忍者ブログ

☆2018,12,14コバルトブルー宅にて①  「いい風」「いい流れ」

これもブログに載せようと思っていてなかなか手つかずになっていたコバルトブルー君宅にヒマワリフクロウ・虚空が集合してのやりとり記録です。

「異なる立場の共存共栄」ということがベースなのですが、話はあちこちと多岐に渡っています。この記録の最後の最後のところで、上原先生が「かぶき者」に何故注目していたのかという話にもなります。
虚空 畑違いの人間のやりとりを載せたい


コバルト 一つの物事に対していろんな矢印とかが立体的にみえるだろうって。


ヒマワリ いろんな見方だね


虚空 よく知らない人のコメントがいい風を吹かせてくれる、っていう感覚


コバルト ある意味でぶっこわし破壊者


ヒマワリ タロットの塔だよね。


コバルト 崩れるって大事な事


ヒマワリ 再構築、究極のバッドエンドが究極のハッピーエンドに


コバルト 無垢・・・白無垢


虚空 それがこの前から出てる、千尋とかアシタカの馬鹿正直さにも通じる。

 いろんな人が風を吹かせてくれることで広がる。分かっていると思っている人たちだけのやりとりでは、狭い枠にはまってしまう。
それが年齢や立場も関係なく駿煌会のやりとりがなされているというのはね。
宮崎アニメでは風がやたら吹くでしょ


コバルト 感情でも吹く


虚空 よどんでたらダメ。祝詞でも・・・「極めて汚きも溜りなければ清し」・・・黄泉の国を通過して開眼する・・・目覚める・・・天照とか生まれた。

淀む、停滞をダメとする。惰性を嫌う。マンネリを嫌う。単なる反復の漢字練習もね。
「分かった」というのも、そう思った瞬間に停滞になり、それは「死」と同じ。
それを物理で言うとニュートンの運動方程式の感性の法則になる。F=ma 。等速直線運動も静止も本質は変わらない。変化があるから生きているといえる。


コバルト (祝詞の解説を読み上げながら)やっぱり水だよね。

あと今、タイの人とやりとりしているんだけど、ブッダの教え・・・ガンジス川の沐浴。日本でいうと滝行。


虚空 山岳信仰と仏教が融合したでしょ。山伏。修験道。どんどん混ぜてしまう。


コバルト 虚空さんは自分は弱いっていっているけど一本筋が通っているのをゆずらない。
ヒマワリ 自分は虚空さんみたいに杉の木のようにできないな。柳の木。


コバルト 祝詞解説のサイトから
『地表を流れる川も自然な川は蛇行するのがあたりまえ。もちろん地表の影響もありますが、水が曲がりくねりながら、流れたがっているから蛇行するのです。
護岸工事をしてしまった川はコンクリートの壁に沿って真っすぐに流れる事を強いられます。生き生きとした流れが阻害された水は清浄さを失います』

ヒマワリ 校則とか破ったことはごく自然なことだったんだね。


虚空 本当の感性を持っている子が問題児扱いされてしまう。だいたいそういう子をどうしていいか教師が分からない


ヒマワリ 自分の意見に自信がないから、結局どうしていいかわからないし・・・意見を聴くことも大事だってわかるけど、でも自分のやりたいようにかりたいし。
自分でもコンクリート作ろうとするかどダメなんだよね。やっぱ私は竹・・・コンクリートさへ打ち破る竹


コバルト やりたいこと・・・


ヒマワリ 結局内からでてくるもの従っているしかない。


コバルト 学校とかも単なるきっかけ、気づき・・・


ヒマワリ アンテナ


コバルト 周波数もあるからね。今はAMとか今はFMとか。自分の大切なものって自分の盲点の方にあるから


ヒマワリ 誰か教えてくれよって・・・みえないものを見つけたくて・・・探して


コバルト 千尋が本質を見る目を持てたっていうのは清らかさ


ヒマワリ あれだけ 目 目 目 って。


虚空 そこも謎なんだよね。


ヒマワリ その時々の判断でかえていいのかな、って。


虚空 それが自分の内なる心意伝承とコンタクトをとっていれば自然になるようになる。その判断を他人まかせにすると、怪しい教祖様にひっかかる。
生活を通して、やりたいことはよほどのことがなければ失敗すると分かっていてもやってみるのが大事。


コバルト 遊園地のアトラクションだとかも一旦落ちまくってから上がる。

(ここで麻薬などの話題 シャーマンがもと 神降ろし  スプラッシュマウンテン 欲望のまま  )

虚空 生活を通しての気づきがなかったら、人の言う通りにして失敗なく生きていても、本当に生きていることにならない。


コバルト 好色一代男の最終でも海。行先は風が教えてくれる。


虚空 ヒマワリフクロウさんは風を吹かせる役回りだよ


ヒマワリ そんなの・・・何も感じないで生きられたらもっと楽だったのにと思う事がある。先生に出合っちゃったから、そういう生き方ができなくなっちゃった。


虚空 でもね、自分と出会った人間は大勢いるけど、そうなっていない教え子の方が圧倒的。やっぱり素養があるかどうかだよ。


コバルト 破戒的要素。社会人クラスの時もそうだった。


ヒマワリ やっぱり旬


コバルト 事前に準備したものでやったこともあるけど、ダメだった。


虚空 それこそ明日諷虹君の家でやることになっている話があるんだけど・・・本当にやることになるかは分からないけどね・・・脳の仕組み。
想定外だから意識してちゃダメ。


コバルト 気をつかったら言えない。みんなに合わせよう合わせようとしたらダメ。かぶきものじゃないと。


虚空 上原先生が歌舞伎研究を研究したのだって、かぶきものっていう点だもん。馬鹿正直な生き様。


コバルト 極端な経験が本当の理解・・・ちょうどいい具合を悟らせる。
ヒマワリ 自分って世渡り上手なのかなって思う事が最近あるんだけど
虚空 それは高校生の時とかヤンチャして、両極端を経験しているからだよ。自分の中の軸の上限と下限を実感できてるから。
もしそれが大人のいう事だけをきいて安全圏な生き方ばかりしていたら分からない。


コバルト 距離感がつかめている。


ヒマワリ 距離感ね!!!
PR