忍者ブログ

『オノマトペ からの共感』③ 「真床覆衾 と 修行」 2018,12,28 諷虹・虚空

虚空 うちのメイドの感想でも書いた「真床覆衾(まどこおぶすま)」のことになるんだけどさ・・・究極的には「おうち意識」・・・・うちに帰る=ひなが孵る・・・って上ちゃんが言っていたけど、やっぱりトランスフォーメーションを起こすところ。甦りによる新生。人間関係もからめて。
教室を「ホームルーム」っていったりかつての職場が「家族的一体感」っていったのもそういう気持ちがベースにはたらいているんだろうね。
 
諷虹 (真床覆衾(まどこおぶすま)の概略をきいて)思いついたのは、作家とかが缶詰になるってあれ。もう時は満ちたんだからということで、籠らせて作品をしあげる。缶詰はダシをとる。
もう一つが合宿。実際でもアニメでも部活場面っていうのがあるじゃないですか。寄せ鍋みたいな。
 
虚空 児言態だってゆうべ合宿だったわけだからね、
 
諷虹 野球でのキャンプインっていうのもね
 
虚空 現実的に「練習漬けにするため」以前にどんな心象が無意識世界になるかだよ。
 
諷虹 ドラゴンボールって修行シーンがあって「精神と時の部屋」、これって今の話にピッタリだと思うんです。
 
(NEW GAME からのいろいろ)
諷虹 ユーザーインターフェイスのようなもの・・・最初の共通認識になるところじゃないですか。オノマトペもそういうところ。
PR