忍者ブログ

☆Nanba先生を囲んで Ⅰ-① 「駿煌会」が社会人教育モデル?

2019年6月1日に「全国大学国語教育学会 第136回茨城大会」が茨城大学で行われたのですが、水戸にいらしていたNanba先生(広島大学副理事・大学院教授)から声をかけて頂いて駿煌会若者メンバーと一緒に語り合いの時間を持つことができました。
その際のやりとりの一部です。


話が錯綜しているので、やりとりの順序を入れ替えて同様の内容ごとに分類しています。なので、話の流れが若干おかしいところもあることをご了解ください。


①はNanba先生からみた駿煌会というこの集まりについてのコメントから広がったやりとりです。

*駿煌会メンバーに関して
Nanba先生 良かったね、虚空さん。こういう仲間がいて。

ヒマワリ 本当にそうだよね。

虚空 実際私の方が黙りこくることだって多いですからね。ゆうべもそうだったけど。

ヒマワリ 分母と分子がひっくりかえっちゃって・・・どっちが先生だか分からない。

Nanba先生 本当にこの人たちって一体なんだんだ?すごいね。

虚空 教師と教え子の関係か、っていったら全然違うでしょ。

Nanba先生 全然違うね。だからなんなんやろう、って思って。

虚空 対等どころじゃないですよ。

Nanba先生 多分、ある種、恵まれない人に対して何とかしなくちゃいけないと思っている人たち、っていうのは分かるんですよ。ほぼね。だよね。
情というか義理堅いというか。

(虚空の年齢の話になり)

Nanba先生 !!!!!!! そんな上なの!ビックリした!!! あんた天才やね!!!
この(若者の)レベルと話せるっていうのは天才やな。もっとずっと若いと思ってた。
虚空さんと最初に出合った頃と全然年齢がかわっていない

ヒマワリ いつから出会った?

Nanba先生 20年前に出合ってる

ヒマワリ えー

Nanba先生 じゃああの時にはもう40くらいだったんだね。

虚空 むしろあの時よりもガキになってると思います。同年代としゃべっていなかったのが、ここ数年で深夜アニメなんかの話を中高生とやりはじめたりしてるんで。そういうざっくばらんな話をしたことがなかったわけですよ。それを今は普通にやってる。
できなかったことを今になって取り戻している感じ。だから数年前よりガキだよね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::
*社会人教育と駿煌会

虚空 コバルト君が言っていたんだよね「好き勝手に自分のものをぶつけあってる」って。
でもそれで世界が出来上がってちゃっている。

Nanba先生 そういう空間を作っているのよ、虚空さんが。今日の発表でも何度かいったけど「しつらえている」のよ。
簡単に言っちゃえば「何でも言い合える」なんだけども、そういう風にパーンと違う話題を出してくって、なかなか現実の世界では許されないじゃない。邪魔するものがいっぱいあるじゃん。そういう邪魔するものをなくそう、なくそうとしてこの空間が作られているな、って。
これは外からみると気持ち悪い集団なんだけど、中にいるととても心地よいと思うよ。ちゃんとしつらえて教育しているなと思う、とっても。

虚空 私が教育されているんです。

Nanba先生 いやいや・・・これは成人教育の一つの事例として出したいくらいだよ。成人教育するってどういうことなのか、って。

ヒマワリ ほんどだ!

諷虹 私も高専くらいの時から・・・さっきもどっちが教師なんだという話になりましたが・・・高専の数学(3年の後半)から教えてもらうというより、一緒に考える、っていうような

虚空 だってその頃になると大学数学の初級レベルで自分が習ったこともない内容ばかりで・・・

諷虹 その蓄積がずっと今にも続いていて・・・もう大学を卒業して勉強することは何もないんですけど、毎週毎週このアニメをみてこういうことを思った、みたいな・・・共鳴感みたいな・・・互いに思ったことを・・・

コバルト 重ね合わせていく。

虚空 そこで象徴的だったのは先週の金曜日だったんだけど、私が諷虹の意見を聞きたくて量子論の番組をみせはじめて・・・そこで量子コンピュータ―の量子ビットの話が出たところで、麻雀アニメの「咲」っていう話にポンと飛んでね。私は麻雀のルールも何も分からないんですけど、でも「だから分からない」じゃなくて直感するわけですよね。諷虹がどういったつもりでこの話題を出してきたんだろう、って。麻雀のことは全く私が知らないのを知っていて、敢えて出してきたわけですから。

諷虹 まずポーカーの話がでたわけですけど。

虚空 そこからね、ガルパンとかは昭和の青春ドラマ風で、咲もそういう要素はあるけど、このアニメの特徴は「重ね合わせ」だな、って。量子論的な発想がとれるアニメだよね、って。
でもね、量子論の科学番組をみて、いきなり咲の話・・・だってあのアニメについて虚空に話そうなんて思ったことはなかったんでしょ?

諷虹 たまたまですね。そういえばこんなのあるんですけど、くらいの感じ。私も全然意図していなかったんですけど、

Nanba先生 そういうのがちゃんとつながっていくのがすごいよね。

虚空 量子論の話をしているところで「咲の話を出していいのかな?」って考えないところがね。

Nanba先生 考えないような風にしているんだね、虚空さんが

諷虹 それが今までの積み重ね。

Nanba先生 自由に出せるイマジネーション・・・これが僕は虚空さんがこういう学校を作っていると思えばいいんだよ。成人教育の場なんだと思う。
それが僕は分かった。虚空さんは一体何をしているのかな、って思っていたけど、そういうことだったんだな、って。

発達段階があがっていった人たちが・・・発達段階があがった人たちって下がれないんだよ。
そうしたらどうしたらいいかっていうと、他の人を上げるしかないんだよ。取り残されちゃうから。
そしてもう一つは、上がっちゃった人同士がつながらなければならないのよ。潰されちゃうから。僕はこの場はそうだな、って。

虚空 コバルト君の方が分かっているかもね。コバルト君もさ、いろいろな話に対して違うサイトからポーンポーンって出してくるじゃない。
それを情感の世界に引き戻すんだよね、ヒマワリさんが。

ヒマワリ 情感の世界にヒマワリ戻してる?

Nanba先生 そうか

虚空 それはソルティさんがすごく感じてるじゃない。

ヒマワリ ああ、そうだね・・・優しいみたいな・・・

虚空 やっているうちにこの3人(虚空・コバルト・諷虹)はちょっと学問的な方向に走りがちなんだよね。
ヒマワリ そうだね・・・

虚空 それを人間の世界に戻してくれる、っていうので塩見さんがヒマワリさんの発言をそういう受け止め方してるじゃない。

諷虹 ワイドショーのおばちゃん感覚のように

ヒマワリ こういうことを言って欲しいのかな、っていうのが分かっちゃうんだよね、なんとなく。

(各メンバーについてのあれこれのあと)

虚空 駿煌会でみんな怪しげな名前をつけてやりとりしていますけど・・・あれ、知らない人がブログに載せたやりとりをみても、そんなに年齢差が分からないとおもうんですよね。それがここの特徴であり面白さだと思うんですよね。

Nanba先生 いやー面白いわ。面白いけど読んでないけどね。

コバルト 衛星と恒星が入れ替わると言うか・・・・

Nanba先生 なにそれ!天才すぎるんじゃない、それ!!

コバルト 分母と分子がひっくりかえるようなものなんですけども・・・月と地球がひっくりかえるようなもので・・・

諷虹 重力の中心感覚ですね。

虚空 こんな風にすぐに言い換える

コバルト こっちがずれたことを言っても分かりやすくしてくれる

Nanba先生 それほど分かりやすくはなっていないけどね(笑)

諷虹 場を支配するというか、空気を作る人がいつの間にか入れ替わっている

Nanba先生 それなら分かる分かる・・・それが月と地球ってことね。それが重力

諷虹 こっち側に立っていると思い込んでいるけどいつのまにか月の側になっている

Nanba先生 それがまた逆に心地いいわけでしょ?

コバルト 教室でもそうです、教師と・・・

Nanba先生 学習者のね。

コバルト それが入れ替わる

虚空 コロコロ入れ替わるよね。

ヒマワリ 誰が中心だなんて考えたことない。

虚空 私と諷虹との間で数学的な例えになっていっても、すぐにこの二人は使い始めるからね。

Nanba先生 そして違う事を言うんだよね。

虚空 果敢に取り込んですぐに使うよね。

ヒマワリ そうだね。辞書が増えたっていう感じで。

虚空 その取り込み能力っていうのは・・・特にこの二人は

Nanba先生 天才だよね

ヒマワリ 面白いからね。

諷虹 面白いと思わなかったらね

虚空 「私は数学なんて苦手だから」とか、そういった拒絶反応なんてなしに貪欲に取り込んでいく・・・添加していく。自分の意識の世界にポンポン入れていってしまう。
英才児もそうだけど・・・

Nanba先生 この人たちも英才児なのよ。

ヒマワリ 英才小に行きたかったなー、なんでZAKI小だったんだろう。

虚空 でもね、ZAKI小ってそういう子が多いのよ。地域的に成績とか進路にこだわっている親があまりいないからというだけでね。

Nanba先生 それ、よう分かるわ。

虚空 ZAKI小の子はすごいの、潜在能力が。

ヒマワリ そうだったのかー。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*類化性能に関しての話へつながる
虚空 この4人の特徴って、折口先生が言っている「類化性能」がね・・・あれがあたり前にね

Nanba先生 そう、すごいんよ。働くのね。

虚空 だから、みんなポーンって見かけ上全く違う話題をふってくるわけですよ。本質はナルホドつながっている、っていう。
それが駿煌会のラインでは飛び交っているわけですよね。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
*拠点をちゃんと作るべきでは?
Nanba先生 (コバルト君に対して)あんたさ、自分の立場を生かしてさ、ここを組織化してさ、

ヒマワリ すごいね!塾作る?

Nanba先生 マジ、マジな話。僕も参加するよ、無給でいいから。マジでマジでマジでマジで。

ヒマワリ 教員免許持っていないけどいいかな

Nanba先生 表にでる先生は別に雇ってもいんだから。でもバックアップするための組織体っていうのはいるじゃん。

コバルト 面白そうですね

Nanba先生 絶対面白いと思うよ。

コバルト 儲かる儲からないじゃなくて、面白そうですね

虚空 実際前に社会人クラスってコバルト君が言い出してやったじゃない。

(社会人クラスの話題)

Nanba先生 それをちょっと視野に入れようよ。

コバルト まあやっていて面白かったです。

Nanba先生 やろうよ!このメンバーがこうやって元気でいる間に、何か作って・・・虚空さんがいつどうなるか分からない人だから・・・。マジで。ヘッドがおる間に・・・

虚空 実際に4月に主治医がかわって、去年の4月のデータをみて「よく死にませんでしたね」って感心されましたから。
PR