忍者ブログ

2018,12,22 「中2病 と 気取り・なまいき」⇒「真のライバル」「会得ということ」

 諷虹・虚空やりとり
 「中2病」に関して中学生としゃべった時、中学生から「ドヤ顔気分」ということが出てきたという話から
虚空「今の子、って背伸びをしないから・・・気どるとか生意気とか使わないものね」
諷虹 「生意気」はギリ使いますかね。「気どる」は使わないですね
虚空 むかしは高学年でもどんどん出てきたよ「気どっちゃって」「すかしちゃって」とか。
諷虹 「気どってるね」が「ノッテルネ」という感覚になっているかもしれません。テンションがあがってるか・・・それって「気取り」よりは「気のり」なんでしょうけど。
虚空 女子だと「おすまし」とか「お高くとまっちゃって」という非難めいた意味合いの言葉があった。簡単にいえばお高くとまろうとしている相手を押さえつけて、低い状態にする、っていうこと。けん制するような意識で使う。大人になると「出る杭は打たれる」というような。
諷虹 (ある芸能人について)よくネットで叩かれていて・・・。何をやっても女性にたたかれるんですよね。可愛そうなんですよね。普通に幸せであることが許されない。
虚空 想像だけどね、オーディション番組でかなり若い時に受かって、デビューして人気者になったじゃない。そのやっかみがベースとして根強く残っているじゃないかな。「生意気だ!」ということでいじめる構図。
諷虹 そのくせ人並みの生活を送るのも許されない。
虚空 人並みの生活をしても許されない。非難のための非難。ケチをつけるためのあら捜し。
いい意味ではりあおうという気概がない。相手が高まったら自分も高めようとすればいいんだけど、それをしない。しないでお手軽に相手を叩き潰すことで優越感を得る。
諷虹 クラスにいるお嬢様キャラのポジション。
虚空 完璧タイプもいれば、どこか天然とか抜けている場合もある。エースを狙えのお蝶婦人は完璧。
諷虹 ウマ娘を観ていたんですけど、そういえばスピカも7人だな、って。
☆ウマ娘新作の話から
諷虹 今回のナリタタイシンと通じるものがステラのまほうにありまして・・・・
『本田ちゃんは笑顔になる人を増やしたいって言っていたけど、何かを作る理由を見知らぬ誰かに置くっていうのは、「誰かが自分の作品をけなすかも」っていう呪いと戦うことだと思うけどね、私は』
タイシンも観客の失望が怖くなっちゃって引退まで考えていた。そこで立ち直るのが同期の絆。ステラのまほうでもサークル内でお互いに切磋琢磨して・・・
虚空 スピカの理想像がそういう仲間関係だったよね。良きライバル。
諷虹 高め合えるライバル。ただの競争相手ではない。これってまさにアイドルマスターの765プロと、孤高のアイドルを目指す961プロの違い。絆の力。
虚空 それが今では本当の敵扱いになってしまう。
諷虹 一人での限界から脱出できなくなる。
虚空 バガボンドやスラムダンクやリアルで井上さんが描いているのも、そういう人間同士の関係だものね。
諷虹 ウマ娘の学校の校訓は「Eclipse first, the rest nowhere.」(意味 : 「唯一抜きん出て並ぶ者なし」
虚空 この前ラインで話題になっていた母校の小学校の校訓なんかだとまた違うよね。「人を先に 自分をあとに」
諷虹 目指すところはここですが、実際に抜きんでてしまうと弱くなってしまうというジレンマもありますよね。さっきの生意気・気取りも絶対に追いつけないと分かったら、叩くしかない。
虚空 努力をしたくないからね。さっき中学生とも話していたんだけど、仮に今の中高生が「ドヤ顔気分」に目覚めたとしても、漢語の知識がないから格好つけられない。
諷虹 慣れ合うんじゃない。遅い方に揃えるんじゃなくて。それを逃げ馬のスズカにいうところが面白いですよね。
ウマ娘9話 トレーナーのセリフ 「俺のチームはバラバラ」俺のチームという意識。それが最終話が近づいてくると「俺は何もしていない。あいつら自身が・・・」って。
「なれあい」の問題がテーマ
諷虹 慣れ合うって定着っていうか落ち着いてしまうというか安定状態。
虚空 日本の神が最も嫌う「マンネリ」「惰性」 ニュートンの慣性の法則なんかも「静止」と加速度ゼロの「等速直線運動」は本質的に変わらない。
諷虹 三井(スラムダンク)の場面も諦めかどうか
虚空 そりゃこのウマ娘の展開は昭和のオヤジ世代にはたまらないよ。まあ平成の若者もどんどん感動していいけどさ。
トレーナーセリフ「ワクワクするようなレースが観たい!」
諷虹 理想を掲げても、それが遠すぎず近すぎず。目標を達成したあとですよね。
虚空 入学テストに合格したら燃えつきるなんていうのは論外だよね。
☆うちのメイドとなりの吸血鬼の最終回の話
(二尉の使い方の絶妙さなど)
諷虹 (となりの吸血鬼さん)今回のBパートの散歩しながら森さんやエリーなんかに出会うところ。昔のジャンプ漫画とかでよくある手法だったんですが、最終回に今までのキャラが出てきて思い出を語ってっていうのがあって
虚空 走馬燈ってことだろうね。ウマ娘のEDも回想みたいな感じじゃな、今までのシーンを切り貼りして
諷虹 うちのメイドの方も回想多かったですよね
虚空 ただの回想でなく、今までの小さな積み重ねがただのあほじゃないってことじゃない
「琴浦さん」作った時の感覚に似てるのかもね。
どうしても現代はパッと一気に理想的な状態に出来る方法はないか・・・それを誰かに「教えて」という風潮ばかり。
もちろん様々な人生訓や生きる知恵を参考にするのはいいんだけど、最終的には日々の試行錯誤を経て会得したことだけが魂の成長につながるんだろうしね。
最もよくないのは、自分の生活を通していない単なる知識の受け売りで「他人をあれこれ評価し、判定し、裁く」姿勢。
PR

2018,12,14  「見えない世界を大事にする教育」等々

諷虹・虚空やりとり

虚空 今日の話の最初に戻ると、「漢字の学習」の究極の狙いだって、一体未来を担う子供や若者たちに、どういったことだけは伝えたい、という想いがあるのかだよね。
単に指導者や地方公共団体の長が学力テストの点数だけで周囲に認められるため、なんていうのは子供にとってはどうでもいいことなんだもん。
諷虹 今週の「風が強く吹いている」(駅伝)・・・長距離ランナーに対する一番の誉め言葉は速いことではなくて、強いことなんだと。毎日自分を競争相手として毎日鍛錬をし続けるか。
ウマ娘でも皐月賞は短距離だから「一番早い馬娘が勝つ」菊花賞は一番距離が長い上に坂が二回もあるから「一番強い馬娘が勝つ」、で、ダービーは一番運がいいウマ娘が勝つ、って・・・
虚空 レースによってどういった馬が勝つのかという基準が違うというのは、当たり前のことのようで、教育界とか人生を考える上では忘れられているよね。
あんな学力テストの結果とか、今の学校教育のカリキュラムに適応できる子だけが、万能であるかのような風潮は愚の骨頂。
上原先生だって学校教育制度が今の様に整っていなかった江戸時代の方が本当の力や強さを身に着けていたんじゃないかって。それこそ多様性に満ちた。
華々しく目立つ活躍ができる人間だけではなくて、むしろ日の目をみないような縁の下の力持ちのような立場、あるいは女性だったら主婦としてに何十年も生活していたら「おかみさん」として神格が認められるような境地。今でも京都のお茶屋でも相撲部屋でも日本伝統の世界はその名残を残しているから。
でも、中国の「名をあげる」「名誉」云々の思想が入ってきてからおかしくなってしまった。
諷虹 さっきのステラの魔法の中にもそういうのがありまして・・・・・
*ウィキペディア引用 藤川 歌夜(ふじかわ かよ)の欄
創作はあくまで自分のために行うものでなければならず、他人からの評価を目的とした創作は批判や失望に対する恐怖という「呪い」と表裏一体である、という持論を持つようになる。その一方、持論と現実のギャップにも苦しんでおり、そのことを連想させるような状況になると豹変し、周囲をぞっとさせるような目つきと辛辣な物言いで相手を萎縮させてしまう
虚空 耳がいたいな・・・・

やっぱり「目に見える成果が出せなければ意味がない」という風潮は絶対打破しないと・・・。「見えないところが本体」と思っていた頃の日本人の方がずっとすごかったんだから。それは事実なんだから。・・・あんまりそればかり言うとゲゲゲの鬼太郎の宣伝文句みたいになっちゃうけど。
諷虹 見える部分と見えない部分との理想と現実ですよね
虚空 それが見えることばかりに絶対価値を置くようになってしまっているから、中身はカラッポでも点数だけとれていればOKとか、漢字練習帳に効率よく埋めるための誤魔化しの方法であってもOKとか、そうなってしまっている。
マスコットの意味
「人々に幸運をもたらすと考えられている人・動物・もの のこと」という話題。
虚空 人に尽くす存在ということをもっと拡大して、お互いにお互いをマスコットのような感覚という風になれば世の中もっと生きやすくなるんだろうね。「お互い様」っていうのが聞かれなくなっている現代だから尚更。
見返りが最初から期待できなければ、他人のためにというのは馬鹿げている、というのが常識になっているけど、それでも先に自分がそうした一歩を踏み出すのかどうか・・・それがこの前からラインでも話題になっているような「馬鹿正直」な生き様なんだろうね。なかなか利用されまくってただけで終わっても後悔しない、なんていう境地には自分はなれない・・・というかなろうともしていないけどさ。
諷虹 ずっと今日はステラの魔法の話題にばかりですが、先ほどの引用していた文のあとに、こんなのがあるんです。
第4巻では歌夜の持論と異なる意見をまっすぐにぶつけてくる珠輝に対し、認識を「可愛い後輩」から「一人のクリエイター」へと改める。
これが異なる意見であってもどこか受け入れ、対等に認めるように変化する事ができたのは、珠輝がどこかマスコットのような幸福をもたらす存在だったからなのかな、って。対等の人間だと思っていたらもっと正面からぶつかったりしてしまうかな、と。
虚空 それが「稚児論」とか「ライフインデキス」なんていう事との関連で考えなければならない部分なんだろうね。マスコットという見方をしていたから対等という見方に変わることができた、という逆説的なことが何故起きたのか、という点で。
子どもであっても、子どもとしてみていない・・・神格を感じている。
諷虹 いい意味で見下しているという視点。
虚空 その裏には自分にはかなわない部分があるという無意識かな????
諷虹 プロの人たちの集まりに珠輝も連れていったりとか・・・そこでプロの人たちの思わぬやりとりを聞いて、プロってそんなやりとりをしている人達とは思わなかった、っていう場面があって・・・。それに対しての珠輝の反応でトランスフォーメーションを起こせたというような・・・・
そういえば上級生が「何で数学とか古典とか勉強とかってしなければいけないんだすか」っていうようなことを後輩が愚痴っていた時に「これは先輩からの受け売りだんだけど、勉強っていうのは絵の具をもらう事なんだ、って。何か絵を描こうと思った時にいろいろな色を使える。幼い頃から描けていっちゃう子もいるんだけど、自分が描きたいと思った時に描けるための色をたくさん持てている」ということで
虚空 それが人体の脳の番組(NHK)に出てきた「類化性能」の裏付けになるような部分なんだよ。

2018,12,14 「出来る人間ゆえの孤独感」等々

2018,12,14 諷虹・虚空やりとり から
諷虹 (ステラのまほう の話題・・・「憧れ」「プロ意識」の強いキャラのアニメでは描かれなかった部分の解説)
元部長についても掘り下げられているんですが、一度入学した大学をやめて納得のいく大学を受験しなおす・・・・。ただ、表向きは楽しそうに振舞っていても、内心では他人とのつながりを拒絶しているようなところがあるキャラなので、ちょっと複雑なんんですが。
自己責任とかで他人のことにどれだけ介入できるかとかも・・・
虚空 昨日、たまたま病院の待合室にあった銀の匙を読んでたんだけど、ちょうどあの野球部の男の家が離農するエピソードだった。何とか力になれないのかという八軒に周囲が「お前にできることは何もない」と冷めたことを言われまくる、あのエピソード。
諷虹 あれもそうですね。
(元部長の再登場に関してのネット情報を検索して)

みんなあのキャラを警戒していますね。また鬱展開になるんじゃないかって。
虚空 アニメでは楽し気なキャラだったじゃない。
諷虹 それもみな歪んだ部分の裏返しで・・・それを本人がわかってやっているところが。
Wikipedia 登場人物 百武照 抜粋
幅広いスキルを効率よく学ぶことに関心を持っているが[97]、それは他人を信じることが苦手なことの裏返しでもあることを歌夜から指摘されている[98]。
マイペースで、他人の話を聞かずに自分の言いたいことを一方的に話す。
諷虹 明るい NEW GAME  に対して闇の ステラのまほう っていう感じですね。このタイミングで一気読みしたからよけいに。人生の中で一番刺さる時期に読んだっていう感覚が。
*何話かを紹介される
虚空 それこそ「他人」と「自分」の位置づけだよね。利害関係がからんで当然という意識が大なり小なりあるにしても、その割合とかね。
他人を信じられなくて道具としてしか見る事ができなければ、当然それは自分にもはねかえってくるわけだし・・・その繰り返しが、この元部長さんのような人間観になってしまう。で、それをぶち壊す人間と出会えるかどうかが、アニメなどのドラマの核心。
実生活ではそういう人間が持ち味を発揮しにくい空気もあるよね。
諷虹 理想だった空間も自分が成長してしまうと、すごくちっぽけなものに感じてしまう。あんなことに憧れていたのかって。で、次を追いかけてもいつまでもキリがない。「こんなもんじゃなかったハズ」というので無限の道に苦しんでいく
虚空 無限に成長できる、と思えればいいんだろうけどね。バガボンドの武蔵のように。
諷虹 コミックの中のウサギと亀の引用にしても、亀は目線が低いから見えないものが多い。実際にはウサギがどこで寝ていたかも気が付かないで進んでいるのかもしれない。落ちこぼれだけではなくて、天才がよく分からないことで挫折するのも似たようなことかもしれませんね。無限の煉獄という点では。
虚空 とかくウサギと亀では亀の地道な努力ばかりが強調されるけど、結局とちらにとってもね・・・
諷虹 あそこで寝てしまうのだって仕方ない部分もありますよね。独走しているのも一人ぼっち・・・孤独感。
虚空 天才ゆえの孤独・・・周囲に理解してもらえない。小学校3年生くらいで論理性に目覚めた子が一生懸命ツッコミをいれても周囲にはその意味が理解できないから浮いてしまう、というのにも似ている。
上原先生が言っていたけど、中学年っていうのはそういう論理性への目覚めがあるなしで言葉に対する感覚が極端だから、もしかすると最もクラス内でお互いがかみ合わないような孤独な気分を味わっているかもしれない、って。
諷虹 そういった孤独感も先代部長に通じますね。まわりの速度に合わせるのか、あえて自己責任で突っ走るのか・・・突っ走ったところで、辿り着いたところが有限ばかりを意識させるという点で、絶望感にもなってしまうような。
部を作ったとしても、後を誰が継いでくれるかで有限が無限になるかどうか
虚空 昨日読んだ銀の匙なんてまさにそれがテーマだよね。家業を継ぐとか継がないとかの話。自分もポックリいった後のことをどうしようかとばかり考えてしまっている。やっぱり人間は「伝承体」ということなんだろうけどね。
最近になってこうしてやりとりの記録を文字にして、ネットに公開しているのだって、そういう気持ちが自分の中で本格的になってきているからだよ。
諷虹 (ゆるキャン 作者の話)
虚空 好きだからこそだよね。

「ネアカ意識」「褒められる」による縛り 2018,12,21航太宅①

ステラのまほうの作者の言葉で、あかるい漫画であるようで、実は相当暗い設定が裏側にはあるということに関して
虚空 サザエさんを描いていて心を病んでしまった長谷川町子さん状態なんじゃないだろうね???(本来ヤンチャな気質を持っていた作者がサザエさんという毒気のない4コマ漫画を毎日新聞連載していたことからくるダメージから、いじわるばあさんを描くことでバランスをとることができた)
諷虹 それなりの過去が実際にあるかもしれないっぽいですね。作者自身の心の波が反映しているようで・・・裏側の暗い部分もガッツリ見せている・・・
虚空 昔「ネアカとネクラ」っていう言葉が流行って、「暗い部分を絶対人前で出さない。そう思われないようにふるまう」ということで、人と接するのが怖くなってしまったという若者がたくさん出た時があったよ。その頃小学生の世界でも4年生の男の子が転入先の学校で滅茶苦茶陽気に振舞っていたけど、実は学校から帰ってくるとものすごく疲れていて、帰宅するとトイレに駆け込んで吐いてしまう状態だったとか。そのくらい無理してまで明るく前向きにしないとダメ、っていう風潮が日本中にあふれていた。
諷虹 (ステラ、あるキャラの過去のエピソード・・・音楽のことで姉に強く憧れた妹に対して姉のセリフ・・・)
憧れが牢獄になってしまっている。妹の入学祝のために作曲したのを聴かせたことでそうなた。「祝い」と「呪い」が一つになってしまった。
虚空 誉め言葉が縛りになる、っていうのは子供の世界には本当に多くて、叱るよりも褒める方が難しいってよく言われるけどね・・・。ある段階で褒められたことで、そのパターンから逃れられなくなる。成長してもっと多様性を身につけなければならないのに。
上原先生も褒めたことで停滞状態になることは戒めていたからね。「足踏みをさせてしまう」って。
「褒めて育てる」っていうのは一つ間違えると縛りでがんじがらめにしたり、傲慢な人間にしてしまう。上から目線の歪んだエリート意識。学歴だけで周囲から褒められまくってちやほやされた結果だよ。本当に始末におえない。

いじめアンケート からのラインやりとり

10月28日 コバルトブルー君から送られてきた画像がきっかけのラインやりとり抜粋 
小学生の息子さんが学校で配られたというアンケート調査(学校名などは消しています)
(11月14日のブログ記事にも載せているやりとりです)



19:06虚空
その心は?
19:21 コバルト
アホくさすぎます!
これをやっておけば。もし何かあったときに世間的に責任逃れができるような理屈にしか見えません
解決策をと一応はありますけど欄があまりにも小さすぎます!
19:22 ヒマワリ
 なんか、嫌なアンケートだね。
あります、ありませんて。
19:53 コバルト
もしなにか知っていたとしても、こんな形では絶対に言わせたくはありませんね!
勝手な解釈で大人が動き出しそうですから。
イジメという現象だけを悪いものとしているのに物凄く違和感があります、これは心をもつ人間になら絶対に起こしてしまいます。
このイジメという現象で1番恐ろしい所は他の人が気づいても見て見ぬふりをするまわりの人達です。
(個性がないことが1番の原因?)
もっとたちが悪いのはそれに連鎖反応が起きてしまうんですよね。
だからいじめは物凄く大きな現象なんです。
20:41 虚空 
相変わらず随分とつまらない質問ばかりのアンケートをしているんだな、というのが率直な印象です。
これで本当に実態がつかめると本気で思ってはいないでしょうが・・・あとで何かあったときの言い訳を作っておくというのが真意でしょうね。
こうした質問で実体が浮き彫りになるくらいだったら、それは「深刻ないじめ」とは言いません。
11.14 水曜日
08:03 虚空
先ほど、あるアニメ感想を通して、私のいじめられ体験を交えての記事をブログに更新しました。
その中で、ラインでの「いじめアンケート」に関するやりとりも引用しています。
☆転生したらスライムだった件 ・第七話から触発されての「笑顔の裏」「いじめ」について
2018年11月14日ブログ投稿 「教育」
        
  • 1
  • 2
  • 3