忍者ブログ

☆2019,01,19 諷虹宅 ヒマワリフクロウ・虚空⑥ 「構えの変革 ②」残響・・・アニメ「琴浦さん」から

(虚空・諷虹の二人による 琴浦さん 紹介がしばらく続く)
*気に入ったアニメ、思い入れの強いアニメほど、脳内変換が起こりやすい・・・久しぶりにみたときに「あれ?こうだったっけ」ということがある、等々の話
諷虹 自分の中だけで何回も脳内再生しているうちに改変されている、というのが結構ありますね。お気に入りのシーンでも自分で補正しちゃってる。自分好みの間にしちゃっているとか。
虚空 それがまさにさっきの上原先生の「どんな言葉が残って、どんな言葉が入っているかという、言葉を忘れる事についての研究も大切なんです。」っていいうのとつながってくるんじゃないのかな。どういう風にそのアニメを心におさめているか、っていうところで。だから同じアニメをみても虚空と諷虹でのおさめかたは違うし、たまに観返した時の振り返り方だって違う。そのずれが時間がたてばたつほど脳内補正・脳内変換によってどんどん拡大していくわけだよね。
だからここでは同じアニメの話題を何度も蒸し返すけど、それはお互いの納め方がどういう方向でどう進んでいるのかを確認しあいながら、新たな視点を添加しあっているともいえる。
ヒマワリ アニメ名言集( https://twitter.com/animeno_kotoba?lang=ja ) に対しての言葉も(虚空が)この前ブログにあげていたけれども、( http://syunkoukai.edoblog.net/Entry/160/ )あれもいい言葉ばっかりだったもんね。
*ここで諷虹がネット検索して画面にあるサイトを出す。
虚空 何それ?
諷虹 「残響」その言葉はもう発せられていないけど、自分の中ではズーッと鳴り響いているというような。
→ https://kotobank.jp/word/%E6%AE%8B%E9%9F%BF-70515
虚空 さっきから出ている琴浦さんなんだけどさ・・・それだったんだな、って今思ったことがあって・・・。
あのエンディング。あの歌とさ、琴浦さんの過去の辛い時代の姿から真鍋たちに出合ってからの日々の流れ・・・毎回話が一区切りついてあれが流れ出す・・・。話としては一話一話一区切りにはなっていても、あのエンディングが始まるとグッときてしまうものがあるんだけど・・・それはこの「残響」の確認のようなことを自分の心がしていたんだな、って。それは「琴浦さん」であって、品等は自分自身の過去からこの年までの振り返りそのものが凝縮っされて鳴り響いていたんだな、って。
こんな夜中に観るのもなんなんだけど・・・ちょっとこれ・・・。
(琴浦さん 第一話を視聴)

エンディング 「希望の花」
何かに蹟(つまづ)いたらどうやって立ち直るの?
考えすぎないことさ  うわの空で聞いていた
ちぎれた過去には1つも嘘なんてなかったけど
これから想う未来に真実はあるの?
生まれてきた時は誰もが一人だよ だからこそ
一緒に生きていこうとするね
あの日アナタに教えられた生きる強さや意味をこの胸に強
くにぎりしめ
いつか全てのことにちゃんと希望の花が咲くようにこの場
所から始めよう
ヒマワリ なるほどね・・・
諷虹 やっぱり・・・黒いものはながれるという・・パリンと。とある魔術のアイキャッチもそうじゃないですか。割れる。
虚空 視覚的だよね。真鍋君がでてきたあそこで世界が転換した、っていうのが視覚的にわかる。この前から諷虹君がずっと「色づく世界の明日から」でこだわっていた「モノクロ世界」の問題。
諷虹 改めて思ったのは途中でオープニングをはさむセンスですよね。久しぶりに観返して、ああここにはさんであったんだって。
虚空 この第一話からしても幼いころからのエピソードから真鍋との出会いによって世界が転換した・・・その内容すべてが凝縮されたようなあのエンディングを見ている時に、ずっと残響として響き続ける。観終わったあとにあのコミカルな予告編がはいっても、やっぱり余韻としては深いものが心の中で響き続けている・・・そんな感じを自分では受けるから。
中学生とはずっと「共鳴」っていうことと「構えの変革」をつなげて話していたわけだけど・・・・
(というところで、諷虹がネット検索で PHANTOM MINDS ・・・劇場版 魔法少女リリカルなのは テーマソング 水樹奈々・・・を出して流し始める)
歌詞 http://www.kasi-time.com/item-46005.html
プロモーションビデオの動画 https://www.youtube.com/watch?v=fiSLlg6rFtM
諷虹 これのサビの部分なんですけど・・・(視聴)
虚空 フェイトと近いところがあるからね、琴浦さんには。
(両者の比較についての話)
虚空 自分だってさ、何度も言うけどかあちゃんに小さいころから同い年のいとこや、同級生たちと常に比べられて・・・自分は体も弱いし成績もよくないし、運動もできないし、ともだちもいないし、各種コンクールで賞をとってもいないし・・・いとこは真逆だったからさ・・・だからいつも「なんであんたは!」って怒られて・・・挙句のはてに「あんたは失敗作」なんてこと言われたから、今でもそれには押しつぶされた感じになっているよ。
学校にも居場所がない・・・まあ琴浦さんのようなあんな感じだったよ。それで学校から帰ってきても独りで家の中ですごしていたからね。
だからフェイトにしても琴浦さんにしても、他人ごとじゃないんだよ、観ていても・・・
諷虹 はばたいていく って「羽撃いていく」って書くんですね。(ネット上の辞書を調べる)ああ、こういう字で書くこともあるんですね。
PR