忍者ブログ

☆クイーンの歌 からのあれこれ① 「祝詞 水・風」 2018,12,15 諷虹宅 

☆昨年映画でも話題になっていたクィーンの歌について・・・ヒマワリフクロウよりのメールでやりとりがふくらみました。祝詞との関係で「水」「風」が出てきています。


歌詞・・・ヒマワリ紹介
http://blog.livedoor.jp/queen0203/archives/1100294.html
諷虹がみつけた別の解説サイト(用語の解説あり)
https://ameblo.jp/oi5555oi/entry-10989673079.html
動画
https://www.youtube.com/watch?v=fJ9rUzIMcZQ
*曲の雰囲気がかわるのがどのタイミングなのかを照らし合わせながら動画視聴
虚空 そもそもこれの前提になっているのが、コバルトブルー君が最初にこの祝詞の解説サイトを出してきて・・・そこからの流れなんだよね。


極めて汚きも滞無れば、穢きはあらじ(きわめてきたなきもたまりなれば、きたなきはあらじ)
内外の玉垣清浄と申す(うちとのたまがききよくきよしともうす)

『地表を流れる川も自然な川は蛇行するのがあたりまえ。もちろん地表の影響もありますが、水が曲がりくねりながら、流れたがっているから蛇行するのです。
護岸工事をしてしまった川はコンクリートの壁に沿って真っすぐに流れる事を強いられます。生き生きとした流れが阻害された水は清浄さを失います』

別の解説サイト https://ameblo.jp/shiori-yama0808/entry-12371832441.html
これは難しい意味がありますが、簡単に言いますと、、、
 
負のものが溜まっていても、流れればキレイになるということです。
私たちは神様の子であり、神様の光の一部が入っています。その力を発揮させるには、負のもの(穢れ)があっては出来ないのです。
 
悩むことは人間ですから仕方がありません。(負のものが溜まるということ)
でも、いつまでも、そのことに囚われていてはいけません。(本来の自分の力を発揮出来ないということ)
流せばいいのです。そうすると、心はキレイになります(流れればキレイになるということ)
ということです。
 
何でもそうですが、溜め込むと辛いものです。
 
お金も溜め込むと、川のように淀んでしまいます。
 
適度に流すことで、澄んだ川になるのです。
 
 
 
なぜ、このような教えが必要なのか?ですが、、、、
今に集中出来ないからです。
 
今、与えられていることが大切なのに、他のことに囚われていては、前に進むことが出来ません。
 
人生というのは、生まれ変わることが出来ると言っても、今の自分で生まれ変わることはありません。
 
今の自分で生きるのは、今世だけです。
 
悔いの無いように、今に意識を向けて、今を大事に生きていきたいですね。

虚空 いいものでも停滞されたらダメになる、っていうのが大事なところ。


諷虹 江戸なんかの宵越しの金は持たない、なんてそうですよね。全部飲んじゃってあとくされなく次の日にまた働く


虚空 それが逆になると必要以上の倹約になり、停滞させてしまう。いくら景気対策といってお金をばらまいても、一部企業や有力者がため込んでしまえば、市場にお金は流通しないからどんどん景気が悪くなる


諷虹が ゲーム(ラストエリクサー)について紹介


味方キャラクター全員のHPとMPを全回復することができる、かなり上級なアイテムである。
ほとんどの場合、アイテム店等での購入はできず、できても相当高価なため、シリーズを通して貴重なアイテムとして認知されている。
手に入れた場合、大抵のプレイヤーは後に登場するであろう難敵や終盤のボス戦まで残しておこうという考えから簡単には使わないのだが、いざ使い所だと思われる場面に遭遇しても、回復魔法や別のアイテムでピンチを切り抜けてしまったりするので、結局一度も使わずにクリアしてしまう事もある。
転じて、もったいなくてなかなか手が出せなくて結局使わなかった物の喩えとして用いられる。


諷虹 R.シュタイナーから学ぶ
水はどう動く、どう動きたい(水の本質的な動き)
 http://1861steiner.blogspot.com/2014/06/blog-post_2.html


虚空 これを水だけではなくて「風」の話も混ぜながら考えようとしたわけだよ。
PR