忍者ブログ

☆Nanba先生を囲んで Ⅰ-⑤ ガルパン聖地大洗にみる「ふるさと意識」等々 & 令和について

「おうち」意識は何も家に限ったことではありません。「ふるさと」もおうち意識そのものです。

茨城県の大洗は通称「ガルパン」(ガールズ&パンツァー)の聖地。
そこで展開されていることは、まさに「おうち感覚」(母胎回帰性)そのものを持ち込んでのことです。

ガルパン仕掛け人として有名なとんかつ屋の店主 常磐さんと虚空のやりとりも紹介されているのですが、「ふるさと」だけではなく「組織論」としても大事な内容です。

元号「令和」に関するやりとりも、「時間・空間・人間(ジンカン)」という世界定めの観点からいっても、元号が単に時代を現す名称というものではない・・・意識の基底に大きな影響を及ぼすものという観点からのものです。
ダンデリオンツイッターの過去の記事も一部再録しています。
広い意味ではやはり、「おうち」意識との接点があります。

途中「戦車は雌雄同体」という駿煌会の珍説が飛び出し、Nanba先生は目を白黒という場面もありました。
*茨城県について
Nanba先生 昨日家を出るときに「晩御飯は餃子食べるわ」って言ったらうちの奥さんに「それは宇都宮でしょ」って言われて・・・「そうか、水戸は納豆だ」って思って。

虚空 水戸は納豆と梅と・・・

諷虹 ぐらいですね。あと水戸学とか

ヒマワリ なんもないね。

Nanba先生 そこで水戸学なんかが出てくるなんて・・・なんなんな!

虚空 まあ最近は茨城もガルパンで名を売っているから。もっともそれで有名になっているのは大洗で、大洗が茨城にあるっていうのを知らない人も多いよね。

Nanba先生 大洗は茨城なの?千葉じゃないの?

虚空 茨城ですよ。彼(諷虹)の家から車で10分くらいのところですから。だから上り特急が出る反対側のホームの鹿島線で2駅目が大洗です。時々ガルパン車両が停まっていますから・・・ああ、ガルパンは分かります?

Nanba先生 ガルパンは分かるけど・・・大洗が分からない。鹿島線が分からない。ガルパンだけ分かっているっていうのはどういうことなんかね・・・。リアルな地名としての大洗が分からない。大洗って千葉じゃないの?茨城っていう言葉がでてる?

諷虹 出ないですね・・・

Nanba先生 大洗は大洗だよね。

虚空 茨城と知られていない・・・

諷虹 魅力度ランキング48位ですから・・・最下位なんですけど

コバルト 関西だと「いばらき」っていっちゃいますからね。

(宇都宮と水戸との距離の違い等々の話題)

Nanba先生 北関東は関西人にとっては謎なんよ。

虚空 蝦夷とおんなじ感覚?

Nanba先生 並びが分からない。千葉は分かるんよ。その上に茨城があったような気がする・・・
(福島や郡山の話題)
Nanba先生 関西ってさ、阪神電車、阪急電車、南海電車・・・って出来ているから、こっちはこの線、こっちはこの線、こっちはこの線、なんよ。それで分かる。でも東京(関東)は分からないんよ。
(路線図の話題)

虚空 この辺って大国主系の神社は多いんですよ。

Nanba先生 何で?

虚空 島根の方から渡ってきた一族がいて・・・だから出雲大社もあるんですから、国道50号沿いに。こっちにもってきたのが。
・・・大洗の磯前神社だって大国主系でしょ。

Nanba先生 出雲で何かあったのかね?

虚空 あったんでしょうね。それでこっちに移り住んできた・・。

Nanba先生 そもそも出雲の人たちって畿内から出た人たちって言われているじゃない。出たのか喧嘩して負けたのかは分からないけど。その人たちがまた東にいったということだよね。

虚空 なんだかんだいって関西とか西日本とはいろんなつながりがあるんだよね。鹿島神宮だって奈良の春日大社とかかわりが深いしね。前調べたよね

諷虹 奈良公園の鹿は茨城からきたとか・・・
鹿島アントラーズって知ってます?あのマスコットも鹿

Nanba先生 あーそーだ。鹿っていったら奈良だからね。

虚空 鹿島神宮でも、鹿島とセットになっている千葉県の香取神宮も、どっちも鹿を飼っていますから。

Nanba先生 京都とかを全部とばしてつながっているというのが不思議だよね。
何でなのかね・・・何かを避けているのかもしれんな。

コバルト ゼロ磁場に関係あるんでしたっけ?

虚空 知らない。

コバルト ゼロ磁場の並びに

Nanba先生 ベルト地帯みたいな? 奈良の方まで続いているわけ?

コバルト そう。スカイツリーとかも

Nanba先生 何でそんなこと知ってるの?何なのこの人たち?
:::::::::::::::::::::::::::::::
すべての始まりの地!鹿島市「鹿島神宮」は人生最強のパワースポット
参考 https://www.travel.co.jp/guide/article/29224/
(一部抜粋)
天孫降臨ってご存知?天上にいた神様が地上に降りてきて日本を治め始めたことで、その降り立った地が現在の宮崎県高千穂と言われています。そんな天孫降臨に全く関係なさそうな茨城県鹿島市の「鹿島神宮」は、その天孫降臨に重要な役割を担った神社で、「すべての始まりの地」と呼ばれるほどの凄いパワースポットです。
鹿島神宮は神武天皇元年創建で、日本の皇紀と同じ2,677年の歴史を持つ古社中の古社です。初めて神社の格式が決まった延喜式の平安時代から、伊勢神宮のほかに神宮と呼ばれたのは、鹿島神宮と香取神宮だけと聞けば、いかにその格式が高かったことが理解できるでしょう。
鹿島神宮のご祭神はタケミカヅチ神。香取神宮のフツヌシ神とともに天孫降臨に先立ち、先遣隊として鹿島市の明石の浜から地上界に降臨し、それまで日本を支配していたオオクニヌシから国譲りの約束を取り付けた、云わば神話時代の外務大臣です。しかし、納得しなかった弟のタテミナカタが反抗すると圧倒的な強さで討伐した防衛大臣でもあるのです。
不思議なことに、ここ鹿島神宮と高千穂神社を結ぶ直線上には、伊勢神宮、富士山、明治神宮、皇居が並びまさに日本と皇室を象徴しています。そして夏至の日に太陽が、この鳥居から西に進むことから日本最長級のレイライン(光の道)とされ、その入口にあたることから鹿島神宮が「すべての始まりの地」と呼ばれています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

諷虹 多分余暇時間なんですよね、フリーターとしての。

Nanba先生 仕事してるじゃない

諷虹 アルバイトなんで・・・。その時間以外はテレビやネットでいろいろな無駄知識は蓄積されているかな。
そこらへんが学校に勤めている人だと時間がないと思うんですよね。

(コバルト スマホでゼロ磁場について検索)

虚空 自分がきいたことあるのは、富士山から皇居への特別な地脈の上に中央線が走っているから、あそこは自殺が多いんだって。

*「令和」という元号について
諷虹 令和の時代にこういう話題っていうのも・・・

Nanba先生 令和も令和・・・ちょっと霊感のあるような元号だよね。

虚空 「零」と「霊魂の霊」を諷虹と二人して思いうかべてたんだよね・・・言霊的にね

Nanba先生 あれはやばいね

諷虹 令和っていうキーワードだけで2週間くらい話題にしていましたからね

虚空 それにダンデリオンさんもからんできて

Nanba先生 あれを考えた中西進っていうのは天才かなと思った。

虚空 万葉学者ですよね。

Nanba先生 万葉学者。・・・3回結婚したんだっけ? ああいう人たちはああいう人たち

諷虹 世間の目じゃない。

虚空 万葉集研究って万葉人・・・折口先生ともつながるしね。

諷虹 Nanba先生は令和ってきいた時にどういうイメージを?
Nanba先生 言語学的な話になるけど、「らりるれろ」音って日本語にほぼないんよね。漢音からきたものだから。それを敢えて使ったというところが・・。みんな「万葉の」って言っているけど、僕は一番「外来語」っぽいな、と・・・「音」的に。

中西さんは多分そのことも考えたと思う。みんなは万葉って思うだろうけど、一番日本語から遠い音から始まるもの・・・恐ろしいと思った。深い。

諷虹 一番ぶっとんだ感じがしたから

Nanba先生 万葉集ですよ、っていえばみんな黙る。でもそこの音は最も日本語から遠い。これはW(ダブル)イメージなのよ。すごいなと思った。怖いなと思った。

コバルト 量子論的

Nanba先生 そうそう、モヤと粒子と一緒で。ある時には「大和(ヤマト)」ある時には「中国」ということでという出会いっていうのが、両方出ているから。万葉っていっても元々あれは漢詩だからね。万葉集の中の「大和歌」ではないんよ。しかもあれ、元があるし、中国に。元をふまえて作っているし。

虚空 それをダンデリオンさんが書いてたわけだよね、この間。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
5月5日 ダンデリオンツイッター記事より
2019年5月1日から始まった新元号「レイワ」は「国書である『万葉集』を典拠とした」と主張されていますが、『万葉集』の歌人たちの文章は、多く中国の古典籍を範としていることは論を俟(ま)ちません。今回引用された箇所は、太宰(だざいの)帥(そち)大伴旅人(おおとものたびと)の邸宅で開かれた宴会で詠(よ)まれる梅の花の和歌群についての序文です。
その大伴旅人自身、『老子』や『荘子』の影響を多分に受けていたことは、学界ではすでに常識なのです。政府の発表でもその後のマスコミ報道でも、最初の一文しか引用しませんが、不思議と興味がわいてきて、この序文全体を読み、その後の和歌群を一通り読んでみました。(後略)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Nanba先生 分かる人には分かるんだよね。僕みたいな言語学の立場からいえば「らりるれろ」音を持ってきたというのが結構衝撃で。

だってさ、しりとりやっていると「らりるれろ音」がでてくるとすぐにでなくなる。もともと日本語にはなかったから。
だからすごいなーっていうのが印象。
そういう視点っていうのは議論されていないんだけど・・・「僕だって飛べるよー」っていうのが言いたかったの(笑)
漢字音だから当然日本語化しているわけだけど、その中でも最も日本語から遠いのね。
もうちょっというと「レ」っていう「エ音」っていうのは、そもそも日本語には「エ音」がなかったという説があって、沖縄方言で例えば「せいめい」っていうのは「しーみー」っていうのね。日本語が琉球語になったときにそうなったという説もあるんだけど、むしr琉球語の方が先で・・・もともと3母音だったものが5母音になったという・・・。
「えけせてねへめれ・・」っていうのは辞書をひいても少ない。中西進はそういうこと知っているので、敢えてこだわったんだと思う。敢えてダブルイメージで。
だから多くの人があれをきいた時に「大和歌だ、万葉集だ」っていいながら「ん?」っていう部分もあったと思うんだよね

諷虹 違和感はありましたよね。

Nanba先生 その違和感も源をみんなうまく説明できないと思うんだけど、うまく説明できないものをあの人はうまく生みだしたんだなと。

諷虹 日本人古来にない部分を・・・

Nanba先生 それに日本人古来の部分をかぶせてきたのよ。日本っていうか、そもそも文化ってそういうもんだから、もともと日本だって様々な文化でつくられているわけで、いろんな文化をとりいれながら日本文化ってなったわけじゃん。中西さんはそこがよく分かっているから、そういうものとして「令和」って・・・。
つまり日本なるものが如何に複雑で、しかし伝統的で、且ついろんな人によっていろんな風にみえていくものとしてあるか、っていう

コバルト 何でも取り入れちゃう。クリスマスとか何でも。

Nanba先生 しかもそれがいつのまにか変容するじゃん。取り入れるけど変容するじゃん。変容する磁力もすごいし、取り入れる磁力もすごい。

諷虹 先生と令和が発表された初期の頃に話題にしていたのは「スピリチュアル」「霊魂」の「霊」と「ゼロ」の「零」が元でっていうのがあったんですけど

Nanba先生 あー!それもあるかもしれんね。

諷虹 日本人古来のイメージと離れているということに結び付けると、数字のゼロももともとはなかった概念で

Nanba先生 ないね、スピリチュアルもないね。すげーね!それは

諷虹 それを取り入れる日本人のセンスっていうのもすごいな、って。

Nanba先生 それも中西さん分かっていたと思うよ。日本が如何に複雑なものであって、且つ 単純なものか・・・っていうのを日本語が説明しているね・・・・って、今思いついて言っているんだけど。

諷虹 しかも二文字目が「和」ですもんね。「昭和の和」

Nanba先生 敢えてもってきて被せてる。

諷虹 和の国的なこと

Nanba先生 和の国的なことを出しながら・・・

諷虹 日本人離れしてる。

Nanba先生 令できて和で結ぶ

諷虹 まさに和の感覚ですね。

Nanba先生 梅の花、なんていってる場合ちゃうね、って。でも水戸は喜んでいるんだろうね。

(そんなでもないと口々に)

Nanba先生 そうなの?福岡はめっちゃ押してるよ。大宰府は今人が来まくっているよ。

虚空 水戸はそういうところ鈍いよね。

諷虹 偕楽園をもっとおしていけばいいのに

Nanba先生 偕楽園こそ梅の名所じゃん


*ガルパンの話題
虚空 仕掛け人がいないんだよね。ガルパンの場合にはとんかつ屋のおやじさんが仕掛け人になったじゃない。

Nanba先生 とんかつ屋のおやじ、って何?

(常磐さんの説明)

諷虹 常磐さんの感覚ってまわりを巻き込むんですよ。お年寄りとかも引き込んできた。

コバルト 大洗を巻き込んじゃった

虚空 常磐さんの偉さって、アニメが好きな世代とかとは全く関係ない人達を・・・年配者とかもどんどん巻き込んだっていうところ。

Nanba先生 それがさっき言った第五段階なんよ。

虚空 常磐さんと実際にお会いしてしゃべった時にね、「すごいじゃないですか、これが学校だったら名校長になれますよ」って。そしたら「いやあ、俺はそんなことないよ。ただみんなの話を聞きながら一緒に酒を飲んでるだけだよ」って。「それがいいんですよ」って。

それで私がちょっと調子にのって「大洗の子ども達が楽しみだ」って言ったんですよ。「そうやってアニメとは全然関係のない年配者もまきこんで、しかもまわりから来てくれた人たちをどんどん包み込んで一つの世界を作っている・・・そういう大人たちの後ろ姿をみている中高生たちが、これからどういう大洗をつくっていってくれるのか・・・それ楽しみじゃないですか」って言ったら「それは考えた事なかった」って。それで並んで記念写真を撮ってもらったっていう・・・

Nanba先生 そういう風にいえる虚空さんもすごいね。本当にそうだよ。

虚空 実際に諷虹ともそういうことをしゃべってたんだよね、何度か。

Nanba先生 いやーすごいな。そういう人がいると全然変わるよね。

諷虹 やっぱりガルパンって戦車を題材にしてるんで、戦争を経験した世代が楽しんでくれているっていうのが・・・

虚空 もっともアレルギーが出て当然の世代が一生懸命にガルパンのことを盛り上げているっていうのがね。

Nanba先生 ガルパンの世界観は最も戦争とは遠いところになるわけじゃん。戦車を使いながらも。
そこであんだけ受けたんだと思うんやけど・・・

*「母胎イメージ」・・・ふるさと
虚空 ただね、諷虹とよくガルパンの話をしていた時に、あまりそういう言い方をする人はいないけど、戦車のイメージって何だろうね、って。

やっぱりそれは「雌雄同体」じゃないか、って。「男性原理」と「女性原理」を両方もっているのが戦車だよね、って。

Nanba先生 うわー! えっ、ちょっと・・・女性原理ってどこなの?

虚空 戦車の中は特殊カーボンで守られているから安全っていう設定じゃないですか。

Nanba先生 雌雄同体なんていう発想、どっから出んの?

虚空 私と諷虹がくっちゃべるとこうなっちゃうんです。

Nanba先生 戦車を雌雄同体ね・・・すごいな・・・

諷虹 空母なんていうのもそうですよね。

虚空 そういうのと折口先生の真床覆衾襖ともつながると思うんですよ。
「おうち」だって結局は同じ発想じゃないですか。
エネルギーを蓄えて、そこから外へ生まれていく。

Nanba先生 空母ね

虚空 だから「戦争」っていうイメージを切り離して考えるとさらにいろいろなものがみえてくる

コバルト 空母をなくしたら飛行機はどうなっちゃうか・・・

Nanba先生 帰るところを失っちゃうわけだよね。「母なるうち」なんだよね、やっぱり。

虚空 そうすると最近のアニメでいえば「荒野のコトブキ飛行隊」とかも

諷虹 ガルパンと同じ作者の人がつくっているんですけど(アニメの解説)

虚空 飛行船が空母みたいになってるじゃない。あれがまさにおうち。出撃と帰還のくりかえし。形からいってもまさに母胎。

Nanba先生 戦車もおうちなんだね。

虚空 しかもあれに乗りながらみんな精神的にどんどん成長する・・・まさに新たな魂を依りつける・・・真床覆衾襖。

Nanba先生 本当にあそこに乗っているのは子どもなんだ、ある意味で。

諷虹 あとガルパンでは「母校」とか

虚空 学校をすごく大事に位置づけていますよね。

諷虹 大洗という町もね

Nanba先生 ホームタウンだよね。

諷虹 それが実際にあるということで全国から集まってくる。

虚空 リピーターが多いということと、ふるさと意識

諷虹 他県から来た人って、必ずっていっていいほど「ただいま」の感覚なんですよね。お店の人に「また来たよ」じゃなくて「ただいま」。実家に帰ってきた感覚。

Nanba先生 だから「聖地」とは違う感じなんだ

諷虹 ある意味で本当の「聖地」なんです。11月のあんこう祭にも毎年毎年帰ってくるという感覚なんでしょうね。アニメ放送が終わっても声優さんをよんで10年くらいたつわけですからね。

虚空 私も彼の話で、へー って思ったのが、キャラの誕生祭りの時にね、キャラの顔が描いてあるケーキがあって、みんなにスプーンが配られて「一口ずつどうぞ」って。行列になってまずはみなさん写真を撮って、それから食べる・・・

諷虹 来る人もそのキャラの誕生日プレゼントを持ってくるんですよね。それで声優さんからのメッセージがあったり、ハッピーバースデーをみんなで歌って・・・それで一口ずつケーキを食べるんですが

虚空 それがみんな端から食べるんだって。いいところを自分が我先に食べようじゃなくて、列のあとの方に並んでいる人のことを考えて、っていうのがね。

コバルト よく観光地で目立つところに自分の名前を刻もうとする人いるけど

虚空 真っ先にやろうじゃないんだよね

コバルト 傷つけない。

虚空 よそから来た人も自然にそういう風になっちゃっている

諷虹 大洗のイベントの後ってゴミが全く落ちていない、っていうのでも有名なんですよね。次の日に清掃員の人が仕事がないっていうくらい。10万人以上が来るんですよ。

Nanba先生 観光地じゃないんだな。観光地のように行って帰ってくる場所じゃなくて、まさしく「戻る場所」なんだね。

コバルト 子宮

Nanba先生 子宮か・・・すごいな・・・。

コバルト 汚そうと思う人がいない

Nanba先生 子宮だもんな。

諷虹 実家かえって汚して帰ってくるなんてね・・・

ヒマワリ 生まれ変わりだもんね。
PR