忍者ブログ

☆2019年1月12日 諷虹・ヒマワリ・虚空対談④ 言霊信仰の科学的裏付け?

ヒマワリ でも本当に言葉に魂が宿っているかどうかは分からないよね?
虚空 でもこの前から言葉にも音にもなっていない空白のところの部分とか、そこと響き合えるか、宇宙との共鳴のようなことが起きる・・・そういった事実はあるわけだよ。それを魂というかどうかは別にして、そういった言外のことを非常に重視してきたのが古代からの日本人だったわけだよ。そういった体感があるんだもん。
諷虹 色の波長のことなんですけど・・・可視光線の波動。「赤の波長」と「緑の波長」とかって振動数が違うのを感じ取っているわけじゃないですか。
虚空 光とか電波とか電磁波とか・・・。光だっていろんな波長の波が混じっているわけじゃない。前光の三原色の話も出たでしょ。
ヒマワリ 白!
虚空 だけど、プリズムとか使って波長の違いが屈折率の違いになることを利用すると虹色に分解されるわけだよ。
(諷虹、ネットで光の波動についての図を表示・・・可視光線、紫外線 赤外線 遠赤外線 等々の言葉の意味を確認)
*諷虹、リモコンの赤外線をスマホカメラで可視化する。
ヒマワリ えっ、何この赤いの
諷虹 人間の目にはみえないけど、カメラはキャッチしていて・・・ 
ヒマワリ えー!面白い!!
虚空 だからさ、これをもっと極端にすると霊感になるのかもしれないよ。生き物によっては人間には見えない波長の光や音を普通にキャッチして生活しているわけだろ。それと同じようにさ、霊魂っていうのがこの世の物質を構成する素粒子の波とはちょっとだけずれたものも混じって構成されているから、人とか条件によって見えたり感じたり聞こえたりするとかね・・・そんな想像もできる・・・なんていう話を50円玉君ともしてきたわけだよ。

「レーカン!」っていうアニメがあるんだけどさ、霊のみえる女の子が主人公なんだけど、そのアニメの中の設定では、スマホなんかのカメラを通すと霊がみえる、ってなってるんだよ。さっきの赤外線がカメラでは見えた、っていうような感じで。

スピリチュアルの世界では犬とかネコとかには霊体がみえるなんていうけどさ・・・あと赤ん坊とかの幼い子。時々何もないところをじっと見つめたりっていうことあるよ。スーパーでも一時期はちっちやい子が自分の背後に視線をやって笑ったり怯えたりとかいうことがあったって話したことあるでしょ。あとさ、随分前だけど聖良さんのお墓参りの時に野良犬がこっちをみてビクッとして、けたたましく吠え出したとか。でも怯えたようにどんどん後ずさりしてさ。あれだって何か見えていたんだと思うよ。そういう様子だったもん。

単に通常の状態の人間にとっての「可視光線の領域」の枠内かはみ出ているかだけの違い。
別に心霊の話じゃく立って、言葉の意味で辞書的な意味は「可視光線」の部分にあたると考えれば、この前からずっと話題になっている言外の意味を感じるというのは可視光線の外の問題になるわけだよ。

ゲゲゲの鬼太郎のキャッチフレーズじゃないけどさ、「見えないけどある」っていうのは全然特殊な事じゃないよ。だいたいさ、空気を構成している分子だって誰にも見えないけど、でも空気という気体は存在しているでしょ。
人称代名詞の話もあったじゃない。外国人にとっては謎の言葉だよ。「わたし」「わたくし」「わし」「あたし」・・・英語としてはずべて「I」だけど、ニュアンスはみんな違う。それを日本語を母国語として育ってきた我々は教わらなくても感じ取れるじゃない。
(他にも実例を出し合う)
PR

駿煌会 児言態50周年参加後② (2018年11月3日)

授業で子ども達が AI について言い出したこと から「教師の日常姿勢」

コバルト あれはすごかった。他の子の発言を誘発していたもんね。もうみんなが AI AI って。もうこれは「旬」の芽が出たな、って。
虚空 それなんだよね。聖徳の高学年にとって、ああいった事柄はイメージを触発する。
でもね、下手すると小学校の先生なんかは 人工知能 なんていうことの中身は知らないことだって多いんだよ。豊かな人間性を邪魔する物っていう先入観があったりするし、あとは人工知能っていうのは理系の話題だから自分には無理、って。
手前味噌になるけど、自分はたまたまNHKで人工知能を話題にした番組をいくつか観ていた。だから AI の基本の一つに「ディープラーニング」なんていうのがある、というのも観ていたから、「これを心意伝承とつなげよう」ってパッと思えた。
あれ、もしそういった番組を観ていないで、単に AIは人工知能 っていうくらいの知識だったら、子ども達が盛り上がったあのやりとりがこちらの意識にひっかかってこなかったとおもうよ。あのまとめでもそれには触れなかっただろうね。
だからやっぱり教師は心意伝承の探求も大事だし、自分の関心云々とは別に世の中の動きにはアンテナをはっていなけりゃならないんだな、って改めて反省した。今回のことはたまたまた番組を観ていたからであって、自分は関心のない分野にはアンテナをますますはらなくなってきているからね。体調のこともあるから、極力自分の関心の深いものだけに残された力を使おう、って。
コバルト 昔、授業中にターミネーターⅡを観せられた・・・・
ヒマワリ えー、そうなんだ!
虚空 あれも体験を通してターミネーターが人間の心を獲得する、っていうのがポイントでしょ。しかもラストでは機械が人間の心を獲得できるのに、実際の人間はどんどん人間らしさを失っている、って皮肉めいた言葉で終わっているからね。ウルトラセブンの「狙われた街」とか、「蒼き鋼のアルペジオ」なんかとも通じる部分・・・・・・

☆アニメのいい言葉☆ への虚空つぶやき 平成30年11月分

☆アニメのいい言葉☆
 https://twitter.com/animeno_kotoba?lang=ja
で紹介されていた言葉のうち虚空がつぶやいた言葉11月分です。
とりあげたアニメで未視聴のものも多数あるので、的外れなことがあってると思いますが、その点はご容赦ください。
*言葉は刃物なんだ。
使い方を間違えると、厄介な凶器になる。
言葉のすれ違いで、一生の友達を失うこともあるんだ。
一度すれ違ったら、二度と会えないかも知れねえぜ… 
⇒ 11月30日
半世紀以上生きてきて、このことは痛感します。言葉で深く傷ついたのに「顔に出さい」「全く気にしていない」風を装ったり、さらには「笑顔をみせている場合」もあるから要注意なんですがね。態度に表してくれる相手の方が気が付かせてくれるからまだいいのかもしれません。(虚空 記)駿煌会さんが追加
*「どうなんじゃろうな?うぬは悪いと思うっておるから謝っておるのか、それとも、ここは場面的に謝るシチュエーションだから、台本を読むように空気を読んで謝っておるのか、どちらなんじゃろうな?」by忍野忍  化物語 
 ⇒ 11月30日
こういう言葉をマニュアルとしてしか考えない風潮は自分達をもやがては追いつめると思うんですがね・・・(虚空 記)
*「己の仲間を道具呼ばわりする者に将たる資格はない。」by陸奥  銀魂 
⇒ 11月30日
自称「エリート」「生き方上手」で、責任者や指導者でなくても、人をどれだけ道具扱いできるのかを誇る奴っていますが・・・そんなの偉くもなんともありません。(虚空 記)
*「その人が知りたければ、その人が何に対して怒りを感じるかを知れ。」byミトさん  ハンターハンター
⇒ 11月30日
そのためにも情報端末などを媒介にしたやりとりばかりではなくて、生のふれあいが大事になってきますよね(虚空 記)
*「夢は誰かと共有してこそ夢なのだ。」by斎藤道三  織田信奈の野望 
⇒ 11月30日
夢は個人の脳が作り出す虚構、という立場からみれば「夢を共有する」さらには「夢の中で誰かとつながる」なんていう感覚はナンセンスなのでしょうが・・・でもそう感じてしまう感覚ってとっても大切だと思います。(虚空 記)
*「順応性を高めなさい、あるがままを受け止めるの。」by中村ゆり  AngelBeats!
⇒ 11月30日
「しなやかに生きる構え」ということでしょうかね。どんな正論であっても、問答無用で他人に押し付けたり、他人を批判する道具にしてしまうと、せっかくのいい考えも台無しにしてしまうと感じています。(虚空 記)
*「ネガティブなイメージが沸くのは危機管理が出来ている証拠だ。」by風見雄二  グリザイアの果実 
 ⇒11月29日
考えるのを避けたくなるような方向にも意識を向けあらゆることを想定できるのが真の危機管理能力、ということなのでしょうね。こうなった時に「論理性」は「想像力を広げる上での強力なツール」になると思います。上原輝男氏の考えですが・・・。(虚空 記)
 
*「空いた穴は、何かで埋めるしかない。記憶ではなく、今を積み重ねて、新しい自分を形成していくしかない。」by蒼崎橙子  空の境界 
⇒ 11月28日
この場合の「記憶」というのが具体的にどういったことを指しているのかは分からないですが、「ネットや本で得た知識・情報」だけで、自分の空白を満たして、分かったような気になってしまうのではなく、体を通しての文字通り「体験」したことこそが自分を・・・とも受け止めました(虚空 記)
*母ちゃんが言ってたんだよ!!!米粒一つでも残したらバチが当たるってな!!!!  by小嶋元太 劇場版「天国へのカウントダウン」より
 ⇒11月28日
私も祖母などにいつも同様のことを言われていましたね・・・お百姓さんが汗水たらして一生懸命に作ったのだから一粒も残しちゃいねないよ、って。今になってもずっと生きている教えです。お米に限らず食べられる部分は基本的に全部食べようとしています。命をいただいているのだから。(虚空記)
*ぼく、ひとりでおきるよ。これからも、何度も何度もころぶだろうけど・・・。かならず、おきるから安心しててね、おばあちゃん。 のび太
⇒ 11月28日
子どもにとって大事なのは「転ばないように」「転んではいけない、ダメ」とするのではなく「転んだって起きればいいんだよ」「転びながら大きくなるんだよ」と言って安心させてあげることなんでしょうね。(虚空 記)
*「誰かに必要とされる喜び。誰かに喜びを与えることのできる幸せ。些細なことだけど、それはとても大きなことで。未来をどこまでも明るく照らしてくれる物のようなもののような気がした。」by岡崎朋也  CLANNAD 
 ⇒11月26日
「人間」が「人間」である以上、それが根本ですよね。勿論傷つけてくるような相手も人間ですが、現時点でいい人間と出会えていないと絶望いっぱいでも、それで将来まで決めてしまうのは早すぎるかな・・・(虚空 記)
*「生きてて良かったって、そう思えれば、それだけで楽園なのです。そうだよ、人生って、こんなにも楽しいんだから。」by周防天音  グリザイアの果実 
⇒ 11月25日
冷静に身の回りの出来事をリストアップしていけば、それなりに「いい」と思えることもあるんですが、何故か普通にしているとそれが意識にひっかかかってこない・・・それを「自分は悲観主義者」と決めつけていたら、本当にそうなってしまうんでしょうね。(虚空 記)
*「親のせいにしてんじゃねえよ。甘ったれんじゃねえ!それよか、自分の目開いてよーく見てみろ。そしたら、いじめなんかよりもっとおもしれえもん、いくらでも見つかるぜ。」by鬼塚英吉  GTO 
⇒ 11月25日
学校でも職場でもいじまられたり・・・今は別に運営しているサイトで特定の人物から執拗に「嫌がらせ」を受けていますが、「こんな私なんかをたたいているヒマがあったら、他に何かもっと大事な時間の過ごし方がないのか?」と問いたい気持ちは常にあります。(虚空 記)
*「悔しいけどね。正しい事だけ積み上げてけばハッピーエンドが手に入るってわけじゃない。むしろ皆が皆自分の正しさを信じ込んで意固地になる程に幸せって遠ざかってくもんだよ。」by鹿目詢子 魔法少女まどか☆マギカ 
⇒ 11月25日
このお母さんの印象的なセリフ、他にもありますが・・・あんな言葉を投げかけられるような大人が増えてほしいものです。(虚空 記)
*「失敗した人間は・・・一度失敗した人間は何もしちゃいけないのか?一度の『ダメ』で全部がダメになるのか?」by八軒勇吾  銀の匙 
⇒ 11月24日
そう若者に思わせてしまう風潮・・・大人も社会も本気で反省しないと、ますます感性豊かな若者たちの将来をつぶしてしまいます。(虚空 記)
*「かもしれない。かもしれない。かもしれない!、そんないろんな可能性を考えて、その度に絶望的な気分になる。」by牧瀬紅莉栖  シュタインズゲート 
 ⇒11月23日
本来様々な可能性を仮定できるのは人間にとって大事な能力であるはずなのに、悪い事ばかりに偏ってしまうと動けなくなるものですね・・・。でも「プラス思考」ばかりが良いとされるのも、偏りには違いないことで・・・様々ですからプラスもマイナスも、その中間の様々も、ですね(虚空 記)
*きみはこれからも何度もつまずく でもそのたびに立ち直る強さももっているんだよ(ドラえもん)
⇒ 11月22日
30年以上前のNHK番組ですが、アメリカの有名大学の推薦入試の重要なポイントの中に「挫折回復力」というのがあると紹介されていました。今の日本は「挫折しないこと」ばかりが大事にされているので、いざコケタ時にもろすぎるのかもしれないですね(虚空 記)
*「富樫君も私も中二病卒業して、高校時代は普通の高校生やるぞー!って思ってた訳じゃない?でもそれだってきっとそういう『普通の高校生』みたいなイメージを自分で勝手に作ってそれに囚われているのよ。」by丹生谷森夏…
⇒ 11月22日
本当に「普通」って何でしょうね?私は50を過ぎてある意味で中2病発症しているのかも???数年前までアニメとはほとんど無縁の生活を送っていましたから。(別に腕に包帯まいたり、怪しげな言葉遣いをしたりはしていませんが) 虚空 
*「人生、やりなおすのに遅すぎることなんてないの!」by桜野くりむ  生徒会の一存 
⇒11月22日
あと数年で還暦の身ですが、そんな私でもそう思います。思い立ったら何とやら。まだ若い方々だったら、これまでの人生で、ここから先のもっと長い時間を確定的に考えてしまうのはもったいないです。諦めも安住もどちらにしても。(虚空 記)
*のび太「ぼくだけどんどんおくれちゃって。」ドラえもん「いいじゃないか遅れても。最後までがんばれ。」
⇒ 11月22日
すぐに目に見える結果を出す事ばかりがいいとされる世の中ですが・・・「継続は力なり」等々の言葉の価値を再評価する風潮をつくっていきたいものです。(虚空 記)
*「経験が多くて困ることは無いわよ。」byフィーナ  夜明け前より瑠璃色な 
⇒ 11月21日
同じ経験を同じ一人の人間の中で幾通りにも包み込めるようになったら、さらに有益になると思っています(虚空 記)
*「『果報は寝て待て。』昔の人は言いました。でも、もうそんな時代じゃないのです。地面を掘り起こしてでも、果報は探し出すものなのです!だから、探しに行きましょう!」by涼宮ハルヒ  涼宮ハルヒの憂鬱 
⇒ 11月20日
先ほどのと関連して・・・「無駄な努力などしたくない」ましてや「どんな価値があるのか教えて。納得したらやるから」というのは、「自分で生きる」ことを放棄しているようで、勿体ないものです。見つからないかもしれないけど、でも探してみてほしいな・・・特に若い人達には(虚空記)
*「良いですか!努力しない人には絶対に成功は訪れません!努力すれば必ず成功するとは言いませんけどォ。」by月詠小萌  とある魔術の禁書目録 
⇒ 11月20日
後半の言葉を添えるのは大切なことですね・・・実現することだけに価値があると思ってしまわないためにも。じゃあ何の為にどりょくする必要があるのかと問われそうですが、それこそやってみて自分で答えを自問自答してほしいと願いたいことです。(虚空 記)
*「叱られるのは悪い事ではないよ。誰かが見てくれている証だ。君たちもちゃんと見ているから、いくらでも間違えたまえ。」by平塚静  やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
⇒ 11月19日
安心して間違えられる(試行錯誤できる)という親や教師に恵まれた子どもや若者は幸せですね。今の世の中は「失敗=悪」であり「失敗させない」ことがいい指導者のように思われ過ぎだと思います。本当の学びはそこからしか生まれないと思うのですが・・・。(虚空 記)
*他人にやらされてた練習を努力とは言わねえだろ(茂野吾郎/MAJOR)
⇒ 11月17日
「主体性」に目覚めること・・・かな。人生の達人への道は。(虚空記)
*言葉は刃物なんだ。
使い方を間違えると、厄介な凶器になる。
言葉のすれ違いで、一生の友達を失うこともあるんだ。
一度すれ違ったら、二度と会えないかも知れねえぜ…
⇒11月16日
相手の顔や音声の響きがないやりとりだと余計に凶器になるリスクは高まりますよね。重大な事が起きてから「軽い気持ちだった」なんて言い訳は絶対に通らないという自覚が必要です(虚空 記)
*なやんでるひまに、ひとつでもやりなよ。 ドラえもん
 ⇒11月15日
「宿命」などを理由にして「やっても無駄」と諦めるというのは、宿命をひっくりがえして生きた事例をたくさん見ているドラえもんにとって、「もったいないよ」という気になるでしょうね。(虚空 記)
*用意された環境は いかなる場合でも、全て自分達にとって 最高のものだと思え(車谷 智久/あひるの空)
 ⇒11月15日
心からそう思えるようになったら、人生「無敵」ですね (虚空 記)
*「何も起こらない事を、誰かのせいにしてた。でも、違ったんだ・・・その気になれば、世界は一瞬で色を変える。。。」by神田空太  さくら荘のペットな彼女 
 ⇒11月15日
意識世界が変われば「現実」も変わる・・・「唯心論」「唯識論」とも呼ばれている考え方ですが、師匠である上原輝男氏も「世界定め」というような言葉でそれを説いていました。まさに「世界定めの主体は自分にある!」ということでしょうか・・・(虚空 記)
*「やり残した事があるのならば。それは過去に戻ってやり直すのではなく、この瞬間から成し得なかった願いを築いていかなければならないのだ。」byセイバー  fate 
⇒ 11月15日
「過去に戻れればやりなおせるのに」と不可能なこと自分を正当化する言い訳に使う人が多いですが・・・将来を切り開く鍵はまさに「今」ということですよね。(虚空)
*「物事を考える際は、一定の方向からだけでなく多面的に思考を巡らせる必要がある。覚えておくがいい。」by岡部倫太郎  シュタインズゲート
⇒ 11月14日
多面的に観方を変えると「世界」そのものも変わっていく感覚ってありますね・・・上原輝男氏の言葉を使えば「トランスフォーメーション(意識の転換)による世界定め」  (虚空)
*「真面目が良い方に働く事もあれば、悪い方に働く事もあるって話。真面目な人ほど自分を追い詰めるし、自分を見失いやすいじゃない?」by宮森かおり  SHIROBAKO 
⇒ 11月14日
不器用で融通がきかないと子どもの頃から言われ続けて半世紀ちょっと・・・身につまされる言葉です。(虚空)
*流れさった時間は二度とかえってこないんだ!! ドラえもん
 ⇒11月14日
タイムマシンで時間移動ができるドラえもんだけに妙な説得力がありますね。(虚空)

『波動同士の共鳴』⑤「現実世界は自分の内?外?どっちにある??」 2018,12,30 諷虹・虚空やりとり + ライン

ある話題が続いての流れで
諷虹 全視点 全観点っていうのも・・・ある部分に集中することで、そこが「世界」になるのかな、って
虚空 そもそも「世界」とは何ぞやっていうことだね。
ちょうど昨日中2の 50円玉君 にも話したことなんだけど「世界」があるからその中に人間がいる  のか  人間がいるから「世界」というのが生まれるのか。
これだけ個々人で意識世界が違ってくるんだから、現実世界だって、外部にあるのではなくて個々人の内部にしか在り得ないんじゃないか、って。
それで教材として「月刊少女野崎くん」を使ったんだけどね。
諷虹 観点っていうと、さっきのフーリエ変換の話ででたフィルターを通す前を観測するのかあとを観測するのか
虚空 そこなんだけど、そもそも人間ってフィルターなしになれるのか、って。これは高校の倫理社会で西田幾多郎の「純粋経験」を習った時からずっとひっかかっているんだよね。
上原先生だって本当の意味での客観なんてあり得ないって。藤岡先生のイメージタンクと感覚器のことからしても、やっぱりそっちの方が人間に即しているんじゃないかなって。
まあまともに瞑想なんてやったことがない自分が自分基準で大哲学者の意見に意義をとなえるのはおこがましいし、禅を極めた人間なら案外可能なのかもしれないけど。
諷虹 そもそも錯覚とか、自分の都合のいいように本当にとらえてしまうっていうこともありますしね。被害妄想なんてそうですよね。全部自分基準に置き換える。
虚空 そしてそれは本人にとっては間違いなく「現実」なんだものね。
諷虹 やっぱりここに「集合論」がでてくるんですね。
虚空 集合の演算 っていうことと さっきの 波のかけ算による新たな世界の構築 っていうのもつながりそう
諷虹 論理的に集合を処理することで、自分に都合の良い悪いではなく判断できる。これが理系は論理的とか文系は感情的とか・・・
虚空 文系人間も、それができることでこれまでの縛りを断ち切って新展開ができる、っていうことをずっと言い続けているわけだよ。理系と呼ばれる人たちより、より強力に縛り付けていると思うし、そもそも純粋なイメージ世界が構築できているんだから、むしろそれを守ろうとする。その世界に中にふさわしいものはどんどん取り込むけど、違う要素はいれない。添加しない。
前線形代数の話で出てたじゃない。純粋に最初の頃からのイメージ世界だけ、っていう場合と新たなことを取り込みながらっていうのをベクトルにたとえたことがあったじゃないか。
諷虹 従属ベクトルですね。独立なベクトル(方向が違うベクトル)だと面が構築されますが、従属ベクトル(方向が同じベクトル)だと何本用意しても線にしかならない
虚空 添加とかベクトルの基準を増やして意識世界とかイメージ世界を多様に、って言ってもね、実際は全部自分の無意識世界から出てくるんだよ。ただ、さっき言っていたような「意識の向け方」「スポットライトのあてかた」で、これまで自分の中に光をあてなかったところにあててみる。物置にたとえれば開けたことのない箱をけてみる。ビルだったら行ったことのない階にもいって知らない部屋をあけてみる。
児言態の授業ってそういうことなんだから。上原先生が言っていたのは。
だから全体の構造を問題にしていたし、それによって現在の自分の位置が確認できれば、空白が自覚できるから次のステップに自然にのぼっていくんだ、って。
高学年とか中高生以上だと、論理とか知識を武器にしてどんどん世界を広げることに目覚めていけばいい。そういういみで思考・感情(イメージ)・知識(広い意味での用具言語)が統合されて「構え」という生き様に流れ込んでいく・・・それをまさに聖徳の子ども達はみせてくれた。
諷虹 さっきの視点観点ですが、視点を向けるから見えないところも見えるわけですが、逆に意識して見えるところができるから、視点をむけていないで見えていないところが発生する。これが積もり積もっていくと空白部分・・・未知の領域が浮き彫りになってくる。
虚空 逆説的な世界観だね。
諷虹 視点を向けるべき場所がみえてくる・・・「見える」「見えない」以外の第三の場所みたいな。

漢字の勉強 2018,12,14- からのやりとり

2018,12,14
コバルトブルーのライン書き込み、小2息子の漢字練習の話から
*****************************
14:55 コバルト
 ちょっと私事であれなんですが、ここ最近子供が「学校なんてなくなっちゃえばいいんだ」って頻繁に口に出すので、自分が学生の時とまったく同じ境遇なものですから、このまま行くと、自分と同じ勉強意識の一斉放棄になる兆候が出ているので本気で悩んでいます。
自分にしても勉強アレルギーを克服するまでえらい時間がかかりましたし??
後遺症は全然あると思います。
また先生が宿題をミッションと言い換えただけで子供はのせられて宿題をやると思ってると小学校2年生の家の子供は見透かしているんですよね。
宿題もやったとしても、流れ作業としてやっている所(漢字でいうと読み方も理解しないで、同じ線を何個も同時進行で書いていって完成させる感じ)をみて愕然としました。(俺と同じことをやっている??たしかに早く終わらせるには効率がいいからな(笑))
なのでこういうやり方をするぐらいなら宿題はやらなくてほしいと言いました。
さすがに学校も行くか行かないか自分で決めなさいっていうふうにもしようと思います。
家族も頭ごなしで学校に行け!!なものだから。
親と先生のメンツで勉強や宿題をやっている子供達の意識が不憫でならないですね。
今の学校教育から社会までがんじがらめな状態、子供達の逃げ道が大人達の安心感や利益の為に八方ふさがりの状態、逃げ道がなくなってしまい最終的に自殺という選択肢も頭によぎってしまう。
そうですね、義務(型にはまる)の放棄!これが毎年実際18万人が自ら命を絶つ自殺大国日本の影の部分ですね。
追い込まれた人間は何をしでかすか分かりませんから
義務教育から自由教育に切り換えなきゃいけない時代なんだと思います。おたがいのメリット、デメリットを知った上で。
15:44 ソルティ 
高校生になる時、親の見栄のために大学なんか行きたくないとおばあちゃん先生に言ったことがあるのを思いだした。まあ実際にはほとんどの生徒が進学する学校だったので、一人進学をやめるという選択肢は選べなかったけど。(小心者))無理無理・嫌々受験勉強をやったあげく一応大学には出かけたけど、殆ど学校にいかなかったような・・・?ゼミの先生にも(教育学の女性の先生・北からの帰還者)勉強しない学生はほっておくタイプの先生。なぜか、その先生に「こんといて頂戴( こないで頂戴 )」と言われ そのまんまゼミに行かなかった。大学生活、学問など何もせず、殆ど無為にすごした。
漢字練習の提案
1、きったない字で、よーいドンで 漢字を何分で書けるか?に挑戦する。(一応宿題終わり)
2、コバルトブルー君が 漢字を学ぶ面白さを教える。っていうのは どうでしょう?
以前 ポステイングをやったことがありました。時給1000円位、という話だったけど、家のポストを探したりしていたら、延々と時間がかかって 時給500円にもならなかったけど、だんだんと回数を重ねていると早くなって、その成長?に自分で感動し、もっと効率よく。。。などとがんばったことがありましたっけ。ある程度やったら 自分が満足して もういっか。となりました。積み上げるとか、工夫するとか、それなりに面白いかも?
大事なことは、多分、つまんない学校~。だって ぽにょぽにょじゃん、といわれたときに、そだね~と理解してくれている人が一人でもいることじゃあないだろうか?
とりあえず、中学校までは出かけて、その先の選択肢を沢山みつけておいてあげたらどうだろうか?と思う。何より分かり合えるお友達ができるといいな~と思う。
*****************************
☆諷虹・虚空の直接やりとり
諷虹 そもそも漢字ドリルとかだと 二 というような単純な漢字と 校 とかを同じ回数ずつ練習させるじゃないですか。それってどのくらい意味があるのかな、って。
虚空 回数じゃなくて、本当に覚えた と責任持てれば回数は自由、っていうことにすればいいんだよね。複雑な字だって2~3回で覚えられればそれでいいし、20回必要だったら20回とか。で、漢字テストでそれを証明するとかね。
あと大事なのは時間をおいてテストをくりかえすこと。校内一斉の漢字力テストのあとなんて特にね。
校内一斉は親も力を入れて勉強させるから結構いい点をとるんだけど、無理して強制的にさせた分忘れるのも早いから。2~3日後でもすごいよ、低下率。それでも一回目にいい点をとった子には終業式の日に各クラスで担任からの表彰状を渡すんだからね。その時点ではほとんど忘れて書けなくなっていても。
どうして定着しないかといえば、一つには使わないから。ノートでも作文でも習った字を使わない。理由を聞くと「漢字でかくのが面倒くさいから」って。
何を目的にするかだよね。ただノートが埋まればいいとか・・・それだと、よく中高生が学校のワークで時々わざと誤答を交えながら答えを丸写しでやっていて・・・教師もそれを黙認、なんていうのと同じだよ。
*実例をいろいろと話す。
諷虹 そもそもやっていて面白くないじゃないですか。それなら適度な回数を踏まえられるような実際の文章を写した方が・・・。あんなヤンデレの手紙みたいに同じ言葉を執拗にくりかえすなんて。
虚空 逆にヤンデレの手紙風に書かせるとかね・・・高校生くらいじゃないと通用しないかもしれないけど。
諷虹 何かもっと工夫が必要。
虚空 あとは罰として漢字練習とかさせる先生もいるけど、あれも問題。ましてや罰として掃除をさせるなんて、問題外。勉強や掃除は人間としていけない事と教育いしているようなものだよ。とんでもない差別教育。
諷虹 中2病っぽい傾向のある子は逆に難しい漢字や言葉を好んで使おうとするから習っていないものでもどんどん覚える
虚空 「気どっていた子」なんていうのはそうだったからね。気位の高い子。最近は小学生で気どったり生意気な子っていうのが本当に減っていると思う。マア大人にしてからに痩せ我慢なんてもしない・・・動物的な本能丸出しで我が侭し放題。そんな大人ばかりみていたら気位を高めようという意識すら芽生えないよ。
諷虹 習っていなくても難しい字を使おうという事がありませんよね
虚空 昔だったらもっといたよ「これって漢字でどう書くの?」って聞いてくる子が。
それこそさっき言っていたようにマニアックな専門書でも興味をもったものをどんどん写させるとか
諷虹 好きな歌の歌詞とかね
虚空 それで分からない言葉があればどんどん知らさせる・・・ネットではなく。
聖徳の図書室なんていうのは、まさにそういった環境が整っていたよね。
諷虹 オタク気質っていわれそうですが、好きなことへの執着心で調べたものは覚えようと思わなくたってどんどん覚えちゃう
虚空 ポケモンのキャラ名だけでなく能力とかだってスラスラ言える小学校の低学年なんていっぱいいたじゃないか。
空海の楷書をきちんと書いていた時代から、不思議な字体に変化していった様子を紹介したあの番組を観せるとかね。古典的な字体なんでデザインとかイメージの観点からもかえって小学生とかは面白がる子がいるよ。
ライン書き込み********************* 
16:05  虚空
現在いつもより早めの時間帯で諷虹宅。漢字練習のことからいろいろとやりとりをしている最中です。あとで例のごとく更新します。
ソルティさん、気合の入った書き込み・・・すごいなと言いながら二人で読んでいます。
16:08 ソルティ
別に気合がはいっているってわけじゃあなくて、お喋りが好きなんですよ~。では お二人のやりとり楽しみにまってま~す。
 全然話がかわって申し訳ないんですけど、外国の方が学ぶ「漢字」のバイブルがあるそうで、それを読むと 難しい漢字も簡単に覚えられる っていう。芸人の何とか?っていうお兄さんがそのバイブルで学んで 難しい漢字を沢山覚えられたらしいのですけど、 その日本語版ってあります?実は私は、日本人なのに漢字も言葉も知らないので ちょっと勉強できたら楽しいかな?って思う。学童の子供たちにも 漢字の覚え方みたいなことを教えてあげたれたら 楽しいかな~と思うので。
*****************************
虚空 「漢字の学習」の究極の狙いだって、一体未来を担う子供や若者たちに、どういったことだけは伝えたい、という想いがあるのかだよね。
単に指導者や地方公共団体の長が学力テストの点数だけで周囲に認められるため、なんていうのは子供にとってはどうでもいいことなんだもん。
諷虹 今週の「風が強く吹いている」(駅伝を題材にしたアニメ)・・・長距離ランナーに対する一番の誉め言葉は速いことではなくて、強いことなんだと。毎日自分を競争相手として毎日鍛錬をし続けるか。
ウマ娘でも皐月賞は短距離だから「一番早い馬娘が勝つ」菊花賞は一番距離が長い上に坂が二回もあるから「一番強い馬娘が勝つ」、で、ダービーは一番運がいいウマ娘が勝つ、って・・・
虚空 レースによってどういった馬が勝つのかという基準が違うというのは、当たり前のことのようで、教育界とか人生を考える上では忘れられているよね。
あんな学力テストの結果とか、今の学校教育のカリキュラムに適応できる子だけが、万能であるかのような風潮は愚の骨頂。
上原先生だって学校教育制度が今の様に整っていなかった江戸時代の方が本当の力や強さを身に着けていたんじゃないかって。それこそ多様性に満ちた。
華々しく目立つ活躍ができる人間だけではなくて、むしろ日の目をみないような縁の下の力持ちのような立場、あるいは女性だったら主婦としてに何十年も生活していたら「おかみさん」として神格が認められるような境地。今でも京都のお茶屋でも相撲部屋でも日本伝統の世界はその名残を残しているから。
でも、中国の「名をあげる」「名誉」云々の思想が入ってきてからおかしくなってしまった。
(他のアニメの話題)
ライン********************
20:44 ヒマワリ
てか単に学校に行きたがらない理由は勉強だけなの?
私が漢字の面白さを知ったのは中1?かな?
小学生の時はノブと同じように木木木木木木かいて冊冊冊冊冊冊とかやってたよ(笑)
でもそれだとテストで点数取れないっつーことが分かって前後の文章の大事さを知った(やった?)
ゆとり世代とはいえ100点の魅力に頑張る気持ちは私も多少あったと思う。笑
まー別に勉強なんかできなくたっていいんじゃないこうして生きてる奴らが山ほど居るから。
宿題はやんなくていいけど、学校は遊びに行っといたら?って感じ。
社会との繋がりを絶ってほしくはないかな?。
2018.12.15 土曜日
06:46 ソルティ
ヒマワリフクロウちゃん流石~。まず、漢字のおもしろさを自らが発見したというのがすごいな~と思う。
ワタシの場合はただひたすら覚えたって感じ。(=小学校)だけど中学に入ってからは英単語を覚えるのが大変で漢字なんてやっている暇がなかった。大学で空虚になったのは、ひたすら、無理やり詰め込んだ受験勉強のせいだと思う。( 何だったんだ~受験勉強 )親の圧力はないし、大学も行かなくてもそこそこ、ゆえにさぼった。学びもせず、だからといってはっちゃけもせず、全部 そこそこ。いや~ 何度も言うけど、児言態の方々に出会ったときは、(しもた、=しまった)しっかり勉強しとけばよかったと思った。
でも、まあ、今考えると いわゆる学問は嫌いなんだということがわかる。人生はなが~~~い。まあムリせずいきまっしょい。
追伸。。。お子様にとってお友達は大事だと思うので、ヒマワリちゃんが言っているように、学校は遊びに行っといたら?って言ってあげると気持ちが楽になるんじゃあないかな?と思う
*****************************

☆児童の言語生態研究会 ブログに 上原語録「漢字」あり
http://jigentai.blog.shinobi.jp
        
  • 1
  • 2