忍者ブログ

☆クレーム(ケチ)をつける根拠の怪しさ を知る(?)ジョークサイト

*2020年3月14日 諷虹・虚空やりとりから
(有害 等々のクレームについて)

諷虹 有害無害といっても無害の証明だって難しい


虚空 クレームつける人は、特に今の世の中は文句言われて反論できない雰囲気があるから、自分が優越感をもつためになんでもケチつけるという風があるよね


諷虹 だから数学者とかに対する偏見だってね・・・・
分からないことを扱っていると特にそういう目でみられちゃう


虚空 自分が優越感に浸れないからケチつけて潰しにかかるというのもあるかもね。
結局、何に対してどんなクレームをつけるか、っていうのにも人柄というか人間性そのものが出てしまう・・・その自覚もないよね。


諷虹 こんなジョークの記事があります。
:::::::::::::::::::::
ある食べ物が身体にいいという話はよく聞きますが、アメリカの調査結果によれば、パンは危険な食べ物だということがわかりました。パン食が増えている日本も他人事ではありません!
その驚愕の事実をご紹介します。
犯罪者の98%はパンを食べている

パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、テストが平均点以下である

暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている

パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、後に水だけを与える実験をすると、2日もしないうちにパンを異常にほしがる

新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる

18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった

パンを食べるアメリカ人のほとんどは、重大な科学的事実と無意味な統計の区別がつかない
::::::::::::::::::::::::::::::::

虚空 たださ、実際に何かの根拠として統計が示された時に、こういったカラクリが隠れていることって案外あるよ。だからよくよく注意しないとね。

「欧米では・・・」なんて言い出した時なんかは要注意。

高学年とか中学生以降だったら、こういう文章をじっくり検討してみるとか、敢えて作ってみるとかを国語でやってみるといいんだよ。
人を騙す練習じゃなくて、見抜く練習として。
「なんとなく変」って感じても、どこが変なのかがちゃんと分かるようなね。
「論理のすり替え」とか「二者択一」とか、本当によく使われているからね。
PR