忍者ブログ

2018,12,08 諷虹・虚空③ 「千と千尋・・・」の季節感

☆千と千尋に関して中学生とあれこれ語った内容をさらに紹介
諷虹 これって6月のイメージですよね。カエルにしてもアジサイにしても・・・で、ポイントは雨
虚空 水位の変化がトランスフォーメーションっていうのは上原先生もこだわっていたところだよ。
諷虹 梅雨だから「雨とアジサイとカタツムリ」・・・あのカオナシって通ったあとがしめっているような感じがあるじゃないですか・・・カタツムリっぽい?
旧暦の六月についてネット検索 コトバンク
水無月(読み)ミナヅキ
デジタル大辞泉の解説
陰暦6月の異称。田植えに多くの水を必要とする月の意という。《季 夏》「―の朝顔すずし朝の月/樗良」
日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
水無月
みなづき
陰暦6月の異称で、「みなつき」ともいう。この月は暑熱激しく、水泉が滴り尽きるので水無月というのだとするが、語源的には諸説があり、『奥義抄(おうぎしょう)』は、農事がみな為尽(しつ)きてしまうので「みなしつき」といったのを誤ったのだとし、一説に、5月に植えた早苗(さなえ)がみな根づいた意からだという、とも説いている。今日の陽暦では7月に相当し、常夏(とこなつ)月、風待(かぜまち)月、鳴神(なるかみ)月、水待(みずまち)月など猛暑の季節にふさわしい、生活に根づいた異称が多く、古くから詩歌にも数多く詠まれてきた。なお、この月の晦日(みそか)限りで夏が終わるので、この日をとくに六月尽(みなづきじん)といい、各地の神社では水無月の祓(はら)い(六月祓(ばらえ))が行われる。[宇田敏彦]
虚空 雨が降って「海」になるわけだけど、「海」=「産み」で、まさに新たな世界が展開する物語だからね。千尋の出現によってハクや坊の運命も転換していく。しかも両極端の統合の形でね。間にあるものもすべて包み込んでしまうのが千尋の役割。
PR