忍者ブログ

となりの吸血鬼さん  第一話感想

*諷虹
作品の雰囲気や設定などが個人的なツボで、吸血鬼の方が引く件ぐらいからだんだん引き込まれ、血液ネタをはじめとする現代に生きる吸血鬼ジョークで思わず笑ってしまっていました。ミイラの飼い方のミーくんのミイラネタのように、ソフィーの”吸血鬼ならでは”のネタがふんだんに出ていましたが、それが尽きた時どうなっていくのか今後の展開が気になります。
*虚空
吸血鬼さんの方が現代日本に順応して生き抜いてきている、というギャップが見所なんですかね。まあ理屈ぬきで楽しく観ました。
最近「このはな綺譚」を観返していたので「人形」がやたらと出てくるのも面白かったです。
あと、血液がらみのシーンをみるたびに「あの中の血球や血小板たちは」というのがやたらと気になりました。「はたらく細胞」が私の意識に与えた影響が深いことを再確認です。
PR