忍者ブログ

『波動同士の共鳴』⑤「現実世界は自分の内?外?どっちにある??」 2018,12,30 諷虹・虚空やりとり + ライン

ある話題が続いての流れで
諷虹 全視点 全観点っていうのも・・・ある部分に集中することで、そこが「世界」になるのかな、って
虚空 そもそも「世界」とは何ぞやっていうことだね。
ちょうど昨日中2の 50円玉君 にも話したことなんだけど「世界」があるからその中に人間がいる  のか  人間がいるから「世界」というのが生まれるのか。
これだけ個々人で意識世界が違ってくるんだから、現実世界だって、外部にあるのではなくて個々人の内部にしか在り得ないんじゃないか、って。
それで教材として「月刊少女野崎くん」を使ったんだけどね。
諷虹 観点っていうと、さっきのフーリエ変換の話ででたフィルターを通す前を観測するのかあとを観測するのか
虚空 そこなんだけど、そもそも人間ってフィルターなしになれるのか、って。これは高校の倫理社会で西田幾多郎の「純粋経験」を習った時からずっとひっかかっているんだよね。
上原先生だって本当の意味での客観なんてあり得ないって。藤岡先生のイメージタンクと感覚器のことからしても、やっぱりそっちの方が人間に即しているんじゃないかなって。
まあまともに瞑想なんてやったことがない自分が自分基準で大哲学者の意見に意義をとなえるのはおこがましいし、禅を極めた人間なら案外可能なのかもしれないけど。
諷虹 そもそも錯覚とか、自分の都合のいいように本当にとらえてしまうっていうこともありますしね。被害妄想なんてそうですよね。全部自分基準に置き換える。
虚空 そしてそれは本人にとっては間違いなく「現実」なんだものね。
諷虹 やっぱりここに「集合論」がでてくるんですね。
虚空 集合の演算 っていうことと さっきの 波のかけ算による新たな世界の構築 っていうのもつながりそう
諷虹 論理的に集合を処理することで、自分に都合の良い悪いではなく判断できる。これが理系は論理的とか文系は感情的とか・・・
虚空 文系人間も、それができることでこれまでの縛りを断ち切って新展開ができる、っていうことをずっと言い続けているわけだよ。理系と呼ばれる人たちより、より強力に縛り付けていると思うし、そもそも純粋なイメージ世界が構築できているんだから、むしろそれを守ろうとする。その世界に中にふさわしいものはどんどん取り込むけど、違う要素はいれない。添加しない。
前線形代数の話で出てたじゃない。純粋に最初の頃からのイメージ世界だけ、っていう場合と新たなことを取り込みながらっていうのをベクトルにたとえたことがあったじゃないか。
諷虹 従属ベクトルですね。独立なベクトル(方向が違うベクトル)だと面が構築されますが、従属ベクトル(方向が同じベクトル)だと何本用意しても線にしかならない
虚空 添加とかベクトルの基準を増やして意識世界とかイメージ世界を多様に、って言ってもね、実際は全部自分の無意識世界から出てくるんだよ。ただ、さっき言っていたような「意識の向け方」「スポットライトのあてかた」で、これまで自分の中に光をあてなかったところにあててみる。物置にたとえれば開けたことのない箱をけてみる。ビルだったら行ったことのない階にもいって知らない部屋をあけてみる。
児言態の授業ってそういうことなんだから。上原先生が言っていたのは。
だから全体の構造を問題にしていたし、それによって現在の自分の位置が確認できれば、空白が自覚できるから次のステップに自然にのぼっていくんだ、って。
高学年とか中高生以上だと、論理とか知識を武器にしてどんどん世界を広げることに目覚めていけばいい。そういういみで思考・感情(イメージ)・知識(広い意味での用具言語)が統合されて「構え」という生き様に流れ込んでいく・・・それをまさに聖徳の子ども達はみせてくれた。
諷虹 さっきの視点観点ですが、視点を向けるから見えないところも見えるわけですが、逆に意識して見えるところができるから、視点をむけていないで見えていないところが発生する。これが積もり積もっていくと空白部分・・・未知の領域が浮き彫りになってくる。
虚空 逆説的な世界観だね。
諷虹 視点を向けるべき場所がみえてくる・・・「見える」「見えない」以外の第三の場所みたいな。
PR