忍者ブログ

☆2019,01,19 諷虹宅 ヒマワリフクロウ・虚空① 「RPGの心意伝承」

19:50頃 虚空到着 
20:00頃 ヒマワリフクロウ到着
*昨日のやりとりを振り返って (RPG)
諷虹 ヒマワリさんはRPGって・・・
ヒマワリ あまりやらなかったな・・・姉ちゃんがやっているのを横でみてるのが好きだった。
諷虹 その中でだいたい戦士ってこういう性格してるな、とか・・・・これも一種の心意伝承なんじゃないか、って。
ヒマワリ ぶれない何かを持っている、っていうのが主人公のお決まりじゃない?
虚空 RPGのお約束として代表的な職業があるわけでしょ。そしてそれらを網羅すればみなさんが納得する何かがあるわけでしょ。
ああいったゲームの設定だって「世界定め」でしょ。一つの世界を創るんだから。
その構成要素としてああいったお決まりの職業を揃えれば、一応過不足なく世界が成立した、ってみなさん納得するわけなんでしょ。
それで落ち着いてしまう何かがある、っていうところがね・・・それを昨日諷虹君が盛んにRPGの心意伝承、って盛んに言ってたんだよ。
ヒマワリ 集合的無意識が通じるところあるね。
(中世ヨーロッパの血が流れているのかどうかの話題が続く)
虚空 お約束があるじゃない。刺さっている剣を抜いたら
ヒマワリ 大冒険の始まり、みたいな
虚空 抜くことができたやるは勇者とかの資格をもっているわけだよ。だから物語を発動できるわけだしね。
でもね、そういう資格を持っている者は常人以上の「試練」をしょいこむ、っていうお約束があるわけだよ。
今回のアニメ(えんどろ~!)でもそういうお約束通りに話が進んでる。
それが上原先生のいう「犠牲論」だとか、折口先生のいう「貴種流離譚」になるわけだよ。貴い魂の持ち主ほど波乱万丈な苦難の人生を歩む、って。
諷虹 今回のアニメでは僧侶ポジションの子がツッコミ役なんですよ。僧侶って真面目だからツッコミ役になるよなーって。そういう必然性があるのかな、って。
虚空 昨日はでなかったけど、もともとボケとツッコミっていうのは、遡れば恵比寿様と大黒様。大黒様は大国主の命だよ。そっちが格上。
偉い神様だから容易に口を開いて神々のハイレベルな情報はもらさないわけ。恵比寿様はそれを何とか聞き出そうとするわけ。口を開かせて。で、盛んにツッコミを入れる。でも大黒様はニコニコ笑いながらのらりくらりとかわす・・・それがボケ。ボケは「おとぼけ」なんだって、上原先生が言ってたよ。
ところが今はボケが格上じゃなくて、本当に馬鹿にされるいじられキャラ。
諷虹 今、聞いてて思ったんですけど、やっぱりツッコミは「現実思考」、ボケは「夢思考」・・・虚数世界の立場
(ボケとツッコミの話いろいろ )
PR