忍者ブログ

☆学修塾ダンデリオン 1月22日ツイッターに関して 諷虹・虚空 やりとり④ 「死と再生」

虚空 エヴァには電源ケーブルがつながっている・・・へその緒だよね。
諷虹 アスカのうずくまっている姿もまさに胎児の姿勢
(アスカが復活する時に、砂浜のカット 渚)
諷虹 母親の惨たらしい死の姿がでてきたのって、黄泉の国から去る時の極み?
*ラインに なのは のことを書いたことをきっかけに 起動呪文を復習
『我、使命を受けし者なり。契約のもと、その力を解き放て。風は空に、星は天に、そして不屈の魂(ココロ)はこの胸に。この手に魔法を。レイジングハート、セットアップ!」(1期第1話)
「風は空に、星は天に、輝く光はこの腕に、不屈の魂(ココロ)はこの胸に! レイジングハート、セットアップ!」(1期第9話)』
虚空 とどのつまり単純にいうと「おさまるべきところにおさまる」っていうこと?
それが魔法への扉を開いている?・・・一般化すれば、隠れていた内なる力の発動。
他との共鳴が魔法的な威力を発揮するっていうことかね・・・
もともと なのは は魔法力の資質はもっていたわけじゃない・・・本人は全く気が付いていなかったけど。よそから魔法力を受け継いだわけではない。
それと同様に無意識っていうか、まだ気が付いていない自分っていうのが無意識の世界にはやまほど存在していて、それが現れるのがトランスフォーメーションを起こしながらの人生っていうことになりそう。 
だいたいさ、こういったアニメでの変身シーンのお約束みたいな感じで、なのは達の変身シーンでも着衣が全部はがれて、っていうのが描かれるけどさ。あれって単なるサービスカットというように捉えられているけど、もしかしたら「衣服」の着脱が「死と再生」とか「本性示顕」とかとつながるという心意伝承のようなことがベースにあるんじゃないかと思うよ。
「元服」っていう感覚もそれに近いのかな??? 元服の儀式では服装に大きなポイントがあるわけだけどさ、「元の服」って。本来それを身に着ける資格は持っていたけど、まだ時期ではなかった・・・今まさに機が熟して・・・・というのが元服
上原先生が「今風の成人式は早く辞めさせて元服に」って言ってたけど・・・武士の家の子だったら大人になったのだから、もう合戦にも参加して死ぬ覚悟をするのが元服だったわけだよね。
今の成人式は「堂々と酒を飲んで我が侭が許される日」・・・格式高い羽織袴スタイルがヤンキーの代名詞になってしまっているというのは妙な世の中だよ。
諷虹 ちょっと違った観点になりますが、星回り・・・満月になった時に特別な力を発揮するみたいな・・・特別な時が満ちた時に力が発動っていう意味合いもあるのかな、って。この「星は天に」って。
虚空 それこそ「時間・空間・人間(ジンカン)」の錯綜だね。
諷虹 そういう意味では「風は空に」という言葉が前に来ていることによって、「流れが変わる」宣言・・・星の位置も変わっていくとか。
それが今日の最初に出た歌詞「二人だけの秘密の夢の座標(星座)をそっと記す」につながっていくのかな・・・。
虚空 続きの歌詞にも「誰にも想像できない物語のプロローグに繋がっていく」「始まりを告げるよ」なんていう言葉があるじゃない。
諷虹 「計算違いの展開が未来を切り開いていく」なんていうのもありましたね。Don’t be long  でしたっけ。
(歌詞確認)
「君との出会いで胸に輝く勇気は 思いがけないほどに 大きく解き放たれた」
⇒ 共鳴の拡大?
虚空 はじまりはいつでも「ささやか」で「単純」・・・でもそれを大切にするから最終的にはすごいことになる・・・
最初の「老子さん」の言葉の真意と通じるかどうかは分からないけど・・・・
諷虹 バタフライエフェクトですね・・・
(0時7分終了)
PR