忍者ブログ

☆「日々の迷いに向かい合って」① ダンデリオンツイッター記事より

4月8日の「ダンデリオンツイッター記事」からのやりとりです。
私(虚空)などは、自分に卑劣な圧力をかけてきた人物たちにその都度反発はしていますが、時には諸事情で「逆らうことが許されない」という流れの中でずっと生きてきて破綻寸前の現在の状況になっています。
「人知を超えた・・・それこそ自分では思いつけないような意志」の存在があって、「こんな人生にも何か意味があったのかな・・・」(思わず過去形です)という可能性を微量でも実感できなければ、やってこれなかったと思います。(かなり危険水域ギリギリできていますが)
今回も先ずは「お話」⇒「意味内容」⇒「原文」の順での紹介です

【お話】勇敢とは「敢(あ)えて勇(いさ)む」と訓(よ)みます。突き進むにせよ後退するにせよ、ことさらに意思を働かせて行う人為(じんい)には、必ずプラス面もあれば、マイナス面も伴う。極力人為を排して、天即ち宇宙の摂理(せつり)に従うことが、絶対的な価値にたどり着けることになる。

そうしたことは実は、はるかかなたの、手の届かない高根の花であるのではなく、日常(にちじょう)卑近(ひきん)のところに遍在(へんざい)しているのだということなのでしょう。

コンビニでたまたま「三鷹の森ジブリ美術館」のリーフレットを見ました。そのキャッチフレーズに惹(ひ)かれて、思わず一部もらって来ました。「迷子になろうよ、いっしょに。」さすがだなあ、と思いました。森や山に入って方向とか目的地がわからなくなったり、旅先でも道に迷ったり、或いはどちらに行こうか選択に迷ったり、そうした非日常的なことや、日常卑近の生活の中でもあれこれ迷ったりするのが、生きている醍醐味(だいごみ)なのでしょう。

少なくとも、「迷う」のは悪いことばかりではありません。真摯(しんし)に努力しているからこそ、大いに迷うこともありますね。自分の意思や判断では決められなくなってしまう状況。何か自分ではないものに翻弄(ほんろう)されているような、世界そのものが遊働(ゆうどう)してどこかへ流されているような感覚。

それは案外、「天の道」が働きかけてくれている状況なのかもしれません。逆らわずに流されてみるのも一興でしょう。かえって勇気がいりますが…
【大体の意味内容】勇敢に立ち向かえば、直ちに滅ぼされることもあるし、勇敢に逃げれば、助かった命を何かに活かすこともできる。とはいえ、リスクはあっても立ち向かうことに利がある場合もあるし、助かって使命を全うしても、誰かにとっては有害な影響を及ぼされることあろう。

どちらにおいても、利害はそれぞれあって、天が何を憎むかは、我々には諮(はか)り知ることはできない。「天の道」というべき無為自然(ぶいじねん)の道理は利害を超えている。争うことなくしてよく勝つこと。つべこべ言わずとも、よく人々の期待に応える。招かずとも、人が寄り来たる。悠然と構えながらも、緻密(ちみつ)な計略を立てている。

このためには、ことさらに功績をひけらかそうとはせず、無為自然(ぶいじねん)に事は成るのだとわきまえ、そのように努力するものだ。この世に張り巡らされた天道の網は、広大無辺、おおらかにして、しかも水も漏らさない。

(老子道徳経 下編徳経7)
敢えてするに勇なれば、則ち殺、敢えてせざるに勇なれば、則ち活。此の両者、或いは利あり、或いは害あり。天の悪(にく)む所、孰(たれ)か其の故を知らん。天の道は、争わずして善く勝ち、言わずして善く応じ、招かずして自ずから来たし、?然(せんぜん)として善く謀る。天網恢恢(てんもうかいかい)、疎(そ)にして失せず。
PR