忍者ブログ

☆「江戸庶民の発想」から④ 諷虹・虚空やりとり-2「聖女」「色」 (2019,02,09~)

*「シスター」が過激な設定で描かれることが多い、という話題に。
虚空 とある魔術の・・・でもそうじゃない。シスターたちは戦闘集団。
諷虹 シスターじゃないけど、はたらく細胞のマクロファージもそうじゃないですか。
虚空 笑顔で鉈をふりまわして病原菌を血祭りにする。
上原先生の「殺しと血の心意伝承」・・・「聖女と殺し」というよりは「血」
諷虹 魂の救済?
*諷虹 「シスター 銃」で画像検索・・・かなり出てくる 「シスター 剣」でも
 
諷虹 十字架だから銃とかけているなんていうことありますかね・・・ないか。
「シスターゾンビ」が出てますけど「ナースゾンビ」ってのも主流ですよね・・・本来救済の存在がそうでなくなる・・・
あとは「白」に対しての「血」っていうのもあるんでしょうね。
みんな女性。
 
虚空 だからさっきの「聖女と血」なんだろうよ。折口先生でいえば女性の位置づけで「水の女」っていう論文があるけど、それとも深いところでつながっていると思う。
その中に水辺で神にささげる機織りをする娘っていうのも出てくるんだけど・・・このはな綺譚にもいたじゃない。あのアニメ「君の名は。」なんていうのもベースはそれだと思うしね。あと「若おかみは小学生!」も。
諷虹 鶴も水辺の鳥っていうイメージだから「鶴の恩返し」で機織りするんですかね
虚空 「白鳥の湖」なんかも日本人のドツボにはまっているのかもね。白鳥と黒鳥・・・犠牲論・・・。
それこそ鶴や白鳥が撃たれたり罠にかかっていたりして血にまみれて、なんていったら鮮烈なイメージが浮かぶ。
諷虹 白装束ですよね。白い着物をきている女性が夜立っているから怖い。
虚空 もちろん西洋人だってさ、天使のイメージは白っていうのがあるんだろうけど、日本人はそれももっと拡大して白鳥だのなんだのにもね・・・想像上の存在ではなくて、身近なところにそうした神の使いがあちこち存在している。
諷虹 昨日の「鳥は自由か」の話・・・「白鳥は 哀しからずや 空の青 海のあをにも 染まずただよふ」あれは不自由さを歌っていますよね。
虚空 前なんかのドラマでもやっていたけど、白鳥って優雅に浮かんで水面にいるようにみえて、水面下では相当足を動かしている、って。そういう部分を見せない。
諷虹 けいおんのエンディングにもそんな歌詞があります。
「白鳥たちはそう 見えないところでバタ足するんです」
虚空 現代人はそういう見えないところを観ようともしない・・・楽そうなところだけをみて、それを楽に自分もゲットしたいと望む。かげで苦労があるんだということを知ったら、自分のダメさ加減を自覚してしまうことになったり、やっぱりそれなりの努力をしなければならなくなるから、絶対にそういう部分をキャッチしようとしないのも多いよ。
諷虹 「みにくいアヒルの子」っていうのは・・・
虚空 幼稚園の卒園間際の会で劇やったときに、アヒルの子の役の一人だった。「お前は醜いガーガーガー 僕らの仲間じゃありません」って歌ったのをそこだけ覚えてる。
諷虹 白って何にでも染まれる色なのに、白鳥は周りに染まれない、って描かれ方をしていることが多いですよね。
(GAのコミックをパラパラとめくり)今たまたま色鉛筆の話がのっていたんですけど、色鉛筆を使いこんでも「白」だけは長いまま、って。(笑)
虚空 自分は白鳥でも何でもなかったけどさ、さっきの部分をやたらと覚えているっていうのもね、もう幼稚園の頃からいつも熱を出していて半分以上休んでいたから友達もいなくて孤立してたんだよね。それだから意識に強烈にひっかかっているのかも。
諷虹 白が強すぎると色がのらないのかな・・・背景の白にぬりつぶされる・・・ホワイトアウト。ブラックアウトもありますよね
虚空 協調性がなくなるっていうイメージ?
諷虹 ブラックアウトって言葉からすると「黒の向こう側」っていうことですかね
虚空 黒の向こう側にどんな世界があるんだろうね。ブラックホールの底を学者たちがいろいろ考える
諷虹 (ネット検索)この場合のアウトは「完全に」っていう意味らしいですね。だからブラックアウトは「完全な黒になる」

虚空 純黒っていうか・・・漆黒だね。
諷虹 ネット検索・・・
世界で最も黒い物質 黒すぎて凹凸が認識できなくなる。光の反射率がが0.035%だそうです。ベンタブラック。

そう考えるとさっきラインにあった「光の混沌」なんていうのはまだまだ可愛らしいものですね。混じり合おうとする余地がある。でもこれなんかは相手に歩み寄るんじゃなくて、ただただ吸収してしまう。例えば赤と青を混ぜたのに赤になるみたいな感じ
虚空 共鳴もへったくれもないね。
諷虹 全てを黒にしてしまう黒と、全てを白くしてしまう白をぶつけて、交じり合わせるのが混沌・・・なんですかね。矛盾の逸話じゃないですが

どっちが勝つのか、何が生まれるのか・・・夢の対決とか世紀の一戦みたいな
一時期「ジェイソンVSフレディ」とか「エイリアンVSプレデター」みたいなのが流行ってましたよね
神の数式の数学分野と物理分野の~って話につながりそうですかね
*コバルトブルー ラインでサイト紹介 言葉の重ね合わせと色
https://blog.goo.ne.jp/pogichan/e/8405fa689a20faf86bc65e4696331487
諷虹 ♪ あーかい あかーい 赤い仮面のV3・・・
虚空 アマゾンライダーだってさ、最初は良かったんだよ。でもすぐに服を着て日本語が話せるようにしちゃって・・・それじゃあ普通のと同じだ、って。
レインボーマンもさ、様々に化身するから面白かったのに、合体の術なんていって変化しなくなった。キャラの持ち味を製作者みずからの手でなくしていってさ
 
諷虹 色とか調和じゃないですけど、その場合は混ざることによって凡夫になってしまっている感じですかね。レアな色なのに、混ぜたことによってありふれた色になってしまうような。
虚空 仮面ライダーもさ、シリーズが進むにつれてライダーも怪人もどんどんケバケバしくなって、ド派手・・・いきつくところまでいって、原点回帰したのが仮面ライダーブラックだったんだけど、それもまたあっというまにど派手パターンになってしまった。
でも最近、シリーズが進んでもそういう方向にならなかったのがあった・・・何だっけ。思い出せない・・・。足し算じゃなくて引き算
諷虹 シンプルな小ネタの方が味わいがあったり・・・
青は藍より出でて藍より青し、 って言う言葉がありますよね。引き算的というか、割り算的というか。調和ではなく、抽出・洗練されることによってより質の高いものになる
PR