忍者ブログ

駿煌会 児言態50周年参加後① (2018年11月3日)

「あのイベントのことを早く語り合いたい」という要望で諷虹君宅で実現。終わってみれば約6時間半語り合っていました。
その前半の一部を紹介します。一部といっても膨大ですが・・・

上原輝男氏の子ども達に向かい合う基本姿勢等々について

虚空 上原先生が聖徳のカリキュラム作成にだいぶ関わったらしいんだけど、結局その意図とか、表面に出ていない深い狙いとかっていうのは、ただ言葉で説明されても分からないっていう部分はあるんだと思う。
それはあの時に難波先生の口から「児言態の大きな特色はベースに心意伝承があること」というような事が出てきていたけど・・・確かにそれを知識ではなくて、自分の内なる世界との対話で日頃から考えようとしていない人には多分分からないよ。だから午前中の時にも本莊さんに語って頂いたんだもん。
(虚空 注 駿煌会の若者たちは中高生の頃から心意伝承に関心をもち、様々な場面を通して語り合ってきている。上原輝男氏の著書そのものを読むという事はしていないが、日常の生活の中で「もしかしたらこれもかな?」とキャッチし、自分の内なる世界と対話し、それをみんなに投げかける・・・そういう姿勢を会得している)
コバルト この児童観の内容って、子どもをよくみているからこう書いている、っていうことですよね。
虚空 そう。ところが教師主導の発想の人たちは、自分の都合で事実をねじまげる。そもそも単元設定なんて形式だと思っているから、平気で児童観とかも自分の理想の形に児童がなっているという風に書く人さえいるもん。「子供らがちゃんとしてるって書いておかないと、指導力を疑われるから」って。
でも上原先生のスタンスは「生態をつかまえる」。表面的にとりつくろっている部分ではなくて、本音とかナマの部分をさらけ出してもらうようにするわけよ。
だから普段の様子とか作文分析とかでこのあたりに何か隠れていそうだということを想定して授業を設定する。宮崎駿がさ、「自分の頭の中に釣り糸をたらす」なんて言っていたことがあったけど、心意伝承をベースにした生態研究の授業っていうのは、そういうことなんだろうね。
だから一般には「思考」と「感情・イメージ」は対極として考えられがちだけど、聖徳の子に限らずいわゆる普通の子だって、新たに獲得した知識とか発想から未体験のイメージ世界を広げるなんていうのはやってるじゃない。大人だってそうだろ。ここでもいつもそんな感じで盛り上がっている。
最先端の宇宙物理学者なんてそんな毎日なんじゃないの。数学的な処理で数式を導き出して・・・そこまでは論理思考だけど、そこから「この数式の意味するところはどういった事だったんだろう」ってイマジネーションの世界に入っていくわけだよ。そしてまさに人知を超えた、これまでの常識をぶち壊すような世界を思い描く。「そんなのあり得ない」って自分の常識であらたなイメージ運動を封印しようとしないで、数式をライフインデキスとして活用して、どんどん想定外の世界へ飛んでいく。
まさにワクワクドキドキだと思うよ。そしてそうだからこそ「宇宙の振幅」とか「共鳴」なんていう境地になっていく。
以前にも何度か話したと思うけど、大学時代の仲間で日本舞踊の家元の息子だったのから聞いた「型」のことだって同じだよ。神仏や精霊を演じるなんていっても役の気持ちを考えるとか、役に成り切ろう、なんていうのをいくら人間として考えたってダメ。だから型の修練をする。そうするとある瞬間に憑依されたような感覚にフッとなる。そうじゃないと人知を超えた存在との共鳴なんてできないんだろうね。
上原先生が論理を強調する時に「言葉と感情・イメージを切り離す訓練」っていったのも、無関係だからではなくて、ものすごく関連が強いから、意識的に切り離すこともできるようになっていないと、過去の積み上げによる常識の枠に自分で自分を縛ってしまう、閉じ込めてしまうことになるんだろうね。
低学年の頃みたいに好きな方向にイメージを自由に伸ばす、っていうのは、言葉を返せば伸ばさない方向をどんどん増やしていく、っていうことだもん。
コバルト 形だけ真似をしようとしても真似なんでできないから・・・確証が持てないものには頼れないからね。
虚空 だからさ、確証がないなら「踏み込んでいけばいいじゃない」と素朴に思うわけよ。分からないんだったらなおさら。
授業でいえばそれを子どもに教わるつもりでね。でも教師主導の授業・・・狙い通りの発言をしてもらうための誘導の授業っていうのは、どんなに指導したって、つまらない大人の枠の中だけの意見で終始するわけだよ。子どもらは先生の心情読解をして、期待しているような回答をする。そうすると先生はニッコリ笑って「さすが〇〇ちゃんはよくできるね」と褒めまくり、独自の意見をいおうとする子を牽制したり、馬鹿にする。
コバルト 子供から教わるっていう姿勢ができていないんですね
ヒマワリ 上ちゃん死んで何年よ。
虚空 20年ちょっと、平成8年の4月だから。
PR