忍者ブログ

☆2019,01,19 諷虹宅 ヒマワリフクロウ・虚空② 「構えの変革 ①」・・・アニメ「琴浦さん」から

(中学生と「琴浦さん」2話~4話をみながら 構えの変革について語り合った ということから)
ヒマワリ 共鳴だね
虚空 構えの変革を相手に「起こさせたい」とか、自分で「起こさなければ」って意志でやろうとしてもなかなか起きないし、下手をすると逆効果になるよ。ますます頑なになったり、分かってはいても変える事ができない自分に自己嫌悪を抱いたり・・・自分(虚空)なんてずっとその状態で何十年もきちゃってる・・・
無理やりでも、なんていうと、それは自分で自分を偽っているとか、演じているとかになっちゃう・・・
でも「共鳴」が起きると案外いつのまにか変革が進んでいるなんていうことにね・・・
なかなか変わらないものだけど、同時にパッと変わってしまうこともある。
琴浦さんではそれが結構分かりやすく描かれている。自分にとって想定外の構えの人間と出会っての衝撃でゆさぶりを受けて・・・それが波であり、響き合いなんだよ。お互いに「相手を変えてやろう」なんて思っているうちは変わらないことが多いんだけど、そんなことなんて思わないで、ナマで接したりぶつかったりしているうちに自然に相手もかわるし、自分も変わる
それが分かりやすくは描かれているんだけど、ちょっとね・・・自分にとっては過去にいじめられた経験とか母親に厳しく叱られた経験とかがフラッシュバックしてくるようなシーンがあって、きついものがある・・・一応全体としては「ラブコメディ」っていうふれこみでコミカルなシーンもたくさんあるんだけど。
(しばし琴浦さんについて紹介)
PR