忍者ブログ

☆「英才児の特徴を作文から探る」 ・・・日本語英語の違いなども交えて

2019年 8月10日  諷虹・虚空やりとりに途中からコバルトブルー君とことりのおやつ君が合流。

英語と日本語の違い・演説にみる身振り手振り、という話などから始まっていますが、メインは I・Z小学校の「おうち作文」と比べながら特徴をうきぼりにしていきました。
どちらの作文が優れているか、ではなく、それぞれの特性を考えようというものです。

それ以外の話題も飛び出しているので、合わせて載せています。

(塾のバイトで二進法を扱った話・・・実際に64までを二進法に書かせた・・・そこから気づく事がいろいろ)

虚空 結局「0と1しかない世界だよ」ということで世界を作れるか・・・意識世界の問題だよね、数学云々というよりは。「やくそく」に従って素直に世界を作れるかどうか・・・十進法にこだわる子は苦戦するよね。1+1=10 なんて小1以来作り上げてきたことが根底から崩されるわけだからね。


諷虹 (ある例で、完成した時に)気持ちいいんですよね


虚空 そこだよね。そう思える人間・・・それこそ「添加」で新しい世界を拡大させることに心地よさを感じることができるのか、それともやっぱり自分のこれまでの常識に囚われて受け付けない・・・心地悪さというか違和感を捨てられないか・・・。

上原先生が英才児は感情やイメージと切り離せるということの深い意味だよ。
それは単に論理的・数理的に処理できる以上のこと。
それをやっぱりはっきりさせたいんだよね。

「英才児には個性がない」という言い方も上原先生はしているんだけど、これもどういった意味なのかは深く考えてみないと、とは思ってる。まだあまり駿煌会でも話題にはなっていないけど・・・・


諷虹 さっきの高校生・・・学校の先生は「二進数を暗記しろ」って言ってたらしいんですけど・・・。どういうつもりで言っていたのかは分かりませんが・・・まさか文字通り丸暗記で覚えろというつもりではないと思うんですけど・・・。
でも、その高校生は本気でそう受け取ってしまったんでしょうね。


虚空 そういうことばかりだよね、今の教育って。
例えば自分はやったことないんだけど、江戸時代の寺子屋でも聖徳でも学修塾ダンデリオンでも行っている「素読」。あれなんかは単に丸暗記というよりは、「器化」と関係あると思うしね。だから意味だとかいうことは敢えて触れない。
日本舞踊なんかのお稽古だってそうだって、家元の息子が言っていたけどね。その時の気持ちだとかは考えないで師匠の型をひたすら反復する。


諷虹 外郎売り、なんていうのもありますね。


虚空 筑波だったらガマの薬売りだよね。言語流暢性。
それとは違うけど、歌舞伎でいうと流れるようなセリフで有名なのが二代目河竹黙阿弥さん。
(ネット検索)
河竹黙阿弥の特徴は、歯切れの良い、日本人になじみのある、七五調のセリフです。・・・・リズミカルで小気味よいセリフを人気役者が舞台で披露すれば、そのセリフ待ってました~!とばかりに盛り上がりそうですよね。

(9時過ぎ コバルトブルー君、ことりのおやつ君、到着)
諷虹 「ひかえおろー このもんどころが 目に入らぬか」

コバルト 咲の「あなたの領域じゃないよ」にもってちゃえば

諷虹 テリトリーですね。(咲 阿知賀編)

コバルト 麻雀も頭で打つと負けるから・・・負けるというよりは崩れる。

諷虹 安手しかつくれないときには負ける

ことり 自分が好きなラップでそれがあります。(弁天小僧の名ゼリフが入る)

諷虹 日本人のラッパーや七五調を入れると受けやすい・・・日本人受けしやすいとはいいますからね。

ことり 確かに聞きやすいですからね。

諷虹 アメリカ語っていうか、英語での感覚とは全然違う。そのままの直訳ではわからない

ことり 韻の踏み方が英語と日本語では違う。

諷虹 アメリカ語っていうのは・・・

ことり 日本でも青森とか沖縄とかでも言葉が通じなくなる・・・同じ日本語でも全然ちがう言葉になってる

虚空 イギリス留学した知り合いもそれを経験したわけだよね。
発音だって違うし・・・。イギリス留学だったから、大変だったって。日本での英語教育はアメリカ英語だからさ。それを使うとすぐに「それはアメリカ英語だ。ここは違う」って言われたって。


コバルト 格式がありますからね

諷虹 イギリスフランスはうるさそうですね。

虚空 アメリカを見下している。

諷虹 日本人って外国人が片言の日本語を使っているのを好みますよね。
・・・中国人が日本語を話すと「・・・あるね」っていうのはどうして出来上がったんでしょうね。

虚空 実際にそんな風に日本語を話している中国人はいないのにね。


コバルト やっぱり英語っていうのは言葉としては不十分なんですね。手の動きがね。ボディアクションが必ずつく。
ことり 日本人がこれやったら失礼じゃないですか。

コバルト それを含めて考えるとものすごく不十分

諷虹 体を使っていない。

コバルト 体を使わないと十分に伝わらない。

諷虹 感情がすべてのせられないから、動きで補う。

虚空 つい最近、ヒトラーの番組がやっていたけど、あの演説だって直立不動でやってみ、っていったらああはならないよね

(動画サイト)
虚空 そりゃ天才的だよ。中身は別として北朝鮮のアナウンサーもこんな感じだろ。
(チャップリン「独裁者」のスピーチシーンの部分を探して観る)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm4429961
虚空 現代の教育批判にもきこえるね、この内容。

諷虹 ヒトラーが興奮しているところをまねていても内容は真逆にしているんですね。
「絶対値記号」のように。
意識的に手は動かしていない・・・「手は出さない」・・・

虚空 最後だけは手を動かしたね。

諷虹 演説シーンの結構有名な・・・・
ガンダム動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm29958
ことり 設定は何人なんですか?

諷虹 ・・・・宇宙人ですね。
これを声優がイベントでやったのがあるんですが・・・
動画サイト
https://www.nicovideo.jp/watch/sm9307157
(狂気のさたのアニメ演説で有名なもの)「私は戦争が好きだ・・・」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm4652913

諷虹 カリスマ性ですよね

コバルト カリスマってその方向にもっていく

諷虹 共鳴を起させるんですよね。

虚空 それが集団催眠効果だよね。

諷虹 決起集会・・・バタフライ効果ですよね。着火点がこうした演説。

コバルト 選挙でもよく使われるけど、足し算の効果じゃなくて、かけざん。
目的をもたせられるというか選択肢がない。

虚空 かけ算だって足し算的なじゃないから。指数だよ。だからバタフライエフェクト。


(縄文顔の話題)
コバルト 原始に帰る。

虚空 上原先生の「忘れ水物語」追い書きだね。

原子爆弾とは誰が名付けたのか、私は知らない。私だけがではない。原子とは何かを説明出来る人は、専門家以外、そう多いとも思えない。私は音の似通いからばかりではなく、原子に原子を思ってしまう。原子爆弾は、人間を原始に返してしまう爆弾であった。それは人間にとって瞋恚と悔恨との咒符にはちがいないが、それ以上に、逃がれられぬ咒詛の中にしか生きられないことを思わせられた。
 
(エヴァ 劇場版 心よ原始に戻れ)
世界よ まぶたを閉じて
生命は目覚めて 時を紡ぎだす
あなたの証拠をさかのぼるように
そして光が胸に届く
心よ 原始に戻れ
コバルト 月光と綾波レイ

諷虹 ヤシマ作戦が名シーンなのは夜だからってのはありますよね。

虚空 カヲル君だって青白い光のイメージだもんね。

(『おうち』意識の図を見ながら)
コバルト お笑い芸人とかはこの真ん中、源に近づくにつれて万人にうけるようになっていく
「生命」ってのは・・・東北にちんこ祭りとかありますしね。

虚空 農耕民族だからね。結局は全部そういう方向に結びついていく


諷虹 この「深層意識世界」とか「生理現象」とかゆゆ式っぽさありますね
体験したことないけど、共感できちゃうあるあるネタとかもこの辺ですよね


コバルト 原始だよね。中心に近づくほどそこに居たくなるとか・・・手を伸ばしたくなるような場所


虚空 外側の部分ほど個人差が出てしまうけど、中心部分は口に出すか出さないかは別にして共通な感覚だからね。だから「お笑い芸人」なんかでもみんなを笑わせようとするとそういう方向になるよね。一発芸なんかそうじゃない。
昔で言うと「8時だョ全員集合」。

(補足1)
 虚空の卒業論文「フレーベルにみる感情教育の原理」・・・「共通感情」が意識のベース。「恩物」で遊ぶ感覚から、「自然・宇宙・神」へとつながっていく。

(補足2)
おうち論文 P26 石崎小4年男子
おうちの中はめろだらけ。トイレやおふろや台所や、いろいろな所につながっている。めいろをたどっている人が、今、宇宙にいった。
(終業式作文 R小学校とIZ小学校の違い)
虚空 ・・・成績表を返さるところまではだいたい似ているんだけど、その後がね。IZ小は「さあ、明日から休みだ、ワーイ」っていう感じで終わる。でもR小はそこからが長いんだよね。家に持ち帰ってどうやって母親にみせようかとか、みせたらどうなるかとか、小遣いを減らされそうだとか・・・・いっぱい書く。

IZの子には「そういうのを書いてもいいんだよ」といっても、「何書くの?」っていう顔をされる。もちろん中には厳しい家もあって書く子だっているけど、少数派なんだよね。

諷虹 ツイッターみたいなもんですね

虚空 動画のコメント。こころの実況中継

諷虹 量子論の観測のようなものですね。観測したら安心してオワリなのがIZ小で、観測してからあれこれ考えるのがR小。たとえそれが悪い結果だったとしても確認したからそれ以上下がらないからもう安心って感じなんですかね。

私も小中学校の頃は、テスト帰ってくるまで「100点だったかな」と「ミスしてひどい点数かも」が同時に存在している・・・シュレディンガーの猫のような。で、点数見て一気に心が落ち着くって体験はよくしてましたね。いい点だったとしてもどこか冷めるというか

虚空 だからね、ずっと話題になっている英才児の「観察」・・・IZ小って案外読み直してみると、興味関心のある部分に関しては細かく観察を書いているのが多いんだよ。
留守番中のもね・・・ボットン便所の探検にしてもさ。

コバルト君の「お母さんのお腹の中」作文もそうなんだよね。

じゃあ聖徳の英才児とIZ小とでは何が違うかっていうと、聖徳の方は「レポート」というか「報告書」のような感覚。数学とか理科の考察文のようにね。
だから生活作文で細かく書いていても、気持ちなんかは書いても、ナマの部分は極力いれない。オフにしているんだと思うんだよね。
決してそういう感覚がないんじゃなくてさ。

だってあれだけ高学年でも廊下でキャッキャと子どもっぽくはしゃげるんだもん。
1年生だってうんち作文で壮大な物語を書いていた子もいたしね。

だから単純にモード切り替えというだけだと思う。

あと、もう一つ違うのは、何度も引用している上原先生の師匠の郡司先生の「江戸庶民」の発想法。
江戸人の目は、いくつもの世界を、同時に一緒にみることの能力があった。トンボの眼のように、複眼的構造は、同時に、いくつもの事象をうつしとることができる。あるいは、それは封建時代に生きる者の生活の知恵であった。右か左かを分明しては生きてゆかれなかったこともあろう。なまじい教育のある者にとっては矛盾として受け入れられないものを、おもしろしとして、そこに見るべきものを見た世界構造。それが歌舞伎の構成であった。

 江戸歌舞伎は、テーマを四つも五つも一つの作品に盛り込み、鵜匠の手綱のように、その捌き方の技術を、ほれぼれと舞台で鑑賞するような、そんな生活基盤の美的基準がもうなくなってしまったのかと考えこまざるを得ない。
自分は「多次元構造の同時進行」っていっているけど、さっき中3の授業では「量子コンピュータ―」って例えた。あの「重ね合わせ」のこと。

アニメに例えると、IZ小は「なのは の 収束砲・・・すごいやつはスターライトブレイカー」とか「宇宙戦艦ヤマトの波動砲」に似てると思うんだよ。

で、聖徳は「フェイトの切り札 ファランクスシフト」だと思うんだよね。
ネット解説
フォトンランサー・ファランクスシフト(Photon Lancer Phalanx Shift) † 
→考察
使用者:フェイト・テスタロッサ
魔法ランク:AAA
フォトンランサーのバリエーションにして、1期時点でのフェイトの最大攻撃魔法。
30発以上のフォトンスフィアより繰り出される、フォトンランサーの一点集中高速連射。
小説版によると、生成されるフォトンスフィアは38基。 ここから毎秒7発の斉射を4秒継続することで、合計1064発のフォトンランサーを目標に叩きつけることになる。 メガミマガジンの設定資料での記載もほぼ同様で、継続時間の表記はないが『合計38基のフォトンスフィアから秒間7発の高速連射を行う「一斉射撃」』とされている。
フェイトの教育をしていたリニスが、機動力に頼りがちなフェイトの絶対防御対策として考案した。 リニスがフェイトに手本として見せたときは発射体は20体に満たなかったが、フェイトに課した目標は最低30体の生成だった。 当初フェイトは3体までしか生成できず、本人も同時発動・制御が苦手だった。 しかし、そのためにリニスの作ったインテリジェントデバイス・バルディッシュを手にすることによって、この魔法も完成に至った。(以上小説版)
なのはのスターライトブレイカーほどではないが、この魔法も呪文詠唱にそれなりの時間が掛かるため、使いどころはかなり難しい部類と言える。 本編中では、なのはをライトニングバインドで拘束して時間を稼いでいた。 また、フェイト自身の魔力を莫大に消費するため、1度使うと後がない状態に追い込まれかねないことも注意点と思われる。
リニスは発動・命中さえすれば防げる相手はまずいないと言っていた。 小説ではバリアジャケットの原形をかろうじて保っていられるほどの損害をなのはに与えたが、アニメ本編ではまったくの無傷に終わった(VFB054)。
因みに「Phalanx Shift」は、古代ギリシャに端を発した攻防一体の密集陣形戦法であるファランクスが由来と思われる。 それに由来するバルカンファランクスと呼ばれる圧倒的な連射速度を持つ機関砲もある。 本編中での発動呪文は以下の通り。
「アルカス・クルタス・エイギアス。疾風なりし天神、今導きのもと撃ちかかれ。バルエル・ザルエル・ブラウゼル。フォトンランサー・ファランクスシフト。撃ち砕け、ファイアー。」
使用話数:1期第11話、小説版

コバルト このテストの成績・・・不安・・・不確かだから恐ろしい

諷虹 ジャパンホラーは、お化けとか妖怪の姿をみせないからコワイ。逆に出てきた方がこわくない。

コバルト 黙っている方がこわい、しゃべると安心

虚空 考えちゃうんだよね。
四谷怪談でも最もコワイのはお化けじゃなくて、顔が崩れていても髪の毛を櫛でとく場面。あれを延々とやる

ことり (金縛り体験)布団バリアがはれない。もぐってしまえば勝ちなのに。

諷虹 観たい方向をむけないから確認できない恐怖

(あるホラーで潜ろうとした最終ラストリゾートである布団の中にコワイのがいた)

コバルト 最終防衛線。
量子論っていうのが「不確かなもの」っていうのも・・・

ことり ホラーの恐怖と現実の怖さって違いますよね。

諷虹 (いろいろ語る)
死んじゃえば逆に安心っていうのもあるかも。
面倒なゆえの自殺なんかの気持ちもわからないでもない

ことり 人間って群れで生きるものだから、一人の怖さとかも・・・

諷虹 新学期とか、悪い想像ばかりが浮かんでワクワクじゃなくてドキドキ。
想像よりマシと思いたいから逆に悪いことばかり考える。よく考えていて裏切られた時によけいにショックだから。

(ことり スマホ買い替えのトラブル クレームをつける時にどこまで紳士的でいられるか 感情の交え方のさじ加減)
諷虹 嫌な思い出がつきまとうものって・・・心の平穏が常に脅かされる。
子供の顔見るたびに虐待とかしちゃうのもそうなんですかね。
ホラーだとスタッフロールでもうそこで終わる。
自分は怒ったことがあんまりないんですよね。怒りの一線を超えたことってないんです。嫌な思い出がくっつかないように。どちらかというとグッとおさえてしまう。


(インチキ商法)
虚空 騙されることはあっても、騙す人間にはならないっていうことだよね。

諷虹 (実例いろいろ)

ことり そういう生きかたはしたくないですね。

(豊田商事問題・・・被害老人の態度)

(処世の問題)
虚空 IZ小はストレート。R小はいかに誤魔化していこうかばかりなんだよ。
だからIZ小の子は大人になってもたくましい。

コバルト (おうちの図を観ながら語る)

ことり どうすればそういうことを考える余裕ができるんですか?

虚空 っていうよりは、そういうことを考えているから余裕ができる。

諷虹 やってから、あとから考えればいい、っていう

ことり 基盤ができていればそういうこともできるんでしょうけど・・・。

諷虹 大学で家庭環境についてしっかりと把握することって。子どもが家のことの不安を抱えていると勉強どころじゃなくなる。

今、「ソウナンですか?」っていうアニメがやっていて、それの流れになってきていますね。
本当に食べ物がなくなったらどうなるか、っていうのを描いている。

(実家に住み続けたいかどうかの話題)
ことり 一言でいうとコバルトさんが羨ましいんですよね。安定した生活をずっとしていて

諷虹 自分は死の恐怖とは明日の不安を感じたことはないんですよね

コバルト 正社員とアルバイトの違い

諷虹 負荷になることは避けたいから実家にいつづけたい・・・

ことり ものごとを深く考える環境が実家にはあるんですかね。

コバルト 構える必要がない。鎧の必要がない。生命体のままでいられる

ことり (引き籠りの問題)

諷虹 実家ぐらしだから引き籠りもできる

コバルト 現実問題でというのがなかなかないしね

ことり 何かあっても親がやってくれる

諷虹 ただ、普通に生きていられればいい。ハングリー精神はないですね。実家だと

ことり 長生きの秘訣ってそうかもしれないですね。
(午前1時頃 解散)
PR