忍者ブログ

☆和太鼓の音 ⇒ 共鳴 ⇒ 古典にふれる意義 2018,12,21 諷虹・虚空 ④

諷虹 「音色」っていうと「太鼓の音」・・・ふんどし姿の男が荒々しく叩くっていうイメージが自分にはあります。
虚空 ふんどしじゃないけど、能登輪島の御陣乗太鼓なんて日本海の象徴みたいなものだね.海岸の岩場で荒海をバックにしているのが似合う太鼓。
ネット検索 中世に入ると、田楽などの発達などによってお囃子太鼓が隆盛した。戦国時代になると、戦国大名達が自軍の統率をとるために太鼓を利用した陣太鼓が興る。人間の心臓の鼓動に太鼓の鼓動が「シンクロ」することによって自らを鼓舞する性質があるという説もあり、戦における太鼓の使用はこの説に従えば有効な活用法であったと言える。
諷虹 前回のほら貝とも通じますね。
ネット検索 歌舞伎での太鼓
江戸時代、歌舞伎が隆盛すると、下座音楽に使われ、効果音として取り入れられた。下座音楽における太鼓の使用方法は、打ち方によって表現する情景が高度に体系化されている。例えば細めの桴で細かく叩くと雨の音、布を巻いた桴で弱く柔らかい音を低く響かせると雪の音、それらの合間に別の桴を水平に宛て、鼓面の震えを拾ってビリビリという音をたてると雷や雪崩の音を表現するといった具合である。また幽霊の出現など、本来ありえない音響を抽象的に表現する場合にも用いられる。
 
虚空 笛は霊魂を呼び寄せる、太鼓は生命力をアップさせる・・・能楽はこの世ならぬ存在を舞台に見える形にするわけだから、笛や太鼓のお囃子部隊が重要になってくるわけだしね。
能でなくても田植えでの芸能だとか、雛祭りの五人囃子・・・囃す=生やす 生命の誕生、発露・・・
 
諷虹 太鼓の音って昔からかわらないじゃないですか。当時と同じ音を聴くことができる。体感がシンクロするわけですよね。クラッシック音楽や落語や古典もすべてそうですよね。当時から現在。
 
虚空 そこに古典に接する意義があるわけだよね。「役に立つ」とかじゃなくて。この前難波先生が紹介していたイベントのテーマでもあるわけだけどね。
⇒シンポジウム:古典は本当に必要なのか
2019年1月14日(月祝)14:00-17:30 明星大学28号館204教室
否定派
猿倉信彦(某旧帝国大学教授)
「現代を生きるのに必要度の低い教養である古典を高校生に教えるのは即刻やめるべき」
前田賢一(某大手電機メーカーOB)「古文・漢文より国語リテラシー」続く
 
諷虹 現代語訳じゃやなくて、当時の音・・・素読でないと意味がない。共鳴できない。
 
虚空 現代語に置き換えられない感覚っていうのがほとんどだろうしね。入門時から受験に向けての文法偏重の高校古典教育なんていうのは古典を嫌いにさせるようなものだからね。確かに文法の知識もなければ受験ということではなくても、辞書をきちんと引くことすらできないというのは認めるけど、最初は共鳴のような部分から入って、あとで必要感に応じて文法はやればいいんじゃないか?
 
諷虹 一番最初に歌舞伎をみたときにそうでしたね。何を言っているのか所詮理解できないんだから、そのままの言葉の調子で観ていればいい、って。落語を小さい時にみた時もそうでしたね。話の意味はわからなくても語りの調子をきいていた。
大人のオジサンが若者の音楽が分からない、っていうのはこの感覚になれないからですかね。
 
虚空 もしかすると若者の方がひどいかもよ。趣味じゃないアニメなどを見もしないで糞アニメだと酷評するのなんてみていると。
 
諷虹 あるネットで興味があるとかないとかで議論になってましたね。自分が興味あるなしではなくて、ああ、この人はこのアニメに興味があるんだな、と受け止めればいいだけの話なのに。
 
(一部引用)https://twitter.com/sodamasahito/status/1075329375740948481
曽田正人『Change!』3巻発売中!? @sodamasahito
 
何かを死ぬほど好きになった経験のある人間は、他者が夢中になっているものを理解できなくても「興味がない」なんてことはわざわざ言わない。
「俺にはわからない”何か”があるんだろうな」とただ思うのみ。
それは素敵な事だと思う。
PR