだろうと感心


今朝 引いたHOカード ( やられた~~。)と思った。(=あたり!)
「 問題はお金ではないのです。問題はお金がない事ではないのです。問題は病気ではないのです。問題は記憶が光をブロックしているということです。」 両方とも私の課題なのでね。幼いころからの記憶にアクセスして 癒してみたいと思ってる。



07:46 虚空
 自分もまさに過去に刻印された想いをひきずりまくっています・・・まさに「言葉は人間を縛ってしまう」という方の側面。
だからもう一つの「道へ誘う側面」という方に関心が強いというのはあります。

上原先生が「中学年を担任したら論理訓練」と強調されていた時にも、現在のように「正しくコミュニケーションできるように」という用具としての言葉の技術を磨くというよりは、「感情と切り離す言葉の世界があるということに気づかせるため」ということを何度も言っていましたね。

「漢文の素読」なんていうのもその流れなのかな・・・・私は取り入れたことがないのでよく分かりません。



07:48 虚空
「念仏を唱える」っていうのと「お経を読む」というのは区別した方がいいんでしょうね。浄土宗のような「ただひたすらに念仏」っていうのは「型」「器化」のために敢えて思考などを入れない?


07:49 ソルティ
「器化」ってどういう意味



07:55 虚空
自分の意識状態をカラの入れ物にするという意味です。
『余計な思考や感情( あいつが間違っている。)』があると新たな事柄が入ってくるのを阻止してしまう・・・それを切り離すことで、自分の想定外の発想などもどんどん流れ込める状態、受け入れる状態にする、というような。

「誰があんな親戚たちを許すか!」という気持ちを切り離せない・・・というか切り離す気がないのが本音(相打ち狙いで復讐さいてやる、という怨念に凝り固まっている)・・・である今の私は「器化」できていません。そういった感情で意識世界が満タンですから。



08:01 ソルティ
 「器化」 そのような言葉があるのですね。=自分の意識状態をカラの入れ物にするという意味です。

『余計な思考や感情( あいつが間違っている。)』があると新たな事柄が入ってくるのを阻止してしまう・・・それを切り離すことで、自分の想定外の発想などもどんどん流れ込める状態、受け入れる状態にする、というような。

まさにそれです。でもね、体しんどいじゃあないですか~。三次元は肉体があるので、まずは自分の肉体を救うために、試しにやってみたらどうだろうか?と思うのよ。相手を癒すんじゃあなくて、自分(インナーチャイルドなどの自分を癒すことってできるような気がするんですよ~。



08:01 コバルト
そういった構造が守破離になっていますよね。

08:04 虚空
それを本当に実践していたのが例えば江戸時代の寺子屋教育だったんでしょうね。まずは聖徳のように「素読」を徹底的にやったそうですから。それが「型」「器」つくり。だから成長してから「大胆に型をやぶって偉大な馬鹿になれた」というような・・・

器化できていない・・・狭い常識にとらわれたまま・・・だと、せっかくあちらの世界からのメッセージがあることを通して伝えられようとしてもキャッチできないよね。
例えばどんなにあの裏麻雀の世界の方が大切なことを著書に書いていたって「そんな世界の人が書いた本なんてまともな事を書いているハズがない」なんて決めつけている人は受け入れない、というような・・・

08:10 ソルティ
 裏麻雀 だろうが 表麻雀だろうが、 極めている人って素敵だけど
但し タバコもくもくはダメなんだな。 あと前にも書いたけど、地区センターの老人たちで麻雀やっていた人たちは 元気・いきいきだったよ。
(鯰絵のように、あるアニメによってトランスフォーメーション(意識の転換)ができたという話題

08:27 ソルティ
 いや~ マンガもそうだけど、アニメの世界ってすごい力をもっているんだね。瞬間的に意識転換がはかれたのもすごいけど、それをゼロにしている事実もすごいな。それで 全部の?アニメをみることになった ってことでしょ。なんか すごい感じ。

08:28 虚空
だからこそ先日T・K先生がみつけだしてくれた「アニメ作家の教育力」っていう上原先生の言葉がビックリだったわけです。

08:28 ソルティ
江ノ電か~ あのあたりの雰囲気好きだな。また行ってみようかな。自然の中にこそ 癒しがありそう。
上原先生 のアニメ礼賛 私も少しづつみてみることにする。


08:31 虚空
アニメなんかだとあまり余計なことを考えないで見やすいというのはあるでしょうね。肩ひじ張って何か教訓を得ようとか普通は思わないし。
だからこそより「器化」のパワーがあるんだろな

だいたい現在放送されているいわゆる深夜アニメは三ヶ月に一回大幅に変わるので「冬アニメ」「春アニメ」・・・等々の言い方をします。3月も中旬にさしかかっているのでそろそろ4月に放送開始の「春アニメ」の情報が出そろってくる時期。

こうした季節に諷虹君と二人で情報を検討し、どのあたりを試しに観るのかというリストを作るのですが、それ以外に自分は、敢えて番組表を観ないでチャンネルを合わせてみたりして想定外のアニメとも出会うようにしています。
リストを作った際に全く意識にひっかかって来なかったようなものでも、たまにハッとするものがあるんで。

現在放送中のものにもそんなのがありました。今の自分でも拒絶というか苦手なタイプの絵柄やセリフのやりとり・・・内容も滅茶苦茶といえば滅茶苦茶・・・それでも何か気になるところがあって観ていたら、案外裏には興味深い意識などが隠れているのに気が付いて、今は放送を楽しみにしている自分がいたりする・・・こんなアニメを受けいれられる自分もいるんだ、というオドロキです。


08:55 ソルティ
 ほ~ 娘がよく見ていると思うので まずは私が見たいのをみてみようかな?そういえば、なんだっけ?堕天使のガブリエルみたいな名前の歌 あれ好きだわ。ワクワク楽しいワタシがいるよ。

HOでは もう一人の自分にやさしくアクセスすることろから始めるんだ。そうするとね、ウニヒピリ(潜在意識)の自分が色々とヒントをくれるんだと思う。 
もう一人の自分の中に、子ウニヒピり(潜在意識)母【(ウハネ(顕在意識)/(←ここ切れている。)父 アウマクア (超意識)がいる。
てっぺんにあるのが ディヴィ二ティ―(神聖なる知恵) らしい。 
今から買い出し。本日はありがとうございました。


09:07コバルト
よく直感は正しいと原点に立てたときに思うのは、まさに神聖なる知恵なんでしょうかね。
自分らしさが判断を歪ませてしまっているだけで。

09:58虚空
 「ポリシー」とか「信念」とか「ぶれない」というのも大切なのことですが、それとは別に自分の人生でそれだけ普遍な境地にたどり着けているのかという謙虚さも大事だろうなと。

仮にある分野を他人以上に極めていても、それ以外の分野は乏しいというのが現実なんだから。
だからこそ日本人は古来から異なるもの同士の「和合」「共存共栄」「重ね合わせ」を大事にしてきたんでしょうね。

異なる特性同士を補い合っていく・・・光の三原色はその象徴


13:09 コバルト
そう!
だから日本人は定年退職後に空っぽな自分に気づき、何をしたらいいか分からなくなるんです。
自由になって、原点の自分を見失ってしまったら、なにをしても違和感になってしまうんでしょう。

震災の時に経験した、大変だったけど、助け合い、お互いに気に掛け合って、人々の繋がりを強く感じて、みんな生き生きしていた(共鳴、共振)(地域の人間関係に温かみを感じた)時が懐かしく感じます。

あの時も大きな範囲で光の三原色が発生していたんですね。
光の三原色が発生したときは心に温かさを感じるんですね。
綾波レイの「ポカポカする」もそうです。
そしてアンパンマンの原動力もポカポカなんだと思います。

16:50 虚空
アンパンマンの 第一話にもそんなセリフがありますよね。
今の自分もそうですが現代人はとかく胸の奥がポカポカよりも イライラ ばかりつのらせていますね

17:15コバルト
幼少期から真心より義務をしいていますからね。
やりたくないことをやり過ぎているんです。

17:23 ヒマワリ
碇くんといると、ポカポカする…

18:05 虚空
お二人の卒業した小学校の校訓からいえば、自分がポカポカにしてもらうよりも先に、自分が誰かをポカポカさせるような人間であろうとする方が・・・ということになるんでしょうがね。
リリカルなのはでいえばその傾向が最も強いのは八神はやてちゃんなのかな・・・もちろんなのはやフェイトもそうですが、母性の強さがね。だから3人の中で魔法力がトップクラスなのかもね。

実際に諷虹君も私もはやてちゃんには精神的なお世話になっているし!

☆二日間の会合をふまえてのラインやりとり 「色・デザイン」と「共鳴」

話があちこちに飛んでいますが・・・だじゃらこそそれらをつなぐ「何か」への探求として「類化性能が働く」という感じです。
そういう意味では深く考えずにパッと浮かんだことを即口にするのも大事だなと思いますね。
口に出すまえに考えすぎると「これは関係ないよな」と自分の常識の枠内だけでカットしてしまいがちですから。
でも一見常識はずれのものの方が、思わぬ共鳴をよぶことがある・・・それを駿煌会では大事にしています。
*2019.03.10 日曜日 ラインやりとり
13:15 ソルティ
こんにちは~。諷虹さんの 「現在、ソルティさんのジュエルシードは他に何色があるのか?という問いからの観点で改めて作品全体の宝石等の色についての考察中です」 のところから
★色に関して ⇒ 虹色という風に表現したのだけれど、実際はチャクラの色と関係しているのかな?と思ったんです。チャクラの色の解釈は様々だけれど、下(第一チャクラ)から 赤・オレンジ・黄色・緑・藍色・紫・白 or ・・・青・藍・紫 それぞれの色に意味がある。臓器などにも関係している。ヒーリングは各々のチャクラを活性化させることをする。2番目の「感情」のチャクラと、6番目&7?あたりの「思考」のチャクラのバランスを取るのが4番目(緑)の「ハート」のチャクラだったと思う。( すっかりわすれちゃったんだけど ) 

湧き上がってくる感情を 思考で押さえつけるんじゃあなくて、 ?? で融合させていく事が大事だけど、大事って考えているのは思考であって、そうではなくて ありがたや~とじみじみ感じ入る状態になった時が一つブロックが外れるときなのだろうと思う。

例の HO,の四つの言葉に挑戦していますが、不思議とこの4つの言葉 = 「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」 には威力があって、昔の記憶が ひょっこり現れてきて泣けることがある。泣くことは浄化作用だと上ちゃんも昔言っていたけど、少しづつ こり固まっている感情がほぐれていっているような気がする。

HO,では まず その感情を ニュートラルにして そのうち ゼロになった時に光がおりてくるらしい。
★「黒」は ヒーリングを教えてくださった方によれば、押さえつけていた感情が緩まって解放されると黒い色の?がオーラの中から出てきて浮遊するらしい。黒い点々が見える人もいるみたいだ。その黒いもの?は どこに行くか?というと、同じ想念を持っている人のところへ行ってくっつくらしい。
★お坊さんの黒い衣裳をどう考えるんだ?とか神父様の黒い衣服をどう考えるんだ?とか思う。例えば 懺悔をきいてあげることによって その相手の苦悩をいただいてあげる的な行為なのかな?と思ったりする。(黒い感情とか受け取ってあげますよ~的な)あと犯罪を犯す人って黒い服の人が多いでしょ。 そんなことを考えました。
★ ヒマワリさんの 秋田県の方言。ねれねね。は理解できる。秋田県出身のお友達がいるので、今度聞いてみたいと思った。方言の持つ独特のイントネーションが好き。
★ アンパンマンの動画 宣伝がとばせなくてくじけてしまった。


16:51 虚空
中学生には自分で録画しておいたアンパンマンを観せたので問題なかったのですが、ゆうべはやっぱり広告が大変でした。

社会人クラスの際には「アンパンマン第一話」のあちこちにあるシーンが「受精」イメージの描写そのもである事や、ところどころが「火葬場」イメージと重なり・・・とどのつまりは「死と再生」がベースになっている・・・なんていうやりとりをしました。
そこに今回「宇宙との共鳴」も入り込んだという感じですね。
まずは金曜日の方のやりとりをできれば今日中にアップしようと思っています。
色のことで僧侶云々のことから思い出した事・・・・小学生の頃、好きな色はと聞かれて素直に「紫」とこたえたら「精神が歪んでいる証拠」と言われたことが少なからずありました。たしかにそういった色による精神判断でそういった説も昔から飛び交っているようですが・・・
でもやがて例えば聖徳太子の冠位十二階で最高の色が紫 等々「高貴な色」 という側面もあるんだと知りちょっと安心した記憶があります。雨引観音などでも最高位の僧侶の衣は「紫」だったし。
この前コバルトブルー君とのやりとりでも書きましたが「仮面ライダーブラック」では悪の組織の大神官たちが「白衣」、正義のライダーの方が「黒」に身を包んでいるというのが当時話題になりました。こういう点も興味深いものです。
「黒」で不吉と言われがちなカラスが、「神の使いの鳥」なんていうイメージも日本人はもっていたくらいですからね。
⇒八咫烏(やたがらす)
やっぱり「両義性」は日本人探求のポイントですね

19:54 コバルト
アンパンマンの動画を観ましたが自分的に引っ掛かる所は「心が温かくなる」行動なんですね。
あったかい、温かくなるって熱エネルギー働いているわけですから、振動が起こっているわけなんですね。
要は共鳴、共振がアンパンマンの中で起こっているということなんです。
だからアンパンマンのアンテナの感度は、困っている人を瞬時に見つけられるんじゃないかと思います。
ちなみに桜井章一も「温かさは万能なり」と説いています。
そうやって考えると、血の通った行動というのは、どんな障害でも乗り越えてしまえる力なのかもしれないですね。
本物の強さの正体は温かさなんですね。

21:43 虚空
 「情熱」「熱血」「熱い血潮」・・・・「熱」に関しての感情用語ってまとめてみるといいかもね


23:27 コバルト
ブランドって物に宿るものって思うかもしれませんが、実体は無形なんですね。
それはアンパンマンでも言えることだと思います。
頭が変わっても、心は変わらない。
フランス、馬、職人、情熱などエルメスには話題にしているエッセンスが盛り沢山です。
なんだか日本文化との相性はかなりいいのかもしれないですね。
http://high-brands.com/highbrand-brand.php?id=1&stid=1
と言った先ににヴィトンの柄はジャポニスムという日本文化に刺激を受けて作られたようです。


2019.03.11 月曜日
00:13 虚空
江戸の絵画が西洋に与えた影響と同様に、江戸の文様(デザイン)もそれなりに影響を与えているようです。
そういったことを知らないというか自覚をそれほどしていないのが当の日本人というのが寂しいものです

☆「タツノオトシゴ」と「馬」のイメージの重なり

「馬」にまつわるイメージの探求は上原先生が晩年に取り組まれていた大きなテーマの一つです。
ちょっとしたことからタツノオトシゴについてのやりとりが盛り上がったのですが、それもやはり根底には「馬」に刺激されてイメージ運動が発動したということなのでしょう。
*2019,03,06水曜日 ラインやりとり
18:07 虚空
昨日紹介した、あの上原先生の言葉・・・自分達がアニメなどを通してあれこれ語り、探求しているという今の日々を予言していたかのようにまで思えてきます。
それとグリーンチャンネル(BS 競馬・ウマ 専門のチャンネル)の無料放送時間帯での名馬紹介コーナーにウマ娘関連の馬が連続して登場します。
*2019.03.07 木曜日
12:27 コバルト
馬の貯金箱をみてタツノオトシゴ(タツノオトシゴ)みたいだと感じました。
馬ワードが頻繁に出る中、昔から虚空さんがタツノオトシゴが好きだったと聞いていたので、もしかして馬とタツノオトシゴとの意識世界での関係性(生物学的じゃなく)がもしかしてあるんじゃないかと感じました。
17:14 虚空
特に意識したことはなったんですが・・・。
チェスのお馬さんの駒を好きだという方は多いですが・・・私などもチェスのルールを知らないくせいに駒にあこがれてセットを購入したことがあります。
17:17 ヒマワリ
 辰の落とし子で、タツノオトシゴ?
馬っちゃ辰になるのかな?
顔似てるしね。
辰とか龍とか馬とか神とか、全部一緒に神さまって感じかー?
17:21 虚空
タツノオトシゴと龍は直接は関係ない生物ですが、どうしてそのように命名したのか、という無意識世界などでは何かありそうですね。そういう言語感覚ってますます磨きをかけていきたいものですね。
17:35 諷虹
タツノオトシゴは英語だとシーホースですよね
海馬でシーホース
17:52 虚空
 海の上を馬が駆け抜ける・・・なんていうイメージは壮大かな

*2019.03.08 金曜日
11:09 虚空
 日本在来馬の一つ 与那国馬で名物になっている海遊びの画像


ソルティ
・・・たつのおとしご 辰(龍)が 海の中に 龍の子供をどんどこ落っことしているのを想像するのも なんだかおかしくて楽しい。

虚空
「たつのおとしご」という名称がもともとどうだったかは分かりませんが、そういった子作りっぽいイメージを想像していました。自分が出来なくても・・・自分の出来ないことをできる力を持っている子ども達(若者達)がそれぞれの潜在能力を発揮するお手伝いが出来ればという感覚・・・もちろんお腹が出ていても私が出産しているわけではないですがね(笑)

ソルティ
 同じか~海の中におっこっていく たつのおとしご、イメージするだけで楽しくなるわ。
でも、いくつ前の人生かはわからなくても出産の一回や二回はやってるんじゃないかな?
潜在能力を引き出してあげる。よくはわからないけど すごい事だ。


*2019年 3月 8日 諷虹宅でのやりとり①
諷虹 あとで詳しくシーホースについて調べたんですが、タツノオトシゴっていう意味以外に「海神の車を引く、馬頭魚尾の神話上の怪獣」っていう意味があるそうです。
(ゴンドラ 馬 では画像検索に出てくる)



脳みその記憶をつかさどる部分も海馬じゃないですか。


記憶の海から必要な記憶を引っ張り出してくる部分で馬かな・・・人間とコンピュータの大きな違いの一つが検索能力・・・コンピュータだと命令を入力しないと検索をはじめないのが、人間の場合は瞬間的に連想する・・・勝手に思い浮かんでくる。
見た目での類似もあるんでしょうけどね。

ネット wiki
日本の別名はウミウマ(海馬)、カイバ(海馬)、ウマノコ(馬の子、日本各地)、ウマノカオ(馬の顔、富山)、リュウノコマ(竜の駒、神奈川県三崎)、ウマヒキ(馬引き)、リュウグウノコマ(竜宮の馬、和歌山)、ウマウオ(馬魚)、タツノコ(竜の子、高知)などがある。英名でも"Seahorse"(シーホース : 海の馬)と呼ばれる

本当に馬のイメージばかりですね。
虚空 馬頭観音もそうだけど、「馬の頭部」っていうことにどうしてここまで惹かれるのか。天体写真を撮っていた頃さ、中学生たちが最も撮りたがっていたのが「馬頭星雲」だったからね。なかなか撮れなかったけど・・・・

諷虹 「馬頭鬼」の画像検索・・・遊戯王カードか。やっぱり遊戯王っていろんなところからネタを拾ってくるんですよね。
夏目友人帳にも出てきましたね・・・ネット検索
「三篠」巨体で右手が馬、左手が人間、人の体と馬の顔をしている。
あと何だろう・・・

虚空 ウマ娘キャラは別にして、それこそえとたま の ウマたん。干支がらみだと「フルーツバスケット」で馬の物の怪に憑かれている「 草摩 依鈴」とか・・・。あれ?フルーツバスケットって4月から新作アニメになるの????

諷虹 聖徳太子って馬小屋で生まれたんですね。厩戸皇子(うまやどのみこ、うまやどのおうじ)

虚空 今、この漢字で思い出したんだけどオヤジの故郷の地名に「厩」の字が入っているんだよね。何か馬と関りの深い土地だったと思うよ。

諷虹 馬の概念だとかを脱却・・・走るとか・・・
(馬の鼻先に人参 ということのネット検索)

☆上原先生「テレビ作家の教育力」発言 から 「ウルトラQ」⇒「リリカルなのは」

T・K先生から知らされた上原先生の言葉・・・まさに駿煌会の活動趣旨を全面バックアップという内容です。
まずは昭和世代組が上原先生の愛弟子も携わった「ウルトラQ」等々のなつかしの番組でのラインやりとりです。
そこから「魔法少女 リリカルなのは」に関する内容に一気に移行します。
☆2019年 3月5日
18:46 虚空
T・K先生から次のようなメールが来ました。了承を得たのでそのまま転載します。
:::::::::::::::::::::::::
このところ必要があって、以前のノートをひっくり返していますが、
その折り出会った、上原先生の言です。
子どもはいつでも夢を見ている。その中に先生だから入れるということでなければ、(ならない)。
ガンダムの世界、子どもの世界、夢の世界に働きかけている。(これが、)テレビ作家たちの仕事、
教育力ということから言えばテレビ作家たちの方が優っている。
教育の世界に(は)、子どもの世界に触れるものがない。
9月例会 1992(平成4年)9.15 
:::::::::::::::::::::::
こういった発言を上原先生がされていたことは初めて知りました。
ただ、それと関連するようなことでいえば、最初の学校で国際教育の研究指定を受けていた頃に、上原先生に助言してもらったことがありました。

::::::::::::::::::::::::::::::::
今の子ども達が漫画やテレビ番組から得ている意識というのがどういったものなのかはきちんと把握していなければならない。
「家(おうち)」「ふるさと」「世界」という言葉から思いうかべるテレビ番組や漫画を書きだすというアンケート調査をしてみるといい。
::::::::::::::::::::::::::::::::
というようなことでした。
(アンケート調査は全校児童にしてもらったのですが、研究発表会までに資料の整理や分析ができず、そのままになってしまっています)
あと思い出したのは教師をしていた父のこと。
寝る時間もとれないくらい多忙な日々でしたが、仕事をしているわきでいつも子ども達に人気のある番組をテレビで流していました。
子ども達が夢中になっているものがどういうものなのかはちゃんと知っておかなければならない、と助言されたのですが・・・あの当時は「懐かしのアニメ」以外には興味がなくて、父のそういった助言を無視していました。
あんなくだらないアニメとか観ているヒマはない、なんて勝手に思って(苦笑)
あの頃の自分に50歳過ぎにどんな人生が待ち受けているか教えてあげたいものです。
19:08 ヒマワリ
感動!!!
19:09 虚空
私もビックリです。
こうした記録をこのタイミングでT・K先生が発見したというのもね・・・・
19:11 ヒマワリ
ますますT・K先生がエヴァンゲリオンを見る可能性が高まったかな(moon with tongue out)笑
エヴァだけに限らずだけど、みんなアニメ見てくれるといいな?♪
なのは順調に見てるよ!
19:56 ソルティ
『・・・・・教育力ということから言えばテレビ作家たちの方が優っている。教育の世界に(は)、子どもの世界に触れるものがない』
⇒ やっぱりここですよね、大事なのは。
私は ウルトラQが好きだった。あとね、宇宙人ピピという 小松左京さんが作っていたみたいなんだけど、そのピピが机の引き出しから出てくるんですよ。もう ワクワクしたな。親も仕事が忙しくてほったらかしだったからあの頃は 幸せだったな。
補足 ウルトラQで既に脚本に参加されている金城哲夫氏が、上原先生の愛弟子で、特撮の神様と呼ばれていた円谷英二監督と上原先生が交流もしていたということがあり、円谷監督に金城氏を紹介した・・・という経緯があります。
その後金城氏は円谷プロの中心的な存在となり、ウルトラマンの生みの親と呼ばれているのは周知のとおりです。
20:03 虚空
ウルトラQは本放送時は20%くらいの記憶。あとでレーザーディスクなどを購入して観返しました。
ピピは内容はほとんど覚えていませんが、観ていました。あの主題歌「ピピ、ピピピ、ピッキピピーノピ」は頭に焼き付いています。
あの妙旋律というか演奏が好きでしたね。
ピピのOP動画
https://www.youtube.com/watch?time_continue=59&v=Ss5_gJSzOJA
20:06 ソルティ
嬉しいかも。虚空さんと同じ番組みてたなんてね。


(このあと宗教がらみの要素が入ったアニメの話題となり)
20:06 虚空
アニメの中には堕天使を扱ったものも結構あります。
ユーモラスに描いたもので私や諷虹君が観ていたのでは「ガヴリールドロップアウト」
それこそ一つまちがえればキリスト教を冒とくしていると受け止められかねないような内容でしたが・・・
放送開始前のプロモーションビデオはこちらです。
20:11 ソルティ
ガブリエールドロップキックの歌 見つけた。めちゃ楽しい。

アニメは宮崎さんしか観てないけど、アニメにしても漫画にしても 4次元・5次元。。。先に進んでいるんだと思う。生まれてきている子供たちも、年代によって(スピ)インディゴチュードレン~クリスタルチュードレン~レインボーチュードレンと ニュー人類がやってきているみたいだから その子供たちから何かをつかまなくちゃあいけないんだろうな~と思う。アニメ 何がいいかなあ/
20:12 ヒマワリ
諷虹君に借りて観た「リリカルなのは」は映画!
なのはとフェイトでひし形の宝石集めるやつで、フェイトがお母さんにひどい扱い受けるやつ(しゅん)
先生が家庭教師時代に私に話してた内容はこれだったのかと。
あと今A'sのテレビ版を見てる!
はやてが出てくるやつ!
20:14 虚空
あの劇場版で初めて諷虹君になのはを勧められて観に行ったわけだけど・・・あのアニメは自分のトラウマのど真ん中を射抜いたような印象でしたね・・・
20:20ヒマワリ
いやあの母親の態度はひどいよ。
チラッとしか見てないママが、「なんて悲しいアニメなの?」と言うほどでした。
フェイトの健気さが切なかったわ…。
最後にお母さんが「気づくのが遅すぎた…」みたいなセリフ言ったけど、アリシアを軸とした妹としてのフェイト とゆう風に捉えてしまうわぁ。
A's中盤まで来た!
はやての願いで、あの騎士たちがいるのかー!みたいなとこらへんです。
これ見終わってからまた劇場版があるの?
20:29 ソルティ
すみませんが、童話でいくとどんな感じでしょう?青い鳥のチルチルミチルって感じ?
20:37 虚空
なのはシリーズはちょっと簡単にはどう説明したらいいのか・・・適切な解説サイトってあるのかな????
諷虹君、ヘルプ!
20:42 ソルティ
ヒマワリさんのコメントにあった 「なのはとフェイトがひし形の宝石を集める」 っていうところに惹かれています。何色?
20:58 虚空
21:01 ソルティ
すごっ。どんぴしゃ。真ん中が、インデイゴブルー。外枠は アイスブルーかな? 7つあるチャクラの5番目の色。この二つの色がHO,でツールとして使われるんですよ。
21:05 虚空
そういったことも参考にしてこの宝石の設定がされていることは大いに考えられますね。
この宝石の持つ力とか物語の上ではたす役割なんていうのも考えてみても・・・・
ヒマワリフクロウさんが引用さいていた最後のセリフ、なんていうのをふまえると余計に・・・
というだけでは何がなんだか分からないと思いますが・・・
21:08 ソルティ
 訂正。。。5~もしくは6番目 ちょっと定かではない。アニメ制作者がそういうことを踏まえて書いているか?否?かはわからないけど、石や色の持っている力や波動ってあると思う。
21:09 虚空
なのはシリーズの一期はクライマックスの部分はテレビ版と劇場版ではセリフなども一部かえてあって、それぞれに特色がありますし、そこから受ける印象もそれぞれです。自分の中では甲乙つけがたい部分があります。・・・・どちらにしても観ていて辛いものはありますが・・・でもそこから浄化につながる部分があるからなのはシリーズは観ていられます。
22:36 諷虹
今帰宅しました
何から書けばいいのか分かりませんがとりあえず「魔法少女リリカルなのはシリーズについて」それからソルティさんが気になった「ジュエルシードの設定」について少しまとめます
なのはシリーズについて
私の原点ともいえる作品で、今現在アニメを貪っているのは中学時代に「なのはシリーズ」を見たのがきっかけです
映像作品を放送順で全て上げると
「なのは(通称・無印)」→「なのはA's」→「なのはStrikerS」→「なのはTheMOVIE1st(無印リメイク)」→「The MOVIE 2nd A's(A'sリメイク)」→(「なのはViVid(Strikersスピンオフ・外伝)」→「ViVid Strike!(ViVidのスピンオフ・外伝の外伝)」)→「なのはReflection(2017年公開・新作)」→「なのは Detonation(2018年公開)」
となります。ヒマワリさんに貸したのは「なのはTheMOVIE1st」と「なのはA's」です。上記の全作品中で私のベスト1・2です。
MOVIE1stは無印の重要な部分は全て押さえたうえで追加要素まで描いているリメイクとしては非常に完成度の高いものとなっています。
A'sリメイクの劇場版はそぎ落としすぎている感じがあってイマイチなのでTV版だけで十分だと思います。
もしヒマワリさんが続きを見るとするなら「StrikerS」、「Reflection」、「Detonation」辺りでしょうか
なのは(無印)の簡単なあらすじ(核心的なネタバレ含まず)
「高町なのは」という女の子のもとに「ユーノ」という少年が現れるところから物語が始まります。
ユーノは古代遺跡を発掘する一族の出身で、ある時に「ジュエルシード」という宝石を発掘します。「ジュエルシード」は持つ者の願いを叶える力がありますが、その望みをかなえる代償に、使用者が正気を失ったり、周りに危害を与えたり、容姿を変えてしまうということがあり、それを元に戻すのに「魔法」の力が必要になります。
この「魔法」の素質を持つなのはは、散らばってしまったジュエルシードを集めるユーノに協力をします。
ジュエルシードを集めていくうtに、もう一人の魔法少女「フェイト」と出会います。フェイトもまたジュエルシードを集めており、そこからは度々フェイトと衝突しながらジュエルシードを集めていく・・・
フェイトがジュエルシードを集める理由とは?
といった内容が第1期です
ジュエルシードの設定
「ロストロギア」の一種で、碧眼の瞳を思わせる色と形状をした青く輝く、美しい宝石。
全部で21個存在し、それぞれシリアルナンバーとしてローマ数字がふられている。
大きな魔力を近くで発すると連動する形で、ジュエルシードも発動する。なのはとフェイトの魔力の衝突の最中で発動したジュエルシードは小規模ではあるが「次元震」を起こし、両名のインテリジェントデバイスを破損させた。また、いくつかのジュエルシードを用いて術法を用いて使用すると「次元震」はおろか「次元断層」まで引き起こすシロモノ。実際に旧暦の462年にジュエルシードによって次元断層が起こり、隣接する次元世界を崩壊させている。
*2019.03.06 水曜日
06:46 虚空
 「次元」と関わるという点で「トランスフォーメーション」と関わりの深い設定だったんだと改めて再確認・・・無印のクライマックスを含めてうなずけます。
07:59 ソルティ
 おはようございます。ヴェルカさんお仕事でお疲れの所、丁寧でわかりやすい説明をありがとうございました。ジュエルシードにえらく興味を持っているのですが、例えば腕念珠、いろいろな石たちが自分をケアしてくれたりするでしょ。なのはに出てくる ジュエルは 21個もあるとすると、様々な色の石が出てきそうですね。もし、例えば虹色の数( もっとになるけど)あるとすると、石の数だけその様々の働きがありそうな印象を持ちました。どんな色があるのかな?楽しみ。
08:16 諷虹
残念ながらすべて同じ色・同じ形をしています
作中で「次元干渉型のエネルギー結晶体」と称されていますが、規則正しい周期的な配列で構成された「結晶」のイメージがあるのだと思います。

1期の大体の話の作りは
人や動物がジュエルシードを発見→ジュエルシードが暴走→魔法戦→ジュエルシード封印
という流れでできていますが、ジュエルシード封印の時に「シリアルXVI」とか「シリアルXX」みたいに何番目のジュエルシードだったかというのが表示されます。(それまでは何番目のジュエルシードなのかが分からない)
21個ということで私はタロットカードを連想してしまうのですが、この最後になるまで何番かわからないという点が、カードを裏でシャッフルして、最後に結果(数字)を確認するのに似ているのではないかと思っています。
・・・最もジュエルシードは数字の大小によって効果が変わるわけではありませんが
09:24 ソルティ
 そうでしたか。いずれにしても、どんな場面でどんな破壊が起こるのか?楽しみです。
18:04 虚空
 劇場版を一部観返しました。
ジュエルシードの意味合いをふまえながら観ると、また違った感じ方が加わりました。
 昨日紹介した、あの上原先生の言葉・・・自分達がアニメなどを通してあれこれ語り、探求しているという今の日々を予言していたかのようにまで思えてきます。
*このラインやりとり以降、「なのはシリーズ」の読み解きが中心となってやりとりが続いています。
(もちろん他のアニメなどのやりとりも混じりますが)
のべ何十時間にもわたって、こういったやりとりが尽きないというのも、冒頭で紹介した上原先生の発言を裏づけていると思います。