忍者ブログ

中身の空っぽな人間を育てている現代教育

12月4日 コバルトブルー君から送られてきた画像がきっかけのラインやりとり抜粋 

09:26 コバルト
先ほど新人のコンビニ店員でしょうが、先を予想をしていない行き当たりばったりの感じでやっていたので、弁当の上に2リットルの水をおかれました(笑)
12:07 ヒマワリ
これはやばい(やった?) 弁当立て入れ?笑
12:10 虚空
圧縮・・・食べる時に「解放」・・・かな。見通しを立てて考える事が出来ない人間ばかりを育てている象徴のようなものですね
12:15 コバルト
立ててはいないけど、ちゃんと弁当は潰れていました!
なんかやらかす雰囲気が出てたけど、やっぱりやらかしました(笑)
行き当たりばったりの行動はミスに繋がるんですね。
12:17 虚空
弁当だから笑い話で済むけれど…場合によってはそうもいかないからね・・・
店としては信用問題にも関わるし…バイトとは言ってもね…それで賃金を頂くわけだしね
12:40 ヒマワリ
普通に生きてれば分かるようなもんだろうけどね、今まで何を見て生きてきたんだか(moon unwell)
13:01 コバルト
マニュアルばかりにとらわれて、本来の肝心な部分、目的を見失うことなんてよくありますからね。
これがその典型的だと思いました。
13:57 虚空
 それだけ普通の生き方が出来ない世の中ということですね。まっとうに「普通」に生きている人間がますます希少価値のある人間になるというのは寂しいものですが、石崎地区にはまだまだそういった人間が多数生き残っていると信じたいものです。
14:13コバルト
よく言う学校数学みたいに、方法(マニュアル)ばかりおしえて本来の意味や目的についてはほとんど触れずに終わるようなモノ。
解き方が分かってもそれを実際どう使うか、どんなモノかまで理解できない。
この前仕事をやっていて、私に分からない事を聞きに来た人がいまして、真剣な面持ちで「これは燃えるゴミですか?燃えないゴミですか?」っとビールのアルミ缶を持ってきた人がいたんですけど、私はその人の思考回路を読み切れないまま、「燃えないゴミだと思います。」と答えました。
16:24 虚空
指示待ち症候群、なんていう言葉が一時期はやったけど・・・前年の担任にきちんとしつけられた4年生、初日から「ごみを拾ったんですけどゴミ箱に捨てていいですか?」という調子でクラスの連中がいちいちお伺いをたててきて驚いた、なんていう話がありました。
「きちんと指導する」=「失敗させない」ではないんですがね・・・・でもそういった教師を世間も求めているのが今の世の中
2018.12.05 水曜日
07:45虚空
さらに言えば、児童を自由自在に操るということをモットーにしている研究会のメンバーである先生は、自ら進んでみんなの為になるような行為をしたり、創意工夫などをした児童に対して激怒するとか・・・「自分の指示に従わない自分勝手な者」として。
そういった風潮は「成果主義」「競争原理」の中で「大人の指示通りにする子がいい子」「そういう子を育てられるのがいい教師」ということから多くの学校でますますはびこっているのかな???
表向きには「生きる力を育てよう」なんて言っていても。
また、本当に「生きる力を育てたい」と真面目に考えてくれる若い教師などがいても、学校で浮いてしまう、あるいはそういった先生もマニュアル思考の今の世の中で育ってきているから、「具体的にどうしたらそういう子が育つのか分からない」だから「誰かそういう子を育てる 方法 を教えて」ということになって、結局 マニュアル教育にのめりこんでしまうという悪循環のようです。
学校教育だけではなくて、社会全体がこんな風だからますますつまらない世の中・・・ワクワクドキドキなどのない世の中・・・だから「超現実を求める」なんていうことはサッサと諦めてしまって、「現実に絶望」「非現実に逃げ込む」となっているように、私には見えます。
そういうことからいうと、そのコンビニ店員もそういった大人たちの歪みの生み出した哀れな存在なのかもね・・・。
そして、それを「変だ」とキャッチできる例えば皆さんは、今だからこそのライフインデキス(生命の指標)となり得る・・・変なプレッシャーなんかは感じる必要なないですが・・・・今風の世の中の楽しみ方もできるし、以前のような人間の楽しみ方もできるし・・・という、自然体でどちらもアリという生き様(構え)をしているだけで、いい波動が周囲に広がり、歪んでしまった方々の無意識と共鳴しあうんじゃないかと思います。
2018.12.06 木曜日
15:40 コバルト
たしかに非現実的と超現実は同じようで、似て非なるモノですね。
前に、後ろから頭に振りおろす棒をバッと受け止めるやつをやりましたけど、あれも一つの超現実ですよね。
まずは気のせいから始まるんです、そこからじょじょに感知していくんです!
それを積んでいけば気のせいから確信までもっていく事ができるんですよね。
まだ戦ってもいない相手なのに「此奴(こやつ)出来る!」っと感知するみたいに。
18:32虚空
 先験的イメージでいう「予兆」なんていうことについて真剣に考えてみたことはないのですが、考えてみる価値は大いにありそうですね。
PR