忍者ブログ

『オノマトペ からの共感』④ 「デザインとアート」 2018,12,28 諷虹・虚空

虚空 説明的な言葉だけでお互いい了解したえたと思っている時よりも、オノマトペで了解しあえたと思えた時の方がズレが少ないというか・・・本質的なところでの一致感が強くなるかもね。
これも「数学用語が抽象的」っていいうのと変わりないのかも。さっき調べたサイトでの「情報量」っていうのが特に説明しなくてもパッと伝わる感じ。
オノマトペと同様に上原先生は「副詞の感覚」なんていうのも強調していたけど、やっぱり母国語としての日本語が本質的には「音声言語」だった、っていうのはもっと本気で考えなければならないのかもね。
相変わらず国語教育の中心は「漢字指導」なんていう先生は少なくないんだろうから。
 
諷虹 アートとデザインの違いっていうのを扱っていた漫画があったんですけど、デザインは多くの人への共感性を追求するもの、アートは逆に自分の中から出てくるものをいかに表現するのか、っていうもの。悪くいえはひとりよがりなところもあるのかもしれないですよね。
 
虚空 キャラクターデザインなんていうわけだ。
 
諷虹 でも原作者はアートとしてやっているんですよね。そのズレがアニメ化の時にはあるんでしょうね。原作のイメージを大事にしながら多くの人に共感してもらえるキャラデをする・・・・
 
あるサイトの解説
「0から1をつくり出すアート
1から100に設計するのがデザイン」
 
「アートはなるべく制限の無い状態で最大限の自己表現をすること。デザインは与えられた制限の中で求められる最大の結果を出すためのプロセス」
 
諷虹 与えられた制限の中でっていうのが・・・俳句とか
 
虚空 領域としてはデザインに近いんだろうね。「様式」「型」の文化。芸術は芸術家のような人たちが担っていたけど、庶民の文化はデザイン的・・・・言葉をかえればよくここで出てきている「数学的」な抽象・記号の文化。だから本当に日本の庶民は数学的な素養が鍛えられていたというか洗練されていたと思う。ゲームに限らず日常のあらゆる部分に芸術というよりデザインの感覚。記号とか型とか様式。
人生設計にだってデザインっぽい言い方をするだろ。それがもしかすると「ひとりよがり」とか「独善的」でない・・・互いに了解し合える、共鳴し合える日常生活に自然になっていったのかもね。
 
諷虹 人生設計っていったときのステレオタイプってあるじゃないですが。ギターをしょってアーティストの道を行くんだとか・・・。
 
虚空 「耳をすませば」なんていうのもどこかそんな感じがある。芸術的な分野を目指す若者の話だけど、耳はすませている・・・かすかな無意識からの信号のキャッチっていう雰囲気があるじゃん。
 
諷虹 アートが独りよがりのようでひとりよがりではない。
 
虚空 超現実だよね。
 
諷虹 デザインでありアートである、その両立。そう考えるとクラッシック音楽ってそういうものなんですかね
 
虚空 地域や時代を超えて深く受け入れられ続けるからこそクラッシックなんだから、両方をかねそなえてなかったらなり得ないよね。
 
 
諷虹 ゲームも昔は容量が小さかったところに工夫をして詰め込んでいったし、それが日本人は得意だったんでしょうけど、今は容量がでかくて何でもできる分海外で作られた”洋ゲー”というものが主流になっている。
それってまさにデザインとアートなのかなって。デザイナー気質なのは日本人で、アーティスティックなのは外国人。
 
(虚空がぷよぷよをやったことがあるという話から) 
 
諷虹 昔のマリオとかってプレイしてるのを後ろで見たり、少し触っただけでルールが明確に分かるようにデザインしたって話聞いたことがありますね。敵をジャンプして踏めばいいんだとか、落ちたらだめとか。そういう意味ではぷよぷよってのも同じ色を4つつなげれば消えるってルールもかなり分かりやすいですよね。
あと、今日の話の流れで言うと、”ぷよぷよ”って名前自体がオノマトペというか、感覚を刺激しますよね。あのぷよの柔らかさを想像させたりとか
 
(23時33分 終了)
2018.12.29 土曜日  ライン書き込み
15:03 コバルト
共振・共鳴(ボケとツッコミ)まさに大阪人が特化した気質ですね。
たとえ電話越しでも独特な響き合いがあるわけですから、それに乗っかれなければ違和感になるんですね。
オレオレ詐欺に全国で1番被害に遭いづらいのも、うなずけます。
きっと国語力って言葉や文字以上のモノがあるんじゃないかと思います。
言葉や文字は結局、触媒みたいなモノに過ぎないんですかね。
しょくばい
【触媒】
触媒とは、特定の化学反応の反応速度を速める物質で、自身は反応の前後で変化しないものをいう。また、反応によって消費されても、反応の完了と同時に再生し、変化していないように見えるものも触媒とされる
21:40 虚空
 触媒として作用するならまだマシかも・・・・下手すると「正確に言葉を使いましょう」というのは右から左に何の変質もしないで移し替えるがごとくにするというのを目標にしてしまいがち。
もちろんそういったことに近い能力が大切な場面もありますが、下手をすると気持ち等々まで自分の思ったことがそのまま相手に伝わる、あるいは相手のみえない部分の心はもう自分には分かっている、と自負するお馬鹿さんもいるわけです。
あのバッパなんかその典型世界基準が自分だと本気で思っているから・・・。
 
 
 
 
PR